FC2ブログ

9月30日 五ヶ瀬川水系 ~シーズン最終日~

とうとう、シーズンの最終日がやって来ました。
最後の日に入る渓を前もって決めていましたが、そこへ入る林道には大きな岩が道を塞いでいます
その大岩を前日の夕方に、息子とどかしておきました!これで最終日は、渓へ入る事が出来ます
次の日、子供を学校に送り出してから、渓流へと出掛けます。
最後の日のお天気は雨となっていましたが、渓流に入ってみると空は晴れています
DSCN0120_convert_20190930.jpg
ここはイワナとヤマメが混在する渓、ファーストヒットはイワナです♪
DSCN0121_convert_20190930.jpg
またしてもイワナです♪
この子は小さめですが、この後、20cm後半の魚がペアリングしていたのでしょう、2匹にょろっと現れて来ました。
ルアーに反応が良くなかったので、テンカラの毛ばりをキャストしますが、無視されます。
せっかくテンカラをだしたので、しばらくテンカラで釣り上がります。
DSCN0123_convert_20190930.jpg
今まで釣った中で、最小のイワナがヒット。
DSCN0124_convert_20190930.jpg
ちょっとサイズアップしても、小さなイワナです。
DSCN0125_convert_20190930.jpg
やっぱり小さいヤマメがヒットします。
毛ばりでは小さい魚ばかりなので、やっぱりここからはルアーで釣り上がります。
DSCN0126_convert_20190930.jpg
今年尺イワナを出したポイントでは、このヤマメだけでした。
DSCN0129_convert_20190930.jpg
お腹の斑点がオレンジ色のイワナです。
ここのイワナ達は、オレンジ色が多いですね。
DSCN0133_convert_20190930.jpg
ここの淵ではいつも、魚が沢山飛び出してきます。
この日も何匹も飛び出して来ますが、ヒットしたのは黒いヤマメです。
DSCN0135_convert_20190930.jpg
そしてイワナと、ここはヤマメとイワナとそれぞれに飛び出します。
またしても、魚が溜まっているポイントに差し掛かります。
瀬尻のギリギリまで追ってくる魚がいますが、陰から飛び出したのは
DSCN0139_convert_20190930.jpg
今回の渓流で一番サビが出て、黒いヤマメです。
23cm、良い秋ヤマメが出ました
DSCN0141_convert_20190930.jpg
何か、ヤマメ、イワナと交互に出てきてますね。
小さな流れにキャストすると、おっ!と思う魚影が走ります。
2、3回キャストすると、ヒット~
DSCN0143_convert_20190930.jpg
これもサビの入ったヤマメこのヤマメがさっきからアタックしていました。
同じ小さな流れにキャストすると、直ぐにまたヒットします。
DSCN0145_convert_20190930.jpg
今度の魚は、良く見ると、ヤマメとイワナの交雑種です。
この渓では、良くこの魚が釣れるんですよね~
ネットで見ると、サバの様な姿から、川サバと呼ぶ人もいるみたいです。
もう一度同じポイントにキャストすると、またヒット~
     DSCN0147_convert_20190930.jpg
この写真のポイントで3匹出ました♫
小さなポイントですが、大きく優位な魚が出ると、小さな魚はその後出てきますね。
DSCN0149_convert_20190930.jpg
しばらく釣り上がり、水が細くなった所で、また交雑種が出ました。
同じ日に2匹釣り上げるのは、初めてです。
かなり水が細くなったので、脱渓し、林道を下ります。
DSCN0152_convert_20190930.jpg
すると鹿ネットに、小鹿が絡まって動けなくなっています
暴れてどうしようも出来ないので、知り合いの猟師さんにすぐ電話して、処理して頂きました。
この後途中でお昼ご飯を食べて車に戻ります。
車に戻ってからは、同じ渓の少し下った滝の下に入ります。
DSCN0153_convert_20190930.jpg
ここではヤマメがヒット。
DSCN0155_convert_20190930.jpg
更にヤマメと、どうやら下にはイワナはいないみたいです。
この後、一つ隣の渓へ移動します
釣り仲間のtaiheiさんが最近ここに入って、魚影が少なくなったと話していました。
その話の通り、やはりチェイスがありません。
そんな中、同じポイントに何度かキャストしていると、尺ありそうな魚が岩陰から飛び出してきます!
そしてヒット~、やった~!と思っていると、ランディング直前にフックアウト~
ん~、尺ありそうなイワナ、このイワナをキャッチ出来ていれば、有終の美だったのにな~
DSCN0156_convert_20190930.jpg
この渓では、何とかこの1匹のイワナをキャッチしました。
DSCN0157_convert_20190930.jpg
渓を抜けると、シーズン終了を告げるススキの穂が生い茂っていました。
すっかり秋ですね。今年1年も良い釣りが出来ました。
ありがとうござい鱒

