FC2ブログ

4月2日 耳川水系 ~本流~

実は3月の下旬に小雨の降る中、耳川本流を攻めにいったのですが、ノーフィッシュだったので、その日の事はブログには書いていません。
そのリベンジに、また耳川本流へと車を走らせます
DSCN0246_convert.jpg
前日まで雨続きだったので、前回より水量が増えて良い感じです。
ですが最近このポイントは、人が多いようで、入る前に1人と入ってからも1人釣り人を見かけました。
2か所で投げ続けましたが、結果は当たりすら無く、今回もノーフィッシュです。
お昼ご飯を近くのお店で購入し支流を上流へ向かって走ります。
そこにはダムがあり、ダムより上流から入渓します。
DSCN0248_convert.jpg
入って直ぐのプールにキャストすると、早速ヒットします♪
これは成魚放流物ですね、しかも何匹もいます。
DSCN0249_convert.jpg
同じプールでやっぱり放流物、みんな痩せてますね。
その直ぐ上の流れ込みにルアーをキャストすると、勢いよくルアーに絡んできます♬
DSCN0250_convert.jpg
今度ヒットしたのは、この渓で生まれた綺麗な天然ヤマメです。
元気に飛び跳ねていて、天然のヤマメは違いますね。
DSCN0251_convert.jpg
その後にもう1匹追加します。
この後、高千穂方面で用事があるので、そのまま上流沿いの道を登って行きます。
登った先は六峰街道です。
DSCN0253_convert.jpg
これは六峰街道から耳川方面の景色です。
DSCN0255_convert.jpg
そして反対側、五ヶ瀬川方面の景色です。
写真中央のすぐ左、遥か奥に根子岳と阿蘇山が見えます
今度は五ヶ瀬川方面へ下っていき、高千穂方面に出て、そのまま帰路に着きました。

                         Y
スポンサーサイト



3月31日 五ヶ瀬川水系 ~Newロッド入魂~

今年の3月9日の釣行で足を滑らせた際、ロッドを折ってしまいまして。
そこで新しくロッドを購入して本日、入魂すべく渓流へ持ち込みました
DSCN0234_convert.jpg
新しく購入したロッドは、アンリパのNEWシルファー(SYSSi-53UL)です。
以前使用していたシルファーの後継機ですね。
購入する際、このロッドの開発者の飯田重祐さんに、直接どのロッドが良いかお聞きして決めたロッドです。
使用感は、以前と同じように張りがあって、ばしばしルアーを打ち込めるロッドですね。
流石はアキュラシーキャストの、飯田重祐さん開発のロッドです
DSCN0235_convert.jpg
最初は全然反応が無く、カエルの卵を見つけます
これはヒキガエルの卵ですかね?
しばらく進んだ先に、良い淵が現れます。
DSCN0244_convert.jpg
ロッドの先で指しているいる辺りにルアーを通すと、2匹程魚がチェイスしてきます。
これはチャンス!ともう一度キャストすると~
DSCN0238_convert.jpg
ヒットー♪これでNEWロッドに無事に入魂出来ました
もう一匹いたので、イワナをそのままに、またキャストすると、ググっと重さが伝わりヒット~
DSCN0243_convert.jpg
27cmのヤマメとイワナのダブルヒットで、良い入魂が出来ました
飯田重祐さんにも、この写真を送って報告しましたよ。
DSCN0245_convert.jpg
その後、小さなヤマメがヒットします。
それからは少し魚影が濃くなっていき、ヒットはしなかったのですが、良型がチラホラとチェイスしてきます。
今回は午前中だけでしたが、入魂に良い魚が釣れて満足しました。
これから大事に、長く使っていきたいと思います。

3月14日 緑川水系 ~シーズン初入渓~

緑川水系、今シーズン初入渓です♪
朝9時頃までは、雨が降っておりました
午前中仕事があったので、午後から1時間ちょっと緑川水系へ、挨拶がてら行ってみます。
DSCN0224_convert.jpg
まずは、こちらの緑川の水神さんにお神酒を捧げて1年間の安全を祈願します
さて、水量はまずまず、淵もありますね。
最初の淵をダウンでキャストしますが、無反応です。
まあ、最初はこんなもんですね。
その後、大岩のぶつかりの淵では、ヤマメが3匹チェイスしてきます。
これは期待大です♬
そこでは出なかったのですが、
DSCN0227_convert.jpg
次の淵で出てくれました、ヤマメさんです
緑川水系も良いですね。
     DSCN0232_convert.jpg
水が透き通っていて、綺麗です
この直ぐ上の淵で、
DSCN0228_convert.jpg
2匹目のヤマメです♬
この後、曇ってきて寒くなってきました。
ヤマメの反応があったものの、この日は早目の納竿としました。
緑川は、また時間がある時にゆっくりきますね。

