FC2ブログ

9月29日 五ヶ瀬川水系 ~ラストデイ~

9月30日には台風24号が九州に最接近するという予報前日の29日にはすでに台風の影響により雨が降り始めています。
お昼前にやっと釣りに行くことが出来ました。
小雨の降る中車を走らせ、雨が降っていても木に覆われている所ならばと、雨も気にならない渓へ向かいます
入り口に釣り人がいたので、林道を上流へ向かってかなり走ります。
入ってみると、若干濁りが入っているので、スローに引けるスピナーをチョイス。
P9290487_convert.jpg
濁っていても、緩い所からヤマメが出てきます♪
小雨が降っていますが、釣り上がります
P9290488_convert.jpg
またも緩い所からヤマメです♫
この辺りから濁りが強くなってきます。どうやら上流の方から濁りが来ているみたいです。
ここの支流ではお目当ての流れ込みがあるので、そちらに行けば濁りはないだろうと、そちらの渓へ足早に進みます。
お目当ての渓に入ると、予想通りクリアな水が流れています(^^♪
P9290489_convert.jpg
そちらでは、パーマークがクッキリなヤマメがヒットします♬
こちらは入ってすぐは釣りにくいポイントが続きますが、釣り上がっていくと開けていて淵もあり、釣りやすくなります。
P9290491_convert.jpg
ちょっとした淵でヤマメがヒットしますここの渓もしっかりヤマメがいますね。
その後、1m程の淵が現れます。ここにスピナーを通すと、浅瀬まで追ってきた魚がギラっと反転します!
良いのが追ってきてたみたいです。あら~と思いながら、もう一度通すと~、グンヒット~
DSC_0132_convert.jpg
ランディングすると、そこにはいかつい顔をした、婚姻色の出たヤマメが横たわっています
DSC_0137_convert.jpg
計測すると26cm、体色は白っぽいのですが、しっかり婚姻色が出た良いヤマメです
昨年この渓に来た時もそうですが、何故かここの渓だけ白っぽいヤマメが釣れるんですよね~不思議な渓です。
そしてこんな細渓流でこの大きさは、ビッグサイズです。ヒットした時は思わずガッツポーズをしちゃいました
良い思いが出来たので、この渓を後にします。
また来年も良い渓であってね~

別の支流の、まだ入った事の無いポイントへ向かいます。
この時は雨が止んで、少し明るくなってきました。
足跡がありますが、構わず進みます。さてヤマメはいるのでしょうか?
P9290496_convert.jpg
小さいですけど、ここにもいました♬
P9290497_convert.jpg
所々に少し良い型もいたんですが、ヒットするのは小さいヤマメです。
この頃からまた雨が降ってきました
一度車に戻り、この支流の上流域へ向かいます
ここも入った事の無いポイントなので、ヤマメの生息調査です。
P9290498_convert.jpg
ここの渓は木に覆われていて、雨も降っていたので薄暗く、写真がうまく撮れません。
ですが、ちゃんとここにもヤマメがいます。
P9290500_convert.jpg
おチビさんヤマメです。
P9290501_convert.jpg
渓相は良いんですけど、おチビさんが沢山いました。
かなり上流まで車で行ってみましたが、渓が深く、何となく大物はいないかなという渓でした。
シーズン最終日の9月30日は、台風24号のお陰で五ヶ瀬川は濁流になっていました。
最終日は釣りが出来る状態じゃないので、29日のこの日がラストデイとなってしましました。
今シーズンもケガが無く、良いヤマメ達に沢山出会え、良い渓も沢山有る事が分かり、良い釣りが出来ました。
そんな自然に感謝し、釣りに行かせてくれる家族に感謝したいと思います。
それでは、また来シーズンに
スポンサーサイト