                         SA
スポンサーサイト



9月17日 五ヶ瀬川水系 ~Prime Baitさんと~

もう、今シーズンも終盤の終盤になってきました。
釣行前日に連絡を取り、急遽一緒に釣行が決まったのは、Prime Baitさんです。
早朝に待ち合わせをして向かう渓は、Prime Baitさんは初めての渓です。
ポイントに着き、まずは急斜面を登って渓へと入ります
Prime Baitさんは久しぶりの釣行らしく、入ってすぐにラインを巻き直しています。
その間に私は、早速のヒット~
DSCN0093_convert_20190917.jpg
いきなり良い型♪ぷっくりなヤマメがヒットします。
その後、Prime Baitさんが追い付き、一緒に釣り上がります。
DSCN0095_convert_20190917.jpg
こんな所も登って行きます。
少し空が開けたポイントに到着
段々に淵が点在する中、2段目の淵にキャストすると~、いきなりググッ
魚が暴れすぐに寄ってこないので、これはデカい
無事ランディングすると
DSCN0099_convert_20190917.jpg
サビたヤマメ、計測すると28cmあります
引きが強い訳です。
顔つきが丸いので、メスですかね?良いスタートです。
ここはヤマメが豊富で、しかも大物も潜んでいるのでまだまだ楽しみです♫
DSCN0104_convert_20190917.jpg
Prime Baitさんにも良いヤマメがヒットしています♪
ここはちょっとしたポイントや浅瀬にも、ヤマメがいるのであなどれません。
DSCN0108_convert_20190917.jpg
このヤマメのサイズより小さいサイズは、わなわないるので、ヒットしても写真を撮っていませんよ
ここは山岳渓流、落ち込みの岩場をどんどん登って釣って行きます。
岩場の陰から、流れにキャストすると~、ググッ
DSCN0111_convert_20190917.jpg
これまた体格の良いヤマメがヒットします
今度は白っぽいですね~、ヤマメの色が変わってきました。
DSCN0112_convert_20190917.jpg
中間地点まで釣り上がって来たでしょうか、ここでPrime Baitさんとお昼ご飯にします
ここからも行程が長いので、サクッと食べてどんどん釣り上がりますよ。
DSCN0114_convert_20190917.jpg
ミノーを投げると、興味を持って着いてくるヤマメは多いのですが、ガツンと食ってくるのは少ないですね~。
岩の陰に私がミノーをキャストすると、大物が飛び出して来ます!
Prime Baitさんにキャストしてもらうと、また飛び出して来ます!
2人がかりでミノーをキャストすると、何度も飛び出して来てくれて、ミノーに触って行くんですが、そのヤマメはヒット出来ませんでした
最後の魚止めの滝が見えて来ます
DSCN0115_convert_20190917.jpg
その手前の淵で、私にヒット~♪
このヤマメは斑点が多く、尻ビレが大きいですね。
この淵ではPrime Baitさんも2匹程ヒットさせています。
反応が良いポイントでは、何匹もヒットしてくれる、良い渓です。
その次の淵でも、大物が姿を見せてくれました!
そして滝つぼの緩いプールには、良型が何匹も泳いでいるのが見えます。
悠々と泳いでいるので、ミノーをキャストすると反応はしてくれるのですが、ガツンと食ってくれませんね。
隣の滝つぼにもやはり良型が!ここは良型のヤマメの宝庫です。
ここまで約5時間の釣行を、ここで納竿にします。
そして帰りは約1時間かけて下ります。
DSCN0116_convert_20190917.jpg
途中でPrime Baitさんが見つけていた、鹿の頭部付き角を拾って帰ります
ここの渓はいつ来ても、ヤマメが豊富でスレていなくて、中には大物も居て楽しませてくれます。
こんな渓がある事は、素晴らしいですね。また来年会いに行きます。
Prime Baitさん、この渓を大切にして行きましょう!
有難うございました。

