FC2ブログ

8月5日 山梨遠征 ~2日目~

山梨遠征の2日目は、山梨中央漁業管轄の渓流へ出かけます。
前日に釣具屋さんで聞いていたポイント、〇〇峡へ行ってみます。
着いてみると、渓は深いし、遊歩道が通っているし、水は濁っているしで釣れる気がしません
その上のポイントでも、一応竿を出してみますが、観光客がそこら辺にいる感じで、全く釣れません。
そこでこのA川の上流域へ、ダムを越えて大きく移動してみます。
結構山の中まで来ましたが、家が点在しています
P8050832_convert.jpg
奥地に来るとやはりこの看板、くまモン注意があります
この後、色々な場所を巡りますが、どこも全くチェイスがありません。
通ってきた所で入れそうな所があったので、そこまで戻ります。
その場所で橋の上から渓を覗いていると、漁協の人が現れました。
「魚権を持っていますか?」と尋ねられ、私は遠征する時、必ずその漁協の1日券を前の日に買って、釣行するようにしていますので、魚権を見せてこの辺りのポイントを聞いてみました。
この辺りは人が必ず入っているポイントだけど、しんどいけどがんばって岩場を登って行けば、この辺りにはいるとの事。
それと熊には気を付けて下さいね。熊鈴が効かないのもたまにいるらしいですよ。と情報を頂きました。
それからは熊鈴をガンガン鳴らしながら、釣行しようっと…
     P8050837_convert.jpg
結構な大岩と崖を登って行きますが、ここでも無反応です。あれ?
     P8050835_convert.jpg
上りはちょっとしんどいので、休憩
P8050842_convert.jpg
夏空と、巨石、この辺りは透明度が高いですね
このポイントの大岩のエグレにルアーを流し込むと、何匹もの魚がチェイスしてきます
そして再び同じポイントにキャストすると、やっとヒット~♪
P8050841_convert.jpg
小さめですが、やっと綺麗なイワナがヒットします
実はこのイワナ、ランディング直前にフックアウトしてしまいまして、岩陰に逃げ込んじゃいました。
まだその場所にいるんでは?とランディングネットでガザガザすると、キャッチ出来たイワナです。
何とか1匹だけイワナが釣れたし、帰りまた高速で渋滞にはまると嫌だなという事で、ここで山梨遠征の釣行を納竿とします。
2日間の結果は渋かったですね。でも綺麗な渓相で遊べて良かったです。
またいつか、山梨の別の川で釣りをしたいものですね。
帰り道、公園の水道で靴をじゃぶじゃぶ洗って、帰路に着きました
スポンサーサイト



8月3・4日 山梨遠征 ~1日目~ 

毎年恒例の、奥様の実家(埼玉)への帰省の季節となりました
毎回同じ日にちで帰っておりますが、今回も私は8月3・4・5日でレンタカーを借りて遠征釣行です
今回の目的地はズバリ!山梨県です。

8月3日
高速道路の道中、圏央道と中央道でちょっと渋滞にはまりましたが、無事山梨に到着します。
初日は、以前山梨でお世話になったいた場所がありまして、そこにそれぞれ挨拶回りをして来ました
挨拶が終わると、目星を付けていた渓流へ下見に出掛けます。
すると、ことごとく濁っています。あれ?上流へ行ってみると、至る所の河原で重機が砂利を採取していました
それでか~、考えていたポイントは悉くダメです。読みが外れたな~と思いながら、その日は甲府に宿泊する予定でしたので、甲府の釣具屋さんで情報を入手し、次の日はその情報の渓流へ行くことにします。
夜は、甲府の先輩と長野の友達と3人で飲むことになっていたので、合流し美味しい地元料理を頂きました

8月4日
釣り初日は、釣具屋でゲットした情報を元に、峡北漁協管内の渓流へ向かいます。
地図を頼りに行きますが、実際川を見てみないと良い場所か判断は難しいですね。
まず入ったのはD川、後から来た釣り人から情報を聞き、私はそのまま上流へ釣り上がります。
P8040823_convert.jpg
少し濁り気味の川を100m以上上りますが、全くチェイス無し。
ですが、写真のポイントで急に魚影が走りヒット~(^^♪
P8040822_convert.jpg
朱点が小さいものの、23cmのアマゴです
知らない土地で1匹目が釣れて良かった~♫
その後またぱったり。でも一か所だけ、急に飛び出した魚影があったものの、一回きりだけでした。
P8040824_convert.jpg
その後、堤防下で小さいアマゴを追加します。
この後すぐ、この渓を脱渓し、別の渓へ移動します
P8040827_convert.jpg
移動した先のK川は、綺麗な川ですが、全く魚がいません。
しょうがないので、ここで昼食にします
そして今度は大きく移動してO川で竿を出し、ダメで違うO川へ
P8040831_convert.jpg
一番奥のキャンプ場を抜けて林道を走り抜けると、水が綺麗な渓流に出ました。
     P8040829_convert.jpg
ここでは直ぐに小さなアマゴがヒット♫
P8040830_convert.jpg
そしてまた同じサイズがヒットします♪♪
この後脱渓して林道に戻ると、ゲートがありました。
そのゲートのそばで自転車を出している人がいたので、「釣りですか?」と聞いてみると、自転車で上流まで行って釣りをするという事でした。
その人との話の中で、色々とこの辺りの情報を頂きました。ありがとうございます。
この日は、これにて納竿とします。
明日は別の漁協管轄へ行きますね。