9月28日 五ヶ瀬川水系 ~ラストパラダイス~

仕事を済ませ、入渓出来たのは午後の遅い時間でした。
台風接近のため、お天気がもちそうなのはこの日までという事で、今年1回も行けてなかったヤマメのパラダイスへ向かいます
この日釣りが出来るのは1時間半程、山道を一生懸命登って入渓します。
ここのヤマメは豊富で、瀬尻や浅い場所にもいて、ノンプレッシャーです。
ルアーを引いてくると、小さいヤマメ達がわなわな着いて来ます。
     P9280481_convert.jpg
今年もしっかりヤマメがいてくれましたよ🎶
所々に淵が形成されているので、そういった場所では良いヤマメが潜んでいます。
P9280483_convert.jpg
そんな淵で、サビの入ったお腹の膨れたヤマメがヒットしますメスでしょうか?
この後前回良いヤマメを見た、くの字に曲がった流れに来ました。
高い場所から確認すると、良いヤマメ達が沢山泳いでいます。
その場所からミノーをキャストすると、そんなヤマメ達が興味をもって出てきます。
するとその中に、27、8cmはあろうかというヤマメも絡んで来ました!
来い!と思いながらしつこく攻めますがヒット出来ませんでした。
あのデカいのを掛けていたら、大興奮だったのにな~
P9280484_convert.jpg
あまり時間が無く、奥まで行っちゃうと暗くなって戻れなくなるので、早めに下ります。
ホントに小さなヤマメもヒットしていますが、写真を撮らず、触れずに即リリースしています。
この子達が大きくなって、来年また遊んでくれることを楽しみに、この素晴らしい渓を後にしました。

                         J

9月18日 五ヶ瀬川水系 ~テンカラ~

今年はテンカラをあんまりやってないな~という事で
P9180464_convert.jpg
今回は、テンカラ縛りでやってみます。
そこで毛ばりがキャストしやすい、開けた渓流をチョイス。
五ヶ瀬川は渓相が変わっていますが、ここの支流は相変わらずグッドです。
P9180461_convert.jpg
毛ばりをキャストしていると、毛ばりに絡みついて来たヤマメが見えて、早速ヒットします!
     P9180462_convert.jpg
そして、立て続けにヒットします!
幸先が良いですね♪
P9180465_convert.jpg
ここは一度入渓すると、脱渓ポイントまではかなり歩かないといけません。
今回はテンカラ縛りなので、ルアーは持ち込んでいないので、身軽です。
P9180466_convert.jpg
その分、深い淵などルアーで攻めたい所は、毛ばりで表層付近しか攻めれませんので、毛ばりに反応してくれる表層付近のヤマメしか釣れませんよね。
後半からは全く反応が無くなってしまいました(;^_^A
P9180473_convert1.jpg
脱渓ポイントには彼岸花が咲いていますもうそんな季節ですね。
上の道へ出ると、アスファルトの歩道を1km程歩いて車まで戻ります。
暑い中のウェーダーだったので、汗だくになりました。
                        S

9月17日 五ヶ瀬川水系 ~taihei079さんと~

禁漁まで半月を切ってしまいました。
9月14日に入った新しい渓に、17日のこの日、再び探索に行きます
     P9170444_convert.jpg
今回相棒に迎えたのは、源流志向の強いtaiheiさんです。
前回好釣なポイントだったので、まずはtaiheiさんに先行してもらいます。
入ってみると、前回より水位が下がっていますね~
あの時気づかなかったのですが、前回は増水してたんですね。
さてヤマメさんの反応は?あれ?なかなか出ない?
前回はそこで出ましたよ!そこで真っ黒なヤマメが出ました!
と言っているのに、出てくれません。おかしいですね~
P9170439_convert.jpg
そして、やっと出ました!黒いヤマメです!
P9170440_convert.jpg
次も黒いヤマメですが、痩せてますね。ちょっと釣れ始めました。
ここで前回5匹出た淵が現れます。
P9170441_convert.jpg
しつこく攻めていると、やはりいましたね。
ここでは、taiheiさんにもヒットしています
この後、前回引き返した滝のポイントに来ました
そこを2人で、やっとの事で登ります。
     P9170442_convert.jpg
滝の上では、ん?レールが落ちてます。しかもちらほらと。
きっと山の上の方には、木を切り出すためのレールが敷かれていたんでしょう。
P9170443_convert.jpg
やっとの事で1匹を追加します。
とここいらで、お昼休憩を取ります
その後、滑床の滝が現れます
その滝壺では、taiheiさんに良い型のヤマメがヒットしています♪
滑床の滝の上流に入ると、ヤマメの反応がパッタリなくなり、アブラメ(アブラハヤ)だけとなりました。
どうやら、滑床の滝が魚止めの滝だったようです。
P9170448_convert.jpg
だいぶ上った所では、斜面に人工的に石を積んだ場所が現れます。
そこの上は平らになっており、ずっと続いています。ここが昔、木を伐りだすためのレールを通した跡みたいです。
このレール跡はずっと続いており、岩場を削った場所もあり、茶わんや大きなエンジンのピストンも落ちていました。
昔の人はこんな所に道を通すなんて、凄いですね。
そのレール道を途中崩れている所もありましたが、ずっと通って最後は斜面を下って車を止めた所まで戻ることが出来ました。