3月12日 五ヶ瀬川水系

午後に延岡まで仕事で行くので、道中朝から五ヶ瀬川の本流と支流を攻めます。
近年、五ヶ瀬川本流は釣れる気がしません
本流ヤマメはいないんじゃないかと思うぐらいに、当たりもチェイスも見なくなりました。
それでも最初に、一か所だけ本流で投げますが、全くの無反応。
DSCN0223_convert.jpg
この辺りは谷が深く、どこも高い所に橋が掛っています。
下から見ると、ちょっと怖いくらいですね。
支流が本流へ流れ込む辺りの、入った事の無い区間から入渓します。
ここもしばらく、全くの無反応で、魚の姿を見ません。
30分は魚が泳ぐ姿すら見ませんでしたが、急にバイト、でもバラします。
そしてしばらく無反応で、またバラシ・・・。
いるのかいないのか分かりません。
良く見ると、数日前の足跡があります、その影響でしょうか?
DSCN0221_convert.jpg
大きな淵の左右が崖になっている所の、崖の上からスピナーを落とします。
すると、良い型の魚の姿を発見
しつこくジャークしていると、グンそして久しぶりにドラグがなります
DSCN0220_convert.jpg
27cmのヤマメです。良し!
良く見ると、尾びれの下が擦れています。成魚放流ですね。
でもこ1匹だけしかいないし、なぜだろう?
またこの後も、無反応が続きました。
お昼になったので、脱渓し、途中のお蕎麦屋さんでお昼ご飯を食べて、一旦仕事に向かいます
仕事が終わって帰りにまた本流で投げてみますが、やっぱり本流はダメでした。
そういえばこの日、有名なアングラーも本流に来てましたよ。

                          A

3月9日 耳川水系 ~やたらと滑る日~

釣りに行かせてもらうため、朝洗濯物を干してから出かけます
お天気が良いので、1時間程走った所の耳川水系です。
DSCN0201_convert.jpg
今シーズン初の耳川水系なので、耳川水系の水神さんに今年の釣行安全を祈って、お神酒を捧げます
入渓点は、前回来た時に脱渓した所から、初めての区間を釣り上がります。
DSCN0202_convert.jpg
まずは小ぶりなヤマメさんです。
前回来た時より、水量が少ないので歩きやすくなっています。
ですが、川底がヌルヌルしていて滑りやすいので、気を付けながら釣行します。
DSCN0203_convert.jpg
また小ぶりなヤマメ。
DSCN0204_convert.jpg
またまた小ぶりなヤマメです。
水温はそこまで冷たくはないのですが、流れの中より緩い溜まりにいます。
DSCN0205_convert.jpg
少しサイズアップします♪
淵には小さいヤマメが沢山いますね。
ここで孵化したヤマメ達でしょうか?
DSCN0206_convert.jpg
大きな淵にキャストすると、小さなヤマメ達がワナワナ着いてきます。
ですが、ヒットしたのはこの日最小のヤマメです♫
この淵を高巻きしようとした時です、岩の上に堆積する落ち葉で滑ってズルっと反転、ヒザを強打してしまいましたそして・・・
DSCN0207_convert.jpg
やっちゃいました。長年愛用してきたシルファーのバットを折ってしまいました
過去の記録を見てみると、9年前に購入していました。
その間、管釣りでデカいニジマスにバットを折られ、ティップの先を幾度となく折り、長年の死闘で傷だらけのシルファーでした。
でも9年間も私の釣行に付き合ってくれて、感謝しかありません。
さすがにもう買い替えですね。いままでありがとう、シルファー
一度車に戻り、もう1本のロッドで再び同じ場所から入渓します。
DSCN0208_convert.jpg
戻ってすぐの場所、何でもないような所で滑って、今度は肘を打って濡らします。
いや~やたらと滑るな~
DSCN0210_convert.jpg
足元に気をつてはいるのですが、それでも何度も足を滑らせます。
DSCN0211_convert.jpg
やっぱりこのぐらいのサイズのヤマメばかり出ます。
ここでお昼の時間になったので、更に上流まで車で移動します
DSCN0212_convert.jpg
そこで、今回はお湯を沸かして一平ちゃんとパンとコーヒーを食します
お昼を食べて後は、そこから入渓します。
すぐの淵で、まあまあ良いサイズがチェイスしてきんですがね~
DSCN0213_convert.jpg
ここでもやっぱり、同じようなサイズのヤマメですね。
DSCN0215_convert.jpg
反応も渋いので、ずっとスプーンで釣り上がっています。
DSCN0216_convert.jpg
このヤマメはまだサビが残っていて綺麗ですね
DSCN0217_convert.jpg
そしてこっちのヤマメは真っ黒です。
この後、支流が流れ込んでいる所の滝壺にキャストしますが、反応が無かったので、ここで納竿とします。
今日はやたらと滑り、ロッドも折っちゃうとは、やっちゃいました。
でも、全然落ち込んでませんよ、新しいロッドは何にしようかな?
ここは小さなヤマメがワナワナいるので、これからでしょうね。