5月24日 伊豆遠征 ~狩野川水系2日目~

修善寺の温泉旅館に泊まって次の日の朝、年のせいか自然と5時頃に目が覚めてしまいます。
良し、朝食前にちょっと竿を出してみます。
狩野川水系O川
そうそう、狩野川水系は修善寺を流れる川ですが、5月20日より狩野川ではアユ釣りが解禁となります。それに伴い、狩野川の本流ではアユ釣りがメインとなり、ルアー・フライ・テンカラは狩野川の本流で釣りが出来なくなるので、支流で釣らなければならなくなります。
今回は漁協のある川、前日修善寺駅近くの釣具屋さんで、この日の日券を購入しておりました。
早朝入ったO川は、本流に近い所だと釣りが出来ないので、少し上流へ入ります。
P5240666_convert.jpg
入ってみると、先週末の大雨のお陰か、普段からか水量が多めです。釣行するのもしんどいぐらいです。
魚影はというと、少しは反応があるもののあまりいませんね~
P5240667_convert.jpg
気温低めの中、何とか早朝1匹だけ出ました♪
他のポイントも少し探りますが、全く反応がないまま朝食のため一度宿へ戻ります。
狩野川水系M川
朝食後は違う支流へ向かいます。
移動中狩野川本流を見ると、アユ釣りの人が朝からごった返しています。これだと、ルアーは入れないね。
P5240669_convert.jpg
目的の支流へ着いてみると、かなり良い流れです。
支流なのに、水量が多く釣りやすそうです。これだと今の五ヶ瀬川よりこちらの方が水が多いです。
さて、アマゴはいますかな?
大岩の向こうの流れが少し緩んでいる所に、ルアーをドリフトさせながらトゥイッチを入れると
P5240670_convert.jpg
ここでもアマゴがヒット
天気も良いし、綺麗な渓相でアマゴ、良いですね
P5240671_convert.jpg
この小ぶりなアマゴは、朱点がほとんど無くヤマメみたいです。
P5240672_convert.jpg
次に釣れたのは、一番朱点が出ている、アマゴらしいアマゴです
開けていた渓流がこの後少し狭まり、木に覆われたポイントに差し掛かります。
大岩の向こうにスリット状に流れがありまして、ああいうポイントって魚が付いているんだよな~とルアーをキャストすると
P5240674_convert.jpg
この日一番、25cmの朱点の無いアマゴがヒットします
思わず「よっしゃ」と声を出してしまいました。
     P5240675_convert.jpg
そしてまた1匹追加します♫
アマゴの渓流ですが、朱点が少ないのが多いですね。
この後しばらく釣り上がっていると、反応が薄くなって来たので、車で更に上流へ移動してみます。
P5240677_convert.jpg
車で走っていると、綺麗な渓相が見えたのでここに入ってみます。
写真の上の方の流れ込みが、深くなっていまして、そこにキャストするとかなり良い型の魚影が飛び出します。
その魚は1度だけでしか顔を出さなかったのですが、この辺りも居そうですね。
その上の小さなスリット状のポイントで、落ち込みにルアーを落とすと、ググッ
P5240678_convert.jpg
またも良いアマゴがヒットします
ここの支流は良いですね~、釣り好きな義兄が今転勤で神奈川にいるので、この場所を教えておこ~っと。
このすぐ上には堤防下の大きな淵がありましたが、そこでは全く反応がありませんでした。
堤防の上からは開けているので、ちょっとテンカラに変えてアマゴを狙ってみます。
開けてはいますが、水深が浅くなってますね。
ドライフライをキャストすると、時折食ってくるのですが、小さすぎて中々のりません。
P5240681_convert.jpg
やっと毛ばりにかかったのが、こんな小さなアマゴです。
この辺りはこの位のしかいないのかもしれませんね。
この時点で午後1時となり、レンタカーを品川駅で返す時間と、羽田空港まで移動する時間を考え、時間に余裕を見て2日間の釣行をここで終える事にします。
2日間、それぞれ半日程の釣行でしたが、初めての場所にしては、なかなか釣れてくれて、楽しい釣りとなりました♫