                          J

9月14日 五ヶ瀬川水系 ~taihei079さんと~

9月13日に耳川水系に釣りに出かけましたが、その日の夜、taiheiさんから連絡があり明日は五ヶ瀬川の源流へ行くつもりとの事。
何となく私は昼間釣りをしていてて、14日の土曜にtaiheiさんと五ヶ瀬川の源流へ行きたいな~と思ってたんですよね~
源流釣行は少し危険を伴うので、1人だと怖いし、2人だと安心出来ますからね
直ぐに返事で「一緒に行きませんか?」と、次の日2人での源流釣行が決定しました
早朝待ち合わせをして車を走らせると、五ヶ瀬川沿いには釣り人らしき車がチラホラ禁漁間近となるとやはり車が多いですね。
私たちが向かうのは源流、すると山に近づくにつれて小雨が降り出します
源流域の手間には車が無かったのですが、私たちの目指す入渓点のそこだけ先行者の車が止まっています。
あらら残念、とせっかくここまで車を走らせたので、少し下った所のやはり源流域で釣りをする事に。
急な斜面を降りて行き、渓に入ると、ゲーターに冷たい水が染み込みます、冷たい
DSCN0075_convert_20190914.jpg
入れ替わり立ち替わり釣りをしていると、ファーストヒットです♪
ヒットルアーは、Prime Baitさん作成のバルサミノーです
ですが、それからが2人とも後が続きません。
小さいヤマメは少し追っては来るのですが、良い型は飛び出さず、ヒットもしません。
小雨が降っていて条件は良いのですが、少し寒いので水温が下がって活性が鈍くなったのか?
DSCN0076_convert_20190914.jpg
大きな2段釜、写真右下ではtaiheiさんがキャストしています。
いくつも高巻きをするのですが、2人いれば相談しながら、竿を持ち合いながら登れるので安心です。
私先行の時、良い感じのスリットにルアーをキャストすると、1投目でヒット~
DSCN0077_convert_20190914.jpg
今度は良い型、23cmのヤマメです
DSCN0078_convert_20190914.jpg
顔がイカツイので、オスですかね
この後もまた後が続かず・・・、前回脱渓した大きな滝壺でもヒット無し・・・。
その滝壺の手前にお助けロープがるので、それを使って登ります。
前回は気づかなかったのですが、更に横に伸びて下に下るお助けロープを発見します。
     DSCN0084_convert_20190914.jpg
それを使ってまた渓に下りる事が出来ました。
ここからは、私も初めての区間です。
DSCN0085_convert_20190914.jpg
ヤマメが立ったのでパシャリ
私が少し釣れたので、taiheiさん先行気味で釣り上がってもらいます。
taiheiさんが良いポイントでキャスト、すると良い型のヤマメが飛び出します!
「ここいますよ~」と2人でキャストしていると、私のルアーにヒット~
DSCN0089_convert_20190914.jpg
パーマークのハッキリした、良型24cmのヤマメです
この写真良く見ると、私の親指の上の先にtaiheiさんの姿が映っていますよ
このヤマメを横取りした形になってスミマセン
でもこの後、taiheiさんも良いのをヒットしましたよね
DSCN0091_convert_20190914.jpg
最後にもう1匹ヤマメをキャッチします。
そしてここまでと決めていた、2段砂防が現れたので、そこを攻めてみますが、異常無し!
後は急な斜面を、登って脱渓します
即リリースした小さいヤマメが少し釣れてはいますが、全体的に期待した程は釣れませんでしたね。
ちょっと寒かったせいですかね?
国道まで下りそこにいた釣り人と少し話をして、そこでお昼ご飯を食べてこの日は終了とします。
良く考えたら、taiheiさんと電話では良く話していたのですが、今年ご一緒したのは今日が初めてかも。
もう渓流も終わりを迎えますね。
釣り人の思いは皆一緒、帰り道の五ヶ瀬川沿いには、釣り人の車が増えていました