一旦車に戻り下流へ走り、少し下からもとの位置まで釣り上がってきます。
渓相は釣れそうですが、あまり反応が良くありません。
P9170452_convert.jpg
砂防直下の淵に、しつこくミノーをキャストするとヤマメが出ます♬
砂防の上からは、ミノーのトゥイッチに疲れたので、小型のスプーンをただ巻きします。
小さなポイントの小さな流れにスプーンが着水すると、岩陰から魚が飛び出して来ます。
直ぐにスプーンをパクん、すかさず合わせを入れると、良い引きが!
DSC_0107_convert.jpg
taiheiさんの目の前で、24cm婚姻色の薄っすらでたヤマメを釣り上げます。
ここの川では大きい方ですね、良いヤマメが出ました
P9170458_convert.jpg
そこからも反応は薄かったのですが、小さなヤマメ。
P9170460_convert.jpg
そしてまた小さなヤマメを追加しました。
今回の源流帯は、なかなか面白い場所でした。ヤマメだらけだし、帰りはレール道を見つけたし、1人でも何とか行ける場所でした。

                       Y

9月12日 五ヶ瀬川水系 ~気になる渓へ~

天気予報では、雨が降る予報少し寒くもあるのでウェーダーで入渓します。
昨年気になる渓を見つけていたので、今回はそこを探索します。
入渓して一投目、いきなり魚が走ります!これは期待大です!!
しかし渋い区間となったので、スピナーで攻めます。
P9120405_convert.jpg
やっとヤマメがヒットします♪やはりヤマメがいますね。
P9120408_convert.jpg
次は綺麗なヤマメです
P9120409_convert.jpg
ここからはヤマメが釣れ始めます♫
滑床の小さな滝の上の小さなプール、そこにスピナーをキャストすると、岩陰から飛び出して来ました。
P9120415_convert.jpg
幅広、22cmの赤みがかったヤマメです
ここからはミノーにチェンジして、攻めます。
P9120417_convert.jpg
小さなポイントでも釣れてくれます。
この辺りで小雨が降ってきていますが、木に覆われた渓なので、雨は気になりません。
この後大岩に囲まれて、一番暗いポイントに差し掛かります。
大岩の向こうが淵になっていますが、目視出来ないので、感でミノーを打ち込みトゥイッチを入れます。
DSC_0088_convert.jpg
イワナかな?っと思うぐらいの黒いヤマメがヒットします。
サイズは20cmぐらいですが、サビと婚姻色が出たヤマメです
こんなのがいたんですね、初めてこういうヤマメを釣りました。
P9120421_convert.jpg
次のヤマメもサビてますね~
DSC_0091_convert.jpg
なかなかこういうヤマメに出会えないですね。
P9120426_convert.jpg
ここの淵では、これぐらいのサイズが5匹程釣れました。
もう写真も撮っていません
空が開けていて、段落ちの滝があるポイントに出ます
今回はこの滝までとしますね。
小雨が降っているし、1人だし、携帯入らないし、そこから先はまた次の機会に探索します。
P9120429_convert.jpg
流れがぶつかる淵で、これまた綺麗なヤマメです
P9120430_convert.jpg
段落ちの滝つぼで、出てほしいな~という所で、出てきてくれました
今回はここまでとして、更に奥は別の機会に探索すると誓って、山の中を下ってみます。
途中獣道を頼りに、なんとか林道に出ることが出来ました。
林道の眺めの良い所で昼食を取ります