                          K

3月2日 五ヶ瀬川水系

そういえば、今年の五ヶ瀬川の遊漁券ですが、2種類あるみたいですよ。
私はいつも五ヶ瀬町で買うのですが、そこだと西臼杵漁協が発行している水色の遊漁券(ワッペン)。
熊本市の釣具屋で購入すると、五ヶ瀬川共同漁場管理委員会が発行している黄色の遊漁券(ワッペン)があります。
どちらも五ヶ瀬川全域で使えるみたいですが、漁協同士で色々とあるみたいで、今回は2種類あります。
それと西臼杵漁協の書類には承認期間が2020年3月1日~2021年9月30日と記載されていますが、ミスプリントみたいで例年通り今年1年間だけらしいです。
DSCN0197_convert.jpg
さて2日目の釣行は、初日に入った渓の隣の支流です。
足跡があったので、前日の解禁日に人が入っているみたいです。
気温も上がらず、今日の支流も水温が冷たいですね。
そのせいで中々魚が顔を出してくれません。
しばらくヒットしないまま、砂防を越えたあたりからやっと反応が良くなってきました♪
DSCN0191_convert.jpg
最初にヒットしたのは、ん?この背中?良く見るとヤマメとイワナのハイブリットです。
この渓では最近、毎回のようにこの魚がヒットするんですよね。増えているのでしょうか?
いつも良型が潜んでいる淵に、倒木の間を抜けてキャストすると、魚影が飛び出します!
DSCN0194_convert.jpg
今度は、まあまあサイズ、サビの残るヤマメがヒットします。
これ位になると、楽しいですね。
いつも大物が潜んでいる淵では、先に気づかれノーフィッシュ。
DSCN0195_convert.jpg
違うポイントで、ヤマメがヒットします。
DSCN0196_convert.jpg
岩のエグレの側を流すと、出て来たのは今度はイワナちゃんです。
今日は色々な魚が見れましたね。
                         S

3月1日 五ヶ瀬川水系 ~祝!解禁~

     今年も渓流が解禁しました!
皆さん、開けましておめでとうござい鱒!

今年の解禁日は日曜ですが、冷たい雨が降ったり止んだりしています。
私は午前中仕事だったので、午後2時頃からやっと渓流へ行くことに。
五ヶ瀬川沿いには、やはり所々釣り人の車がありますが雨のせいか心持少ない気がします。
冷たい雨が降っていますので、カッパを着て入渓準備
DSCN0184_convert.jpg
まずは五ヶ瀬川の水神さんに、今年一年釣行の無事を祈ってお神酒を捧げます
最初に選んだポイントは、人の入っていなさそうな支流です。
大きな淵ではそれなりの型がギラッとしますが、ルアーにのりませんね。
きっと冷たい雨のせいで、活性が低くなっています。
DSCN0185_convert.jpg
やっと今年初のヤマメがヒットします♪
久しぶりの感覚です♫
DSCN0186_convert.jpg
小ぶりですが、またヤマメがヒットします。
どうもミノーに反応が良くないので、スローに引ける小型のスプーンにチェンジします。
DSCN0187_convert.jpg
ここの支流は小さいので、それなりの魚しか出ませんね。
支流を下り、今度は本流を釣り上がってみます。
情報では何人も入っているらしいのですが、どうでしょう?
DSCN0188_convert.jpg
すると、淵で小ぶりなのが早速ヒットします。
DSCN0189_convert.jpg
橋の下でヒットしたヤマメです。
こんなのが何匹もスプーンに着いて来ました。
胸ビレが痛んでいるので、成魚放流されたヤマメ達でしょう。
ここでは釣り人の足跡があったものの、魚の姿は何度も確認できました。
DSCN0190_convert.jpg
次に釣り上げたヤマメは、ヒレが綺麗にしてますね、これは居着きでしょうか?
初日は2時間ほどでしたが、終始冷たい雨の降る中の釣行でした。
早く暖かくなって欲しいですね。