9月13日 耳川水系

9月も中旬、いよいよ渓流釣りシーズンも残すところ、半月となってきました。
早いものです
DSCN0074_convert_20190913.jpg
渓流沿いの彼岸花に、アゲハチョウが止まっています
お彼岸が近くなりましたね。
今回は耳川水系の支流の上流域へ行ってみます。
車で上がれる所まで行って、下りれそうな所を見つけたので、そこから入ってみます。
ちょっとこの日は肌寒かったので、ウェーダーをチョイス。
DSCN0068_convert_20190913.jpg
入ってみると、これぐらいのヤマメがいっぱいいます。
でもここで釣れたのはこの1匹だけ、すぐに渓が険しくなってきたので、ここの場所はあきらめて移動します。
それから2か所程、ルアーを投げてみますが全く反応がありません。
支流を上ってきてやっと、おチビさんが少し釣れてくれますが、即リリースします。
そんな中、やっと良い魚がヒット~♪
流れに飲まれて、一つ下のポイントまで流されますが、
DSCN0071_convert_20190913.jpg
慎重に取り込むと、やっとまともなサイズのヤマメです
このヤマメの後から反応が良くなって来ました♬
流れが二股に分かれていて、右に釣り上がると
DSCN0072_convert_20190913.jpg
痩せたヤマメがヒットします。
ここの渓は水量が豊富ですね。
今回はここで納竿しますが、いずれここよりも上流へ行ってみたいと思います。


                        K

9月11日 耳川水系

朝用件を済まし、どこに入ろうかな~と、まずは五ヶ瀬川水系の林道を登ってみます。
すると、道の中央に大きな落石が
手で動かそうにも、木の棒で動かそうにも、どける事が出来なかったので、諦めて耳川水系へと移動します。
川沿いに車を止めて入渓の準備をしていると、道の上から歩いて降りて来る人影が、すると反転して向こうへ行きます。
何だろう?と思いながらも、準備が整ったので早速川へ入ります。
今日はお天気が良いし、テンカラをチョイス♪
DSCN0058_convert_20190911.jpg
2つ目のポイントで、早速毛ばりにヒットします♫
幸先が良いですね。
DSCN0059_convert_20190911.jpg
緩い流れに毛ばりをキャストすると、またまたヒットします。
この後、すぐ上流にフライマンの姿がありました
あっ、さっきの人です私が入渓しようとしているのを見たにも関わらず、すぐ上流から入ったみたいです
こちらに気づき慌てたのか、毛ばりを引っ掛けてあたふたしていましたが、その後どんどんと足早に釣り上がって行きました。あらあら
しょうがないので、入られたポイントまで釣り上がろ~と。
DSCN0060_convert_20190911.jpg
ちょっとの区間ですが、おちびさんが毛ばりに出て来てくれます。
DSCN0061_convert_20190911.jpg
パーマークがはっきりしいるヤマメコンスタントに出てくれます。
この後車に戻り、下流へと移動します。
DSCN0062_convert_20190911.jpg
ここでも直ぐに出てくれました♬
この後、いかにもという淵が現れす。
ルアーだと、こんな淵は得意なんですが、テンカラの毛ばりだと遠くへキャスト出来ないし、表層しか見せられないので、淵は苦手です。木が生い茂っていても、キャストしづらいですから、場所を選びます。
DSCN0063_convert_20190911.jpg
良い場所では、ちゃんとヒットしてくれます。
この時12時前だったので、ここでお昼ご飯にします
この後木が生い茂ってくるので、システムを変えてラインを短くし、ドライフライのパラシュートを結びます。
DSCN0064_convert_20190911.jpg
するとドライにもヒット~♡
DSCN0065_convert_20190911.jpg
ドライフライだと、喰ってきた瞬間が見れてエキサイティングですね。
フライマンの、ドライフライ好きが解りますね。
DSCN0066_convert_20190911.jpg
最後の大淵では、ちびヤマメがヒットします。
ルアーどと、チェイスしてくる沢山のヤマメが見れるはずなんですが、テンカラだとこんなもんですかね。
やっぱりこんな大淵では、ルアーを投げたくなります。