この後は、最初入渓した場所のすぐ横に別の渓があったので、そちらを今度はテンカラで攻めます。
P9120431_convert.jpg
こっちの渓にもヤマメがいましたね。
P9120432_convert.jpg
川が小さいので、ヤマメもそれなりですね。
P9120433_convert.jpg
こちらの渓は長くないので、すぐに終わります。
P9120434_convert.jpg
最後は下ったところで、1匹追加して納竿します。
今回の渓は源流域で初めてのポイントでしたが、トータル20匹ぐらい釣りましたね。
恐らく水量は普段より多めですが、タイミングが良かったのか良い釣りが出来ました。


                         Y

8月27日 五ヶ瀬川水系

最近入っているイワナの渓へ、お昼ご飯を持って出かけます
渓へ通じる道に、新たに土砂崩れが発生しており、車を手前にしか置けなくなっています。
さて、良い型のイワナに会えるでしょうか?
P8270387_convert.jpg
先日の台風のお陰で若干水が増えていますが、最初に飛び出して来たのは以外にもヤマメでした。
前回好調だった淵では、今回は反応がありません。あれ?
P8270388_convert.jpg
やっとイワナが出ます♪
前回来た時はもっと反応が良かったのですが、今日はあまり出てくれませんね。
1カ所だけ、真新しい足跡がありました。そう言えば道端にパンの袋も落ちていたので、週末に誰か入っているのかもしれませんね。
P8270389_convert.jpg
またヤマメが出てくれます。
小さなヤマメは出ますが、型が良いヤマメはいません。
この渓はやはりイワナが優位に立っています。
P8270390_convert.jpg
そしてチビイワナ♡
P8270391_convert.jpg
チビイワナが連続ヒット♡♡
この後、砂防を越えた所でお昼ご飯休憩にします
ここからは第2ラウンドです。
P8270394_convert.jpg
まずはイワナがヒットします♫
P8270395_convert.jpg
食いつきがちょっと悪いので、スローに誘えるスプーンでヒットします。
この後、ここでは大きな淵が現れます。
そこにスプーンをキャストすると大きな魚体がニョロ~と出てきます
勇に尺を越えているイワナです
ミノーにチェンジし隠れている岩の側を通しますが、それから1度だけ出て来て出なくなりました
やっぱり淵には大物がいますね~。
P8270396_convert.jpg
その後に再びチビヤマメです。
また大淵が現れます。
ここにミノーをキャストすると、あちらこちらから泣尺ぐらいの魚体が3、4匹現れます
もう一度キャストすると、追尾はしてくれるのですが、なかなか食らいついて来てくれません。
良い型が何匹もいたんですが、結局釣れませんでした、難しいですね~。
     P8270398_convert.jpg
ここの渓で最後もイワナが出てくれました。
荒れた林道を下り、車へ戻ります

戻り掛けに隣のイワナの渓にも行ってみます。
ここでは前回入った時より、草が生い茂っていました。
P8270400_convert.jpg
こちらの渓の方が規模は小さいのですが、良い型が出てくれます。
落ち込みの淵で倒木があるポイントでは、泣尺のイワナが一瞬出てくれました。
P8270402_convert.jpg
最後もイワナです。
今回は大物を見ちゃっただけに、そいつを釣りたかったですね。

                      SA

8月9日 五ヶ瀬川水系

お盆も近づいてまいりました。
お盆は川に入らないとして、お盆前に猛暑から逃げるように五ヶ瀬川の源流域に行きます。
源流域に入ると、水がぬるい猛暑の影響でここまで温かくなるとは。
魚の反応はどうでしょう?
チャラ瀬には魚がいませんが、ちょっと深くなっている所に何匹かいました。
P8090366_convert.jpg
しばらくしてやっとヤマメがヒットします。
     P8090368_convert.jpg
イワナもいるんですが、ヤマメだけがヒットしてきます。
昨年以来の入渓ですが、その時もあまり魚がいませんでした。
昨年の台風で大水が出たので、その時に魚が減って、まだ数が戻ってきていないようです。
P8090369_convert.jpg
あまり型の良いのはいませんでした。
今年の五ヶ瀬川は、昨年の台風以来淵が埋まり、渓相も変わり全体的に魚が釣れなくなっています。

