FC2ブログ

3月1日 五ヶ瀬川水系 ~解禁日~

祝!渓流解禁!!
長かった禁漁期間が終わりましたね。
やっと、待ちに待った解禁日を迎えました♪
今日の天気は、晴れたり小雨が降ったりですが、暖かい解禁日となりました。
解禁日は、例年の如くお昼過ぎまで仕事です。
仕事が終わり、渓流へ入ることが出来たのは午後1時40分頃。
最初入ろうと思っていたポイントは釣り人が出る所でした
そこで次なるポイント、ここはどうでしょうか?
DSCN0870_convert.jpg
まずは、五ヶ瀬川の水神さんに、今年一年の釣行安全を祈ってお神酒を捧げます
いつもはワンカップでしたが、今年は何と、一升瓶のお神酒をすべて川の水神さんに捧げます
久しぶりの入渓の久しぶりのキャストですが、腕は鈍っておらず、おおよそ狙ったポイントにキャスト出来ています。
しかし、ここのポイントも既に人が入った後らしく、足跡があり全く反応がありません。
しばらく釣り上がりましたが、全くダメだったのでポイントを移動します
次入った場所も、真新しいタイヤの跡がありますが、入ってみます。
DSCN0871_convert.jpg
すると、少し深みの流れが緩くなっているポイントでヒットします。
全体的にウロコが少しはがれて居るヤマメです。放流物でしょうか?
DSCN0872_convert.jpg
次にヒットしたのは、小ぶりですが、綺麗なヤマメです
これは天然ものでしょう。
ここも人が入った後みたいですが、淵では良いヤマメが顔を見せます。ですがヒットせず。
プレッシャーが掛かっているものの、淵にはそれなりのヤマメがいます。
そこで、この先にある小さな支流を釣り上がります。
DSCN0873_convert.jpg
こちらには誰も入っていないみたいで、すぐに小ぶりなヤマメがヒットします。
DSCN0874_convert.jpg
そしてまた同じぐらいのサイズ。
DSCN0875_convert.jpg
支流の大場所でも、ヒットしたのは小ぶりなヤマメちゃんです。
その後の大場所では無反応だったので、早めに切り上げて車に戻ります。
この日は、どこもかしこも人が入っているみたいなので、車で下流に戻りながら五ヶ瀬川の入っていないであろうポイントの、大淵を目指します
DSCN0876_convert.jpg
大淵の手前のチャラ瀬でヒットしたのは、こちらもウロコがはがれているヤマメ、放流物でしょう。
その上に、かなり大きな淵があったのですが、砂利で埋まって無くなっていました
その上流の葦も無くなっていて、川の形が変わってしまっています。
その上の堤防直下だけ、大淵が残っていて、多角的にミノーをキャストすると
DSCN0877_convert.jpg
ヤマメがヒットします。
この後もしつこく、キャストしていると、ググッ、ドラグがジジジッ、良型がヒットします!
するとランディング寸前でフックアウト、慌ててネットですくおうとしますが、滑って左腕がずぶ濡れになりながらも、ランディング出来ませんでした
初日にすでに、川から洗礼を受けましたね。
DSCN0878_convert.jpg
同じ堤防直下でもう1匹ヒットします。
ここは竿抜けだったみたいですね。
さぁ、皆さんも No Life No Fishing!
スポンサーサイト



2021 新年

        Happy New Year 2021
     新年が明けました
     おめでとうござい鱒

DSCN0865_convert.jpg
昨年は、新型コロナの影響で色々な事に制約が付きまとう一年でした。
それでも、渓流釣りはアウトドアという事で、例年の様に出掛けさせて頂きました。
思い返して見れば、釣果としては全体的に良型に恵まれた一年でした。
そして、新たな渓を見つけたので、今年はその渓の調査をして行きます。
     DSCN0867_convert.jpg
昨年末からの大寒波、写真は12月31日の五ヶ瀬川と白滝、滝も所々凍っていますね。
DSCN0869_convert.jpg
またまだ新型コロナは落ち着く気配を見せません。
渓流釣りファンの皆さん、お互いに体調に気を付けつつ、今年も楽しいフィッシングライフにして行きましょう!
そんな自然豊かな渓流が、いつまでも残っていけるように願って。