                        T

9月3日 五ヶ瀬川水系

最近は昼間は晴れていても、夕方から雨が降る事が多いな~
前日も夕方に雨が降りました。
今回は支流の支流の、名も無き渓へ行きます。
名も無き渓へは、まず支流の支流を少し上ってから入って行きます。
午前中少し涼しいですが、今日は帰りの林道で結構歩かないといけないので、ゲーターで入渓します。
DSCN0033_convert_20190903.jpg
取りあえず、支流の支流で1匹♪
この後に、流れ込んでいる名も無き渓へ釣り上がります。
入ってすぐは、細い流れでこんな所にと思うのですが、釣り上がっていくと、良いポイントが沢山出てきます。
DSCN0035_convert_20190903.jpg
名も無き渓での倒木の多いポイントで、まず1匹です。
入ってすぐは反応がちょっと薄いですね。
DSCN0037_convert_20190903.jpg
釣れてもちょっと小さいです。
DSCN0038_convert_20190903.jpg
このヤマメの後からは、山の中なのに開けたポイントが続きます。
そして毎回良い思いをさせてくれる、小さな釜に差し掛かります。
DSCN0039_convert_20190903.jpg
ここではやはり少し大き目が出てくれます(^^♪
それとこの渓のヤマメの特徴なのですが、全体的に色素の薄い白っぽいヤマメが良く出ます。
DSCN0041_convert_20190903.jpg
このヤマメもちょっと白っぽいですね。
もっと白いのが、以前は出たんですけど。
DSCN0042_convert_20190903.jpg
あまり大きいのは、今回は出ませんね~
次も毎回良い思いをさせてくれる釜が現れます。
ここでやはり、良い型がビュッと飛び出しますが、ヒットしませんね~
何度か出てはくれたのですが…。
DSCN0044_convert_20190903.jpg
ポイントを休ませるためにも、ここで昼食を取ります
昼食後その釜を攻めてみますが、もう出て来てくれませんでした。
DSCN0045_convert_20190903.jpg
今回は全体的に小さいですね。
DSCN0046_convert_20190903.jpg
良い型のヤマメは、どっかに行ってしまったのでしょうか?
RSCN0047_convert_20190903.jpg
するとこ、の渓で最大のヤマメがヒットします
23cmぐらいでしょうか?やっぱり白っぽいですね、この渓独特のヤマメです。
この後は、土砂崩れの倒木を回避して、砂防の手前の淵を狙いますが、反応無し。
砂防の上は投げた事が無かったので、ずっと釣り上がってみますが、上流も全く反応がありません。
上流まで行き過ぎると、魚はいないみたいですね。
     DSCN0053_convert_20190903a.jpg
渓を脱渓すると、林道が通っています。そこを10分ぐらいテクテクと歩いて元の支流まで戻ります
この時には気温も上がっていて長い距離を歩かないといけなかったので、やはりゲーターで正解でした。
DSCN0054_convert_20190903.jpg
元の支流では、上流の方からポイントを攻めながら、下って行きます。
車まで戻って来たので、中間に滝がありますが、今度はそこより下流へ一気に下ります。
DSCN0055_convert_20190903.jpg
下流のポイントの方が魚の反応が良く、すぐにヒット♬
淵には何匹も溜まっています。
DSCN0056_convert_20190903.jpg
少し小雨が降り始めたので、橋の真下の淵で1匹追加して納竿します。
やはりこの日も、夕方になると雨が降り出します。
名も無き渓は、昨年もっと良いのが沢山いたのですが、今回は型の大きいのは出ませんでした。
でも終わってみれば、写真も撮ってない小さいのもいるので、数は釣れましたね。