                         A

9月30日 五ヶ瀬川水系 ~シーズン最終日~

とうとう、シーズンの最終日がやって来ました。
最後の日に入る渓を前もって決めていましたが、そこへ入る林道には大きな岩が道を塞いでいます
その大岩を前日の夕方に、息子とどかしておきました!これで最終日は、渓へ入る事が出来ます
次の日、子供を学校に送り出してから、渓流へと出掛けます。
最後の日のお天気は雨となっていましたが、渓流に入ってみると空は晴れています
DSCN0120_convert_20190930.jpg
ここはイワナとヤマメが混在する渓、ファーストヒットはイワナです♪
DSCN0121_convert_20190930.jpg
またしてもイワナです♪
この子は小さめですが、この後、20cm後半の魚がペアリングしていたのでしょう、2匹にょろっと現れて来ました。
ルアーに反応が良くなかったので、テンカラの毛ばりをキャストしますが、無視されます。
せっかくテンカラをだしたので、しばらくテンカラで釣り上がります。
DSCN0123_convert_20190930.jpg
今まで釣った中で、最小のイワナがヒット。
DSCN0124_convert_20190930.jpg
ちょっとサイズアップしても、小さなイワナです。
DSCN0125_convert_20190930.jpg
やっぱり小さいヤマメがヒットします。
毛ばりでは小さい魚ばかりなので、やっぱりここからはルアーで釣り上がります。
DSCN0126_convert_20190930.jpg
今年尺イワナを出したポイントでは、このヤマメだけでした。
DSCN0129_convert_20190930.jpg
お腹の斑点がオレンジ色のイワナです。
ここのイワナ達は、オレンジ色が多いですね。
DSCN0133_convert_20190930.jpg
ここの淵ではいつも、魚が沢山飛び出してきます。
この日も何匹も飛び出して来ますが、ヒットしたのは黒いヤマメです。
DSCN0135_convert_20190930.jpg
そしてイワナと、ここはヤマメとイワナとそれぞれに飛び出します。
またしても、魚が溜まっているポイントに差し掛かります。
瀬尻のギリギリまで追ってくる魚がいますが、陰から飛び出したのは
DSCN0139_convert_20190930.jpg
今回の渓流で一番サビが出て、黒いヤマメです。
23cm、良い秋ヤマメが出ました
DSCN0141_convert_20190930.jpg
何か、ヤマメ、イワナと交互に出てきてますね。
小さな流れにキャストすると、おっ!と思う魚影が走ります。
2、3回キャストすると、ヒット~
DSCN0143_convert_20190930.jpg
これもサビの入ったヤマメこのヤマメがさっきからアタックしていました。
同じ小さな流れにキャストすると、直ぐにまたヒットします。
DSCN0145_convert_20190930.jpg
今度の魚は、良く見ると、ヤマメとイワナの交雑種です。
この渓では、良くこの魚が釣れるんですよね~
ネットで見ると、サバの様な姿から、川サバと呼ぶ人もいるみたいです。
もう一度同じポイントにキャストすると、またヒット~
     DSCN0147_convert_20190930.jpg
この写真のポイントで3匹出ました♫
小さなポイントですが、大きく優位な魚が出ると、小さな魚はその後出てきますね。
DSCN0149_convert_20190930.jpg
しばらく釣り上がり、水が細くなった所で、また交雑種が出ました。
同じ日に2匹釣り上げるのは、初めてです。
かなり水が細くなったので、脱渓し、林道を下ります。
DSCN0152_convert_20190930.jpg
すると鹿ネットに、小鹿が絡まって動けなくなっています
暴れてどうしようも出来ないので、知り合いの猟師さんにすぐ電話して、処理して頂きました。
この後途中でお昼ご飯を食べて車に戻ります。
車に戻ってからは、同じ渓の少し下った滝の下に入ります。
DSCN0153_convert_20190930.jpg
ここではヤマメがヒット。
DSCN0155_convert_20190930.jpg
更にヤマメと、どうやら下にはイワナはいないみたいです。
この後、一つ隣の渓へ移動します
釣り仲間のtaiheiさんが最近ここに入って、魚影が少なくなったと話していました。
その話の通り、やはりチェイスがありません。
そんな中、同じポイントに何度かキャストしていると、尺ありそうな魚が岩陰から飛び出してきます!
そしてヒット~、やった~!と思っていると、ランディング直前にフックアウト~
ん~、尺ありそうなイワナ、このイワナをキャッチ出来ていれば、有終の美だったのにな~
DSCN0156_convert_20190930.jpg
この渓では、何とかこの1匹のイワナをキャッチしました。
DSCN0157_convert_20190930.jpg
渓を抜けると、シーズン終了を告げるススキの穂が生い茂っていました。
すっかり秋ですね。今年1年も良い釣りが出来ました。
ありがとうござい鱒