10月31日 娘のバースデー登山 ~祇園山~

ヤマメが禁漁になると、毎年11月頃に長男と2人だけで、『男旅』と称して近くの山で登山をしておりました。
今年は長男が中学生になったため、今度は小学校2年の娘と山に登ります
この日はちょうど娘の誕生日、『バースデー登山』ですね
DSC_0719_convert.jpg
向かうは、この辺りで入門の山「祇園山」。
1時間ちょいの行程ですが、入山してすぐが一番きつく、途中は尾根歩きで楽になるのですが、終盤はロープゾーンや崖ゾーンが待ち構えています。
いきなりの急な山道は、何度も休まないとしんどいです
      DSC_0721_convert.jpg
中間地点には、大きな松があります
そこからは、少し楽な道が続きますが
      DSC_0722_convert.jpg
ローブゾーンや、崖ゾーンあってスリルがあります。
      DSC_0723_convert.jpg
もみじは真っ赤に紅葉しています
DSC_0728_convert.jpg
1時間6分で山頂に到着しました。
時間的には短いのですが、意外ときつく、力試しにはちょうど良い山です。
DSC_0730_convert.jpg
山頂での昼食は、バーナーでウインナーを焼いてパンに挟み、ケチャップとマスタードを付けたホットドッグとカフェオレです。
この時は、暖かくて登山日和でした。
DSC_0729_convert.jpg
娘もたくましくなってきました。
来年はどこの山に登ろうかな♪

9月29日 五ヶ瀬川水系 ~シーズンラスト~

とうとう、シーズンラスト釣行3日間の、最終日となりました。
最後の日は、どこに行こうかと考えたのですが、子供の迎えと釣行時間を計算して、私の一番お気に入りの渓へ出掛ける事にします
DSCN0853_convert.jpg
道中では、彼岸花と黄金色に輝く稲穂が垂れています。
あちこちで稲刈りが始まっていますね
今回入ろとうと思っている渓は、27日の日曜に入ろうと思って先行者が居た渓です。
2日経っていますが、魚達はどうでしょう?
入ってみると、いつもは入って直ぐからヒットしてくるのですが、若干渋め、プレッシャーか?抜かれたかな?
DSCN0836_convert.jpg
やっとヒットしたのは、小ぶりなヤマメです。
それからも渋さは続きながら、淵が現れます。
岩陰の横にミノーを落とし込み、少しトゥイッチを入れると、ググッ、ちょっとドラグが鳴ってヒットします♪
DSCN0847_convert.jpg
ランディングすると、27cmの良型のヤマメでした
こんなヤマメが残っていて、良かった~♬
私はリリース派なので、この良型ヤマメが子孫を残し、再び良型に出会えることを祈ってリリースします。
その後、いつも大物が潜んでいるポイントに差し掛かります。
そのポイントでは、大物を仕留める事が未だ出来ていないので、今回は変わり種ミノーの、AR-HDミノーをキャストしてみます。
すると、大物がすぐさまバイト!しかし直ぐにフックアウトして天を仰ぎます
このポイントでは、何匹も潜んでいるですが、未だ仕留め損なっています。
DSCN0850_convert.jpg
しばらく釣り上がっていると、開けた場所で、釣具のポイントで購入したらしい、真新しい空のエサの箱を発見。
んん~、こういうのを残していく人の気持ちが分かりません
このゴミは、私のお弁当ガラと一緒に持ち帰りました。
DSCN0851_convert.jpg
その後も渋い状態が続きます。
エサ釣り師に抜かれちゃったかな・・・。
どん詰まりまで行こうと思ったのですが、半分ぐらいの所で脱渓します。
     DSCN0855_convert.jpg
別の渓へ行こうと移動していると、ちょっと新しい渓を見つけます。
少し竿を出してみた所、ヤマメっぽい反応がありました。
ここは来年、詳しく調査してみたいと思います。
最後に、前回尺ヤマメをヒットしたポイントに入ってみますが、そこでは以外にもノーヒットで終わりました。
最終日の釣行、数は出ませんでしたが、27cmの良型が出て良いラストとなりました。
今年は尺を始め、27・28・29cmと良型が何匹か出て、良いシーズンでしたね。
ケガも無く、楽しい釣りが出来た事に感謝です。
渓に感謝、家族に感謝、仲間に感謝、それではまた来年の解禁まで、渓はお預けですね。
9月の最終日の明日は、八代市の坂本までボランティア活動へ行っています