                           T

8月29日 五ヶ瀬川水系 ~テンカラ~

そう言えば最近テンカラしてないな~
今日は少し日も出て来た事だし、そうだテンカラをしよう
テンカラはラインを上に跳ね上げるので、今回は木が少ない五ヶ瀬川をチョイス。
五ヶ瀬川は最近釣れてないと聞いていて支流ばかり行っていましたが、久しぶりに五ヶ瀬川に入ります。
水量は、この所の雨で多めですね。
DSCN0027_convert_20190829.jpg
ダウンで毛ばりを流すと、早速ヒット。
久しぶりの感覚、テンカラも良いですね
その後しばらく釣り上がりますが、後が続きません。
おかしいな~、やはり五ヶ瀬川は釣れないのかな?
DSCN0028_convert_20190829.jpg
やっと2匹目がヒットしますが、小ぶりですね。
久しぶりのテンカラ竿を振っているので、早速手に豆が出来ました。
それからは、変な握りでキャストして行きます。
DSCN0029_convert_20190829.jpg
その後もやはり小ぶりです。小ぶりしかいないのかな?
そしてまた釣れない時間…。
水量が多めなので、川を渡るときは一苦労です
大きな淵では、毛ばりは小さいし沈まないし、ルアーより不利な気がしますね。
あまり毛ばりをピックアップするのが早いのかな?と少し長めに流します。
そうすると今度は、立て続けにヒットします。
DSCN0030_convert_20190829.jpg

DSCN0031_convert_20190829.jpg

DSCN0032_convert_20190829.jpg
と連続ヒットします
どれも同じような、小ぶりなヤマメばかりです。
場所が悪いのか、腕が悪いのか、テンカラはまだまだ修行が足りませんな

8月26日 耳川水系

この所の天気予報は、ずっと
秋雨前線が停滞しているらしく、気温も下がって肌寒い日が続いています。
お陰で最近、ゲーターでは寒く、ウェーダーを履いています
この日は雨が降ったり止んだり、行けばなんとか釣りが出来るかな?と椎葉へ向かいます。
以前、支流の支流をずっと車で上った時、釣り人らしき人が車のそばで休んでいるのを思い出して、今回はそこから入ってみようと来ました。
着いてすぐはまだ雨がしっかり降っています。
スマホで雨レーダーを見ると、しばらくすれば雨雲が抜けそうなので、車内で少し待ってみます。
小ぶりになってきたので、大きな砂防の横を通って、砂防上から入渓します。
入って直ぐの濁った溜まりにキャストすると、ギラッギラッと魚の姿が見えます。
釣れはしませんでしたが、砂防より上に魚はいそうです。
直ぐの小さい滝では反応が無く、そこを高巻きして釣り上がります。
この頃には気にならないぐらいの小雨が降っていますが、ここでヤマメが初ヒット~♪
ですが、ランディング前にバラしちゃいました。
DSCN0012_convert_20190826.jpg
しばらく釣り上がった先で、やっとヒット~ヤマメです♫
DSCN0013_convert_20190826.jpg
このぐらいの小さいヤマメは、ちらほらいます。
DSCN0014_convert_20190826.jpg
あまり良い型はでませんが、ヒットが続きます。
この後、対岸の山の斜面の草が一か所だけやたらと揺れているのを発見します
何かな?と良く見てみると猪ですどうやら猪が、エサを求めて土を掘っています。
こちらには気づいていなかったので、大声で声を掛けると
DSCN0021_convert_20190826.jpg
こっちをギロッウリボウを3頭連れた母親猪ですね
こちらに気づいて逃げていきましたが、この写真実は、帰って来る時にまた同じ場所でゴソゴソやっていた時の写真です。
この猪の後、いかにもという釜が現れます。ルアーをキャストすると、案の定ヤマメが何匹か飛び出して来ます。
ヒット出来ませんでしたが、ちょっと休ませたらまた出てくるんじゃないかと、とりあえずお昼ご飯にします
まだ小雨が降っていたので、立ったままサクッと食べました。
釜を少し休ませたので、もう一度ルアーをキャストすると
DSCN0015_convert_20190826.jpg
また出てきてくれてヒット~、粘り勝ちです
DSCN0016_convert_20190826.jpg
ルアーより少し大きいぐらいのヤマメまでヒットします。
捕食できるはずの無いサイズですから、完全にリアクションバイトですね。
この辺りでまでとして、一旦車に戻ります。
車に戻ってから、更に上流を目指します
結構上まで走ると、さっきの渓の上流に掛る橋が現れます。
この辺りもヤマメがいるかな?と入ってみます。
橋の直ぐ下流側から入ってちょっとした溜まりで、チェイスが連発します。
そして砂防がすぐありまして、砂防直下には良い溜まりがあります。
そこにキャストすると、グググッ、ヒットが連発します。
DSCN0024_convert_20190826.jpg
じゃじゃ~ん(^^♪良いのが釣れました。
最初にキープしていたのが、次のが釣れた時に逃げられちゃったので、本当はここで3連続ヒットです。
DSCN0025_convert_20190826.jpg
一番大きかったのは、体高のある23cm、満足です
砂防の上も釣り上がってみると、少し反応があります。
DSCN0026_convert_20190826.jpg
最後に釣れたのは、小ぶりながらもパーマークがクッキリした綺麗なヤマメです
今回初めて入ったポイントも、なかなか良い渓でした。
今度は晴れた時に、行きたいですね。