                         SA

9月17日 五ヶ瀬川水系 ~Prime Baitさんと~

もう、今シーズンも終盤の終盤になってきました。
釣行前日に連絡を取り、急遽一緒に釣行が決まったのは、Prime Baitさんです。
早朝に待ち合わせをして向かう渓は、Prime Baitさんは初めての渓です。
ポイントに着き、まずは急斜面を登って渓へと入ります
Prime Baitさんは久しぶりの釣行らしく、入ってすぐにラインを巻き直しています。
その間に私は、早速のヒット~
DSCN0093_convert_20190917.jpg
いきなり良い型♪ぷっくりなヤマメがヒットします。
その後、Prime Baitさんが追い付き、一緒に釣り上がります。
DSCN0095_convert_20190917.jpg
こんな所も登って行きます。
少し空が開けたポイントに到着
段々に淵が点在する中、2段目の淵にキャストすると~、いきなりググッ
魚が暴れすぐに寄ってこないので、これはデカい
無事ランディングすると
DSCN0099_convert_20190917.jpg
サビたヤマメ、計測すると28cmあります
引きが強い訳です。
顔つきが丸いので、メスですかね?良いスタートです。
ここはヤマメが豊富で、しかも大物も潜んでいるのでまだまだ楽しみです♫
DSCN0104_convert_20190917.jpg
Prime Baitさんにも良いヤマメがヒットしています♪
ここはちょっとしたポイントや浅瀬にも、ヤマメがいるのであなどれません。
DSCN0108_convert_20190917.jpg
このヤマメのサイズより小さいサイズは、わなわないるので、ヒットしても写真を撮っていませんよ
ここは山岳渓流、落ち込みの岩場をどんどん登って釣って行きます。
岩場の陰から、流れにキャストすると~、ググッ
DSCN0111_convert_20190917.jpg
これまた体格の良いヤマメがヒットします
今度は白っぽいですね~、ヤマメの色が変わってきました。
DSCN0112_convert_20190917.jpg
中間地点まで釣り上がって来たでしょうか、ここでPrime Baitさんとお昼ご飯にします
ここからも行程が長いので、サクッと食べてどんどん釣り上がりますよ。
DSCN0114_convert_20190917.jpg
ミノーを投げると、興味を持って着いてくるヤマメは多いのですが、ガツンと食ってくるのは少ないですね~。
岩の陰に私がミノーをキャストすると、大物が飛び出して来ます!
Prime Baitさんにキャストしてもらうと、また飛び出して来ます!
2人がかりでミノーをキャストすると、何度も飛び出して来てくれて、ミノーに触って行くんですが、そのヤマメはヒット出来ませんでした
最後の魚止めの滝が見えて来ます
DSCN0115_convert_20190917.jpg
その手前の淵で、私にヒット~♪
このヤマメは斑点が多く、尻ビレが大きいですね。
この淵ではPrime Baitさんも2匹程ヒットさせています。
反応が良いポイントでは、何匹もヒットしてくれる、良い渓です。
その次の淵でも、大物が姿を見せてくれました!
そして滝つぼの緩いプールには、良型が何匹も泳いでいるのが見えます。
悠々と泳いでいるので、ミノーをキャストすると反応はしてくれるのですが、ガツンと食ってくれませんね。
隣の滝つぼにもやはり良型が!ここは良型のヤマメの宝庫です。
ここまで約5時間の釣行を、ここで納竿にします。
そして帰りは約1時間かけて下ります。
DSCN0116_convert_20190917.jpg
途中でPrime Baitさんが見つけていた、鹿の頭部付き角を拾って帰ります
ここの渓はいつ来ても、ヤマメが豊富でスレていなくて、中には大物も居て楽しませてくれます。
こんな渓がある事は、素晴らしいですね。また来年会いに行きます。
Prime Baitさん、この渓を大切にして行きましょう!
有難うございました。