9月28日 五ヶ瀬川水系 ~シーズンラスト・色白ヤマメの渓~

急に予定が空いたので、連続釣行となりました
今回は、シーズンラスト釣行3日間の、2日目です。
     DSCN0834_convert_20201003200800.jpg
ここは、今年まだ入っていない渓で、ここ独特の色白ヤマメが釣れるポイントです。
さて、今回も色白ヤマメ達に会えるでしょうか?
支流に流れ込む渓の為、まずは支流を釣り上がります。
DSCN0824_convert_20201003200353.jpg
そこで、まず小ぶりな普通のヤマメがヒットします。
その後、流れ込む渓がすぐ現れるので、そちらを釣り上がって行きます。
たまに反応が悪い時があるのですが、今回はどうでしょう?
DSCN0825_convert_20201003200411.jpg
しばらく釣り上がると、ヒットします。
まだ普通のヤマメですね。
この後、良い感じの淵が現れます。
キャストすると、良型のヤマメが飛び出します。
しかしフッキング出来ず、また出るには出たのですがヒットしなかったので、一度ポイントを休めるべくお昼ご飯にします
DSCN0826_convert_20201003200442.jpg
ポイントを少し休ませて、もう一度キャストすると、やっぱりヒット~♬
パーマークがハッキリした、綺麗なヤマメです
DSCN0827_convert_20201003200517.jpg
それからは魚影が濃くなり、綺麗なヤマメがヒットします
ここは小さな渓ですが、意外と開けているので、ちょっとテンカラに切り替えてみます。
いかにも居そうな淵に、毛ばりをキャストします。
ですが、意外にも無反応です。おかしいな~
今度は、ルアーに切り替えて、ミノーをキャストしてみます。
するとどうでしょう、急に3匹程チェイスして来ました
DSCN0828_convert_20201003200543.jpg
そして、その中で一番大きなヤマメがヒットします
ミノーにトゥイッチを掛けた瞬間、岩陰から飛び出すヤマメもいました。
ミノーには毛ばりには無い、魚を引き寄せる、集魚力があるのかもしれませんね。
DSCN0830_convert_20201003200607.jpg
そしてやっと、この渓独特の色白ヤマメがヒットします
やっぱり、色白ヤマメが生息していました。
DSCN0831_convert_20201003200638.jpg
まあまあのサイズの色白ヤマメ。
この渓では、このヤマメが釣れるんですよね。
DSCN0832_convert_20201003200702.jpg
そしてまた、色白ヤマメ。
支流に流れ込むこの小さな渓には、独特のヤマメ達が生息しています。
次回は来年になりますが、また会いたいですね。
DSCN0833_convert_20201003200733.jpg
最後には、連続ヒット♫
土砂崩れの倒木を越え、砂防を越えると林道が現れ、その林道を下って車まで戻ります。
今年も色白ヤマメ達に会うことが出来ました。
来年、この子達にまた会いに来ますね