7月17日 五ヶ瀬川水系 ~Prime Baitさんと3~

海の日の翌日の朝、Prime Baitさんがいつも車を止めている駐車場に「あれ?車がある?」泊まってましたね。
という事で、この日は朝から一緒にちょっと離れた支流へ行きます
とても綺麗な支流でイワナが多くいる渓ですが、連休で叩かれているかもです。
入り口には足跡らしきものが残っています、やはり連休は誰か入っていますね。
前回尺イワナを出したポイントでは反応が無かったのですが、そのすぐ上で
     P7170318_convert.jpg
最初は小さなイワナが遊んでくれます♪
流れが分散していてポイントが点在しているので、分かれて釣り上がります。
P7170319_convert.jpg
おっ、小さいですがヤマメも顔を出します♫
P7170320_convert.jpg
所々深みがあるので、重めのバルサでイワナがヒット🎶
この後ルアーを根掛りしてしまい、ロッドで取ろうとするとロッドの先が挟まっちゃってる
しょうがなく手でルアーを回収すると、あれ?ロッドが何かおかしい?
げっ、ロッドの先っぽがポッキリ折れちゃってます、またやっちゃいました

ロッドが使えなくなったので、いつもバッグに忍ばせているテンカラに切り替えます。
Prime Baitさんにテンカラの説明をしながら毛ばりを打ち込みます。
岩の向こう側、流れは見えませんが毛ばりは打ち込めますので、打ち込んでいると~
P7170322_convert.jpg
良いイワナが毛ばりにヒットです
Prime Baitさんの目の前で見せる事が出来ました
P7170324_convert.jpg
この後しばらくして、お昼休憩にします
下界は連日35度以上の猛暑日が続いていますが、ここは標高約1000m木が生い茂って日陰なのでとても涼しいです
写真の目の前の溜まりに複数のイワナの姿がいました。
毛ばりを打ち込みますがチョット見に来るだけです。でもPrime Baitさんがルアーをキャストするとたまらずイワナが喰らいついて来ました。毛ばりよりルアーの方が反応が良いですね。
次のポイントでは、ルアーを通すには短くエサを待っているようなイワナが見えます
ここは毛ばりの出番ですね。定位しているイワナの鼻っ面に毛ばりを流そうと打ち込みます。
しかしまだ未熟な私は、距離が足らずチョット手前に毛ばりが落ちます。
するとイワナの方からふわっと毛ばりに泳いできて、パク
P7170328_convert.jpg
イワナの方から釣れて来てくれました
この後からは毛ばりの反応が悪くなります。
毛ばりを打った後に、Prime Baitさんのルアーでヒットします。
P7170329_convert.jpg
しかしヤマメは毛ばりが良いのか、テンカラに出てくれますね。
P7170330_convert.jpg
やっぱり最後も毛ばりにヤマメが出ます。
ここの渓は岩魚9割:山女1割ってな感じですかね。

                          K

7月14・15日 五ヶ瀬川水系 ~Prime Baitさんと1・2~

西日本豪雨の被害に遭われた方々には、お見舞いを申し上げます
その時私も福岡まで仕事で行っておりましたが、九州自動車道が門司~人吉まで通行止めとなり、いつもなら高速3時間で帰れる距離を、下道9時間で帰ってきました
西日本豪雨で五ヶ瀬川も大増水しておりましたが、海の日の連休頃には落ち着きました。

7月14日
釣り仲間のPrime Baitさんが、海の日の連休に五ヶ瀬川に来るというのでご一緒します。
私は昼過ぎまで仕事だったので、午後から合流。
そして穴場の支流へご案内。
いかにもいそうなポイントがありますが、ノーフィッシュ。
その後から、10cmにも満たないヤマメが少し遊んでくれます。
五ヶ瀬川に戻りますが、やはりここでもチビヤマメ。
あまり良い思いは出来ずにこの日は納竿です。