5月23日 同窓会と伊豆遠征 ~単独河川1日目~

かれこれ20年ほど前、一緒に釜の飯を食い一緒に寝泊まりして共に過ごした仲間たちと、10年ぶりに東京で同窓会を行いました
みんなそれぞれに年を感じさせる年齢となっており、私も年を取ったなと感じさせられる同窓会でした
次の日私は、新宿でレンタカーを借りとある場所へ向かいます
同窓会の仲間たちと過ごした20年前に、その時お世話になった方が4年前に亡くなられておられまして、その方へお参りに行こうと伊豆へ1泊2日で出かける計画です。
お昼前に沼津市戸田のお宅へ到着すると、その方の奥様がちょうど庭先に出られておりました。突然訪問したため、私が20年前お世話になったとお話をすると、私の面影を思い出されたようでした。
遺影にお参りをさせて頂き、昔話をしていると、お昼ご飯を御馳走になる事になりました
色々な事をお話しさせて頂きましたが、私も奥様との話しの中で、その当時の初心のあるべき姿を思い出させて頂きました。
有難う御座いました

ここからはもう一つの計画、伊豆での渓流釣りの話しです。
最近知ったのですが、伊豆には渓流が流れており、アマゴが釣れるのです。しかも、漁協がある川と漁協が無いけどアマゴが生息している川もあるとの事です。
お昼ご飯を頂いて後、すぐそばに流れている川のすぐ上流では、漁協が無いもののアマゴが生息しているという情報をネットで知っていたので、そこに釣りに出かけます。
伊豆半島単独河川H川
P5230649_convert.jpg
ここはすぐそこが海ですが、標高150m程のあります。
入ってすぐの1投目でチェイスがあり、期待大です!
その後しばらく釣り上がると、少し反応はあるのですが、徐々に魚がいなくなってきました。
その後、更に上流へ車で移動して入ってみますが全く反応がありません。これは上流の方にはいないなと、最初に入ったポイントより下流から入ってみます。
P5230650_convert.jpg
すると、やはり出ました!伊豆で初めてのアマゴちゃんです
ちょっと朱点は薄いですが、漁協の無い川でしっかり生息してくれています。
P5230651_convert.jpg
ここからの区間、すこぶる反応が良くなってきました♪
P5230652_convert.jpg
木に覆われていて、少し薄暗い感じの渓流です。
P5230655_convert.jpg
ポイント毎にアマゴちゃんがいてくれます♫
P5230656_convert.jpg
こんな小さなアマゴちゃんまで、生息しています。
ここで繁殖したのでしょうか?
小さな渓流で人が頻繁に入ると、釣り切られてしまいそうな渓流ですけどね。
P5230658_convert.jpg
誰か地元の人が放流してくれているのかも知れませんね。
こういった渓流は大切にしたいものです。
P5230661_convert.jpg
全体的に小ぶりですが、午後からで7匹のアマゴちゃんが釣れました
取りあえず、知らない土地で釣れてホッとします
P5230662_convert.jpg
納竿した後峠を登ると、そこには穏やかな駿河湾に夕日がさしています。
P5230665_convert.jpg
峠を越えた先の目的地は、本日の宿泊地、伊豆の修善寺温泉です。
ここで温泉に浸かって夕食を頂き、長旅の疲れを癒します
2日目は、朝からお昼過ぎまで釣りをして、夜の飛行機で帰路に着きます

8月5日 山形遠征 ~3日目・山形市~

とうとう3日目の最終日となりました。
また東北道を300km走らないといけないので、お昼ぐらいまでがタイムリミットです。
最終日は山形市内の漁協が無い川です。
最上川水系・M川
     P8050356_convert.jpg
山形の渓流に出掛ければ、どこでもくまモンに注意ですね
ここは上流にダムがあり、ダムから放流された水で川が出来ています。
入渓してみると、水量が多くて立ち込めません、しかもかなり濁っています。
後で分かったのですが、ダム自体の水が濁っていました。
岩の上に立ち、流れが強いので緩いポイントをダウンでしつこく見せていると~
P8050353_convert.jpg
良型のヤマメがヒットします
最終日にやっと良いのに出会えましたね♪
P8050360_convert.jpg
その後別のポイントに移動中、サルの群れに遭遇します
移動先ではヒットがあったのですが、バラシちゃいました。
     P8050364_convert.jpg
隣の支流へ移動します。
ここは水が透き通っていてかなり綺麗です
P8050365_convert.jpg
ロッドにトンボが止まりに来ますが、魚が全くいません
やっと1匹出たぐらいでした。
ここでお昼になったので山形県を後にします。
帰り道に宮城県の渓流を覗いてみました。
宮城県側は水量が豊富でしたね、釣り人もちらほらですが、釣れてなさそうでした。
今回の山形遠征は、超渇水と酷暑の中と条件はかなり厳しかったですね。
もっと私好みの渓流がいっぱいあるのかなと思ったら、盆地で里川が多い印象でした。
地元の五ヶ瀬川って意外と良い渓だという事に気づきました。
ちゃんと水量がある時に、またいつかリベンジしたいですね。
IMG_20180804_190112_convert.jpg
居酒屋で食べた芋煮はほんと美味しかったです。
また食べにいかねば
トヨタの86で走った総走行距離は約1000kmでした