                         T

9月27日 五ヶ瀬川水系 ~シーズンラスト・taihei079さんと~

今シーズンも、残り4日となりました。
最後の週は、頑張って3日続けての釣行の、まずは1日目です。
最後の日曜日は、taiheiさんと出掛けます。
私は朝一の仕事があったので、合流して目的の渓に着いたのは午前10時30分頃になりました。
すると、先行者の車が止まっています
やはり最後の日曜日ですね、出遅れました。
そこで、すぐ近くの支流へ行きます
DSCN0805_convert.jpg
良かった、こちらは誰もいません。
入って直ぐから反応がありますが、その後は続かず・・・。
DSCN0800_convert.jpg
やっと出たのは、小ぶりで痩せたヤマメです♪
DSCN0802_convert.jpg
その次も、小ぶりなヤマメ。
DSCN0804_convert.jpg
全体的に、痩せていますね。
DSCN0806_convert.jpg
taiheiさんも、同じようなヤマメしか釣れていません。
DSCN0808_convert.jpg
去年来た時は、良いヤマメも釣れたんですけどね。
前回と今回、小ぶりなヤマメばかりです。
DSCN0809_convert.jpg
小さなポイントにキャストすると、そこからサイズアップしたヤマメがヒットします
DSCN0811_convert.jpg
taiheiさんが根掛かりしてしまったので、私がキャストさせてもらうと、私は枝越しに着水。
すると、そのままヤマメがヒットして宙ぶらりんにながらもランディングします
DSCN0815_convert.jpg
そんな事がありながらも、数はまあまあ釣れています。
DSCN0817_convert.jpg
水は綺麗で、渓相は抜群な渓です。
DSCN0818_convert.jpg
登るのに難しいポイントはそんなに無く、ずっと釣り上がれます。
すると、二股に分かれたポイントに差し掛かります。
左は滝、右は水量が減った沢となります。
そこがいつも、魚留になりあます。
DSCN0819_convert.jpg
その溜まりで、この日最後のヤマメがヒットします。
この滝を越えた先にも、良いポイントが現れるのですが、いつもヤマメはいません。
それを過ぎると、昔の林道が現れ、そこを通っていつも帰ります。
DSCN0822_convert.jpg
その林道には、大きなピストンが落ちています。
線路の後もあったし、恐らくここは昔、木を伐りだして運ぶトロッコがあったんじゃないでしょうか。
DSCN0823_convert.jpg
幅は狭いものの、岩場を切り出した林道が続いていており、眺めの良い所を通って、車を停めた場所のそばまで帰る事が出来ます。
この日はいつも降りる場所を通り越して、更に林道を歩いてみます。
途中、大きな鹿が現れ、谷底から水の音がし始めました。
するとその先で、地図に載ってない沢を見つけました。
少し探ってみましたが、どうやらヤマメが居そうだったので、この沢は来年、taiheiさんと探索してみます。
来年の楽しみが出来ました♬
taiheiさんは、今回シーズンラストの釣行となりました。
今年も色々とお世話になりましたね。
また来年、ここの渓を探索してみましょう!