                          J

9月14日 五ヶ瀬川水系 ~taihei079さんと~

9月13日に耳川水系に釣りに出かけましたが、その日の夜、taiheiさんから連絡があり明日は五ヶ瀬川の源流へ行くつもりとの事。
何となく私は昼間釣りをしていてて、14日の土曜にtaiheiさんと五ヶ瀬川の源流へ行きたいな~と思ってたんですよね~
源流釣行は少し危険を伴うので、1人だと怖いし、2人だと安心出来ますからね
直ぐに返事で「一緒に行きませんか?」と、次の日2人での源流釣行が決定しました
早朝待ち合わせをして車を走らせると、五ヶ瀬川沿いには釣り人らしき車がチラホラ禁漁間近となるとやはり車が多いですね。
私たちが向かうのは源流、すると山に近づくにつれて小雨が降り出します
源流域の手間には車が無かったのですが、私たちの目指す入渓点のそこだけ先行者の車が止まっています。
あらら残念、とせっかくここまで車を走らせたので、少し下った所のやはり源流域で釣りをする事に。
急な斜面を降りて行き、渓に入ると、ゲーターに冷たい水が染み込みます、冷たい
DSCN0075_convert_20190914.jpg
入れ替わり立ち替わり釣りをしていると、ファーストヒットです♪
ヒットルアーは、Prime Baitさん作成のバルサミノーです
ですが、それからが2人とも後が続きません。
小さいヤマメは少し追っては来るのですが、良い型は飛び出さず、ヒットもしません。
小雨が降っていて条件は良いのですが、少し寒いので水温が下がって活性が鈍くなったのか?
DSCN0076_convert_20190914.jpg
大きな2段釜、写真右下ではtaiheiさんがキャストしています。
いくつも高巻きをするのですが、2人いれば相談しながら、竿を持ち合いながら登れるので安心です。
私先行の時、良い感じのスリットにルアーをキャストすると、1投目でヒット~
DSCN0077_convert_20190914.jpg
今度は良い型、23cmのヤマメです
DSCN0078_convert_20190914.jpg
顔がイカツイので、オスですかね
この後もまた後が続かず・・・、前回脱渓した大きな滝壺でもヒット無し・・・。
その滝壺の手前にお助けロープがるので、それを使って登ります。
前回は気づかなかったのですが、更に横に伸びて下に下るお助けロープを発見します。
     DSCN0084_convert_20190914.jpg
それを使ってまた渓に下りる事が出来ました。
ここからは、私も初めての区間です。
DSCN0085_convert_20190914.jpg
ヤマメが立ったのでパシャリ
私が少し釣れたので、taiheiさん先行気味で釣り上がってもらいます。
taiheiさんが良いポイントでキャスト、すると良い型のヤマメが飛び出します!
「ここいますよ~」と2人でキャストしていると、私のルアーにヒット~
DSCN0089_convert_20190914.jpg
パーマークのハッキリした、良型24cmのヤマメです
この写真良く見ると、私の親指の上の先にtaiheiさんの姿が映っていますよ
このヤマメを横取りした形になってスミマセン
でもこの後、taiheiさんも良いのをヒットしましたよね
DSCN0091_convert_20190914.jpg
最後にもう1匹ヤマメをキャッチします。
そしてここまでと決めていた、2段砂防が現れたので、そこを攻めてみますが、異常無し!
後は急な斜面を、登って脱渓します
即リリースした小さいヤマメが少し釣れてはいますが、全体的に期待した程は釣れませんでしたね。
ちょっと寒かったせいですかね?
国道まで下りそこにいた釣り人と少し話をして、そこでお昼ご飯を食べてこの日は終了とします。
良く考えたら、taiheiさんと電話では良く話していたのですが、今年ご一緒したのは今日が初めてかも。
もう渓流も終わりを迎えますね。
釣り人の思いは皆一緒、帰り道の五ヶ瀬川沿いには、釣り人の車が増えていました
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO RARENIUM CI4+
     C2000HGS
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYSSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   SHIMANO CARDIFF NE
     S72L
   DAIWA LUVIAS 2506
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:Nikon COOLPIX W300

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
181位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示