7月15日
私はまた午前中仕事だったので、午後から合流する事に。
連休の日曜日で釣り人があちらこちらにいたそうです。
五ヶ瀬川は難しそうなので、支流へ入ってみます。
しばらくは開けていて何も反応が無かったのですが、突然私のルアーに反応が
P7150309_convert.jpg
急に良い型のヤマメがヒットします
それからしばらく釣り上がりますと、小さなヤマメがちらほら釣れ始めます。
大きな木の下に私のルアーをキャストすると、緩い所から飛び出すヤマメもいました
ここではお互い小さなヤマメに遊んでもらいました。

要件があったので一度別れ、再び合流します。
次はイワナの支流へ向かいます。
ここは道幅も狭く、軽でないと登れません。
途中鹿がお出迎えそして間伐材が道を塞いで車で通れなくなっています。
しょうがないのでそこに車を止めて、すぐそばの渓から入渓します。
入ってみると、いつもより水量多めで良い感じです。
しかもワンキャスト目から魚がチェイス!
その後、Prime Baitさんが良い落ち込みでルアーを根がかりしたので、その落ち込みにルアーをキャストさせてもらうと
P7150311_convert.jpg
ドンッ、25cmの良いイワナがヒットします
P7150313_convert.jpg
Prime Baitさんにも良いイワナがヒットしていました。
そこからはちょっと開けたポイントに来ました。
昨年入った時にあった林道の橋が流され、川幅も広くなっています。
台風か大雨の被害でしょう。でも川幅が広くなった分、釣りやすくなっています。
P7150314_convert.jpg
ここからは、お互いにイワナが連発します
P7150315_convert.jpg
しかも24、5cmぐらいの良い型ばかりがヒットして、楽しませてくれます
穴場的なポイントで、良い思いができました。
P7150317_convert.jpg
夕方6時になったので、砂防までで納竿し渓を後にします。
夜は近くの居酒屋でPrime Baitさんとビールで乾杯
その後地元の知り合いの人も交じり、更に楽しいお酒となりました

                       OAS

6月22日 五ヶ瀬川水系

梅雨に入ってから最近、大雨洪水警報が出ています
被害はなかったのですが、五ヶ瀬川は茶色く増水しました。
昨日と今日は雨が止んでいるので、渓流へ行こうと思ったのですが、五ヶ瀬川は未だ濁りが強く釣りにならない状態です。
そこで午前中、イワナの渓の支流へ行ってみます。
やはり、ここは少し増水しているもののクリアです
以前入ったポイントより下流に入ります。
入ってすぐは反応が無りませんね~
林に囲まれて薄暗い所に、背丈位の滝が現れます。
その落ち込みのすぐ右側には、良い感じのプールがあります
そこにルアーを落とし扇状にトゥイッチを入れると~
P6220304_convert.jpg
30cmジャストのイワナが出ました
そう言えば大きなイワナの塩焼きは食べた事がないな~と思い、このイワナは持ち帰ります
その後結構上って行きましたが、パタリと反応がありません。

以前イワナの反応が良かったポイントまで出てきました。
ここは開けているので、テンカラにチェンジ
テンカラは裏技で竿を短くし、ラインも1.8mで使用します。
P6220306_convert.jpg
すると毛ばりに早速ヒット♪
P6220308_convert.jpg
立て続けにヒットします♫
前回良いのがいた落ち込みでは反応がありませんでした。
今回はお昼過ぎで納竿します。
30cmのイワナを川で捌くと、お腹の中に小さな卵が入っていました。
今ぐらいから卵を持つんですね。
イワナは塩焼きにして、家族みんなで美味しく頂きました。
尺物、旨し!

                        A
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYKSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   DAIWA LUVIAS 2506
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO RARENIUM CI4+
     C2000HGS
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:OLYMPUS TOUGH TG-310

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
539位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示