                         I

Autumn of 2020 ~YouTube動画~

私のホームリバー、3部作の完結編、耳川の動画をYouTubeにアップしました

耳川 Autumn of 2020 ~渓の記憶3~

良かったら、ご覧下さい

9月14日 耳川水系

超大型の台風10号は、熊本では少し風が強いぐらいで済んだものの、耳川水系のある椎葉村では、人的被害が出ました。
我が家は、家の被害は出なかったものの、折れた竹や太い枝の跡片付けに、2日間掛かりました
台風の増水が収まりつつあるかなと、朝から久しぶりの耳川水系へ出掛けます
DSCN0749_convert.jpg
入ってみると、未だ増水しています。
ここは釣行がちょっと難しい所もあるので、増水で行けなくなるかもしれませんが、上ってみます。
分岐点で、まずはいつもの右を進みます。
どうも土日で釣り人が入ったらしく、真新しい足跡がありますが、どうでしょう?
DSCN0754_convert.jpg
しばらく反応が渋かったのですが、まずは綺麗なヤマメがヒットします
そして、いつもの足止めの淵に差し掛かります。
その淵にしつこくキャストしていると
DSCN0758_convert.jpg
今度は、ディープミノーにヒットします。
ここは前回、ドラグが鳴りっぱなしの大物を掛けるものの、フックアウトしたポイントでしたが、今日はお留守のようです。
お留守だったので、早目のお昼ご飯にします
お昼ご飯の後は、川の分岐点まで戻り、左の川が進めるか行ってみます。
DSCN0772_convert.jpg
すると、ことらの川の方が反応が良く、早速ヒットします♪
DSCN0780_convert.jpg
しかも、何匹か溜まっていてチェイスし、再びヒットです。
こっちも増水中、所々川を渡らないといけないのですが、行けるかな?
釣り上がってみると、少し流れは変わっているものの、何とか渡れそうなので、そのまま釣り上がります。
しばらく行くと、こちらでもゴルジュと深場で釣り上がれないポイントに差し掛かります。
DSCN0788_convert.jpg
そこで1匹ヒットさせ、一旦車に戻ります。
車に戻って、先程の渓を少し進んだ所から、再び入渓します。
DSCN0789_convert.jpg
その先でも、小ぶりなヤマメがヒット。
DSCN0794_convert.jpg
そして、ポツポツと出てくれます。
DSCN0797_convert.jpg
全体的に小ぶりですね。
この後、大きな淵が現れます。
その大淵に、多角的にミノーをキャストするとヒット~
DSC_0687_convert.jpg
サイズアップしたヤマメです♬
この大淵は、左右がゴルジュになっていますが、右の大岩の横だけ通れるので、そこを通って越えます。
越えた先にも、また大淵があります。
そこにはいつもヤマメが溜まっていますが、今回はどうでしょう?
DSC_0693_convert.jpg
やっぱり、小さいヤマメを含めて何十匹も溜まっています。
その中で、ダブルヒット~♪♪
と、ここで納竿とし、杉林を抜けて脱渓します。
もうシーズンも、残りわずかとなりましたね。
あと、何回行けるかな?

                         T

9月4日 緑川水系 ~台風と台風の合間2~

午前中に仕事が早く終わったので、お昼ご飯を買って、何度か入っている渓の更に上流部、初めての区間に入渓します。
いつもは渓の右側の林道を車で上って行くのですが、途中で草が生い茂っていてあまり進めません
ですがこの前、渓の左側にも道があるのを見つけたので、今回は左の道を上がり、入ったことの無い区間に入渓します。
道が狭く、車を止める所が中々見つからなかったのですが、開けた所が出たので、そこに止めてそこから入ります。
DSCN0729_convert.jpg
入渓すると、早速ヤマメがヒットします♪
ここは阿蘇の外輪山から流れ出る渓、水量はさほど多くなく、深くても膝ぐらいでアップダウンが少なく、一定にずっと流れています。
DSCN0730_convert.jpg
ルアーに一度反応した後、毛ばりで釣り上げたヤマメです♪
それからしばらくテンカラで釣り上がりますが、枝に良く引っ掛けるのでテンカラはやっぱ止めます。
と、車にお昼ご飯を置いていたので、一度戻ってお昼ご飯休憩にします
DSCN0733_convert.jpg
お昼ご飯を食べてからは、一度出た場所から再び釣り上がります。
ここは人が滅多に入らないみたいで、蜘蛛の巣だらけです。
DSCN0734_convert.jpg
ヤマメはそれ程多くは無いのですが、居そうなポイント5つ打って、やっと1匹反応があるぐらいです。
アブラメ(アブラハヤ)の方が、良く釣れます。
DSCN0736_convert.jpg
と、今回最大のヤマメは23cmでした
大きくない流れの渓ですが、時々良いヤマメがいます。
DSCN0737_convert.jpg
さっきと似ているヤマメですが、こちらの方が色が薄いですね。
最後と決めていた、二股に分かれているポイントに差し掛かります。
DSCN0739_convert.jpg
そのすぐ下で、この日最後のヤマメがヒットします。
二股の上は、水量が減っていてあまりいそうに無いので、ここまでとします。
脱渓には、車を止めた側の道が渓から離れていて、もう見えません。
逆は、すぐ側に林道があるので、その道を下って行き、車を止めた近くで川を渡って、車まで戻りました。
ここは、全体的にヤマメはいるものの、ポツポツといった感じです。
たまに行くにはいいですね。