                           U

8月20日 五ヶ瀬川水系

明け方に、雷を伴う雨が降りました
これは今日釣りに行けないかな?と思っていると、お昼前から雨が上がったので、午後から出かけます。
今回は良く行く支流の、気になっていたいくつかの名もなき流れ込みを探索してみます
DSCN0002_convert.jpg
入ってすぐの場所で、小さいヤマメがヒットします♪
この渓流は、魚影が濃いポイントです。
そのままこの渓流を上りながら、いくつかの流れ込みを探ってみます
いくつか気になっていた流れ込みを上がってみますが、すぐに水が細くなるし、ちょっと溜まっている所にルアーを投げても魚がいません。
DSCN0005_convert.jpg
釣れても元の支流だけです。
反対側には水量の多い流れ込みがあったんですが、少し上がってみても、無反応でした。
良い流れ込みはありませんね~
元に戻り、支流を上がっていると、ぱったりと魚の反応が無くなりました。
すると真新しい足跡が一つ、朝に雨が降っていたのでその後に誰か入ったみたいですね。
DSCN0006_convert.jpg
色々と歩いて探っていたので、釣果はいまいちでした。
でもこの支流で1か所だけ、良い流れ込みがあるのを知っているので、ポイントが絞れました。

                          T

夏のボーナス

買ってから、もう何年経ったのだろうか。
長年愛用してきた、偏光グラスをこの度新調しました。
P8200847_convert.jpg
zerl CAVARO F-1206 MASTER BLUE です
以前もzealのEASE GREENのレンズを使っていましたが、だいぶレンズに傷が入ってしまったのと、暗がりでは意外に見えにくい気がしたからです。
今回の偏光レンズを実際使ってみると、マスターブルーのレンズは暗がりでも見えやすく疲れない気がします。(個人の感想)
P8200848_convert.jpg
それともう一つ新調したのは、渓流釣りの必需品、防水デジカメです。
Nikon COOLPIX W300 です
今まではOlympusのTG-310を長年使用していて、今年TG-6が発売されたので購入しようかなと思ったのすが、値段がだいぶ高いので、今回はNikonにしてみました。
これからの渓流釣りライフが楽しみですね。
“私は趣味に本気です!”
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO RARENIUM CI4+
     C2000HGS
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYKSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   SHIMANO CARDIFF NE
     S72L
   DAIWA LUVIAS 2506
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:Nikon COOLPIX W300

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
430位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示