このブログを書いているのは、現在9月6日の午後4時頃です。
超大型の台風10号が、今夜九州に接近して夜中に通過していくので、心配しています。
雨と風、九州への被害が少なく、人命に被害が出ずに通過して行く事を祈ります

                          M

9月3日 五ヶ瀬川水系 ~台風と台風の合間1~

渓は渇水気味が続いておりますが、九州の側を、台風9号が通過して程よい雨を降らせたので、イワナの渓へ出かけてみます。
今回はお昼ご飯を早めに食べてからの、3時間程の釣行の為、サクサク釣り上がります。
ここは前回5月に来ており、その時は魚影が薄くなっていましたが、今回はどうでしょう。
入ってすぐに、まず魚の反応があります!
おっ!と思っていると
DSCN0705_convert.jpg
早速ヤマメがヒットします♪
そして、大物が潜んでいそうな淵では
DSCN0706_convert.jpg
ヤマメのダブルヒット♫
幸先はヤマメの反応が良いです。道が横断している上からは、
DSCN0707_convert.jpg
今度は、イワナがヒットします♪
前回の5月より、明らかに反応が良く、魚が沢山います。
増水のタイミングで、魚が出てきたんですね。
DSCN0708_convert.jpg
ここからは、イワナが連発します。
DSCN0710_convert.jpg
お腹のオレンジ色が濃くて、綺麗なイワナです
DSCN0711_convert.jpg
最初の砂防までは、イワナが好反応。
砂防直下の浅瀬で、岩陰から飛び出して来ました。
DSCN0713_convert.jpg
砂防の上でも、まずはイワナです。
そしてちょっとした溜まりにキャストすると、元気の良い魚がルアーに食らいついて来ました。
DSCN0714_convert.jpg
今度はヤマメです。やる気がありますね
ん?このヤマメ、何かをくわえています。
DSCN0715_convert.jpg
良く見ると、毛ばりがのどに掛かったままです。
この状態でも死なず、むしろ元気に生きてみたいですね。
DSCN0716_convert.jpg
このままだと邪魔だろうから外してあげると、元気よく泳いで帰って行きました。
良かったね、ヤマメちゃん
こんな支流の上流でも、フライマンが入っているのにも、少し驚きました。
DSCN0717_convert.jpg
ここはこんな感じの所が多く、流木や頭上の枝が邪魔そうですけどね。
いつも大物が泳いでいる淵では、今日も大物が2匹泳いでいます。
奥の流れ込みにディープをキャストすると、ググッと当たりが!
しかしフッキングが甘く、すぐにフックアウト。
毎回ここの大物達は、攻略出来ずじまいです。
いつも脱渓しているポイントに差し掛かりましたが、水量もあるし、もう少し上まで釣り上がります。
すると、ちょっとした溜まりで
DSCN0721_convert.jpg
23cm程の、イワナがヒットします
ここから先は少し水量が減ってきますが、魚が上って来ているみたいです。
再び少し水量があるポイントで
DSCN0728_convert.jpg
今度は23cm程のヤマメがヒットします
水量が少なくなったポイントに来て、良い魚達が出てくれます。
その後、林道が横切って再び砂防が現れるのですが、その砂防の下まで、魚を確認出来ました。
今回はここで、納竿します。
前回は反応がいまいちだった渓が、水が増えた今回沢山出て来ていました。
ちゃんと魚達はいたんですね。
タイミングが会えば、渓流魚達は出て来てくれます。

                        S
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO STRADIC CI4+
     C2000HGS
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYSSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   SHIMANO CARDIFF NE
     S72L
   DAIWA LUVIAS 2506
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:Nikon COOLPIX W300

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
五ヶ瀬川               Summer of 2020~渓の記憶1+α~ 耳川 Autumn of 2020~渓の記憶3~ 緑川 Summer of 2020~渓の記憶2~ 五ヶ瀬川 Summer of 2020~渓の記憶1~ 2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示