8月4日 山形遠征 ~2日目・県北の鮭が遡上する川~

2日目は、早朝より山形市内を出発し車を北へ走らせます
4車線の国道や無料のバイパスを走って行きますが、山形の人はやっぱりビュンビュン走ります
目指すは鮭も遡上してくる川です。
到着してみると、県北もやはり渇水ですね。
そこでダムより上流を目指そうと林道へ入ってみますが、道幅が狭くなり林道が荒れてきました。
86では流石にこんな所は走れませんね。
あきらめてダムより下流へ向かいます。
最上川水系・S川
P8040335_convert.jpg
鮭も遡上してくる川ですが、渇水でチャラ瀬になっています。
P8040337_convert.jpg
知らなかったのですが、山形は盆地で暑いらしいですね
標高的にも200~300mぐらいで、我が家の方が標高が高いぐらいです。
最近の猛暑で川もぬるく、藻だらけです。
ここではまずはウグイと、小さなヤマメがヒットします。
最上川水系・M川
お昼頃に、別の支流へ向かいます。
JRの奥羽本線の無人駅で昼食を食べて、入渓の準備をしていると、地元の駐在さんが話しかけてきました
若い駐在さんで、どうやら86に興味を持ったみたいでした。
熊本から来たと話したらビックリしていましたが、「とにかく熊には気を付けて下さい。」と話していました
P8040338_convert.jpg
さっきよりかは、良い感じですが、何故か魚が全くおりません。
駐在さんの話だと水量が連年の半分以下だと言っていましたが、渇水のせいでしょうか?
最上川水系・K川
中流域だと、猛暑と渇水でダメだと思ったのでダムより上流を目指します。
到着すると、登山道もあるためか車が2台止まっています。
そこに車を止めると、今までにないほどのアブが車にアタックしてきます
P8040344_convert.jpg
ここも水量少な目ですが、透き通っていて綺麗で涼しいですね
ちょっとしたシェードで何匹か魚がチェイスしてきます。ここは期待大です。
P8040339_convert.jpg
ここでやっと小さなヤマメがヒットします♪
小さいのばかりですが、何匹もチェイスしてきて反応が良いですね。
P8040341_convert.jpg
ここでイワナもヒットしてくれます♫
川のすぐ横を林道が通っているのですが、釣り人が1人・2人組と帰って行きました。
人が入った割には、魚たちの反応がすこぶる良いですね。
一番手前から入ったのですが、釣り人はもっと上流から入ったのでしょうか?
P8040343_convert.jpg
また小さいヤマメです♬
水量から考えれば、大きいのはいなさそうです。
人の姿が見えるので、クマ除けにクマ鈴を持っていますが、ちょっと安心できます
P8040350_convert.jpg
少し深みの流れ込みで、サイズアップしたイワナです
ここではこれが大きい方でしょうね。
その後も1人でしばらく釣り上がります。
木に覆われていますが、木が大きいのでテンカラでも投げやすそうです。
かなり奥まで渓は続いていますが、1人なので無理はできないので、程々で車に戻ります。
車に戻ると止まっていた車は無くなっていましたが、バスーカのようなカメラを外に立てた車が新たに止まっています。
アブの猛攻で車から出れないみたいでした
でもこのアブは刺さないので、可愛いもんです。
帰り道にメジャーな川や最上川を覗いてみましたが、本流も渇水でした。

8月3日 山形遠征 ~1日目・米沢~

奥様の実家、埼玉に帰省しておりまして、その間8月3日~5日にかけて、山形県へ遠征してまいりました
埼玉からレンタカーを借りて、東北道を北へ走ります。距離を走るので、今回はスポーティーなトヨタ86をチョイス
東北道を300km走ります。かなり走らないと行けませんが、東北の人達はみんなすごくスピードを出しますね。みんなビュンビュン走っています。私も86ですから負けてられません
P8030331_convert.jpg
そうこうしていると、やっと着きました。山形県初上陸ですまずは米沢へ
夕方に到着、道中はかなり暑かったのですが、ここは涼しいです。
釣具屋さんで1日券を購入し情報を聞くと、山形では6月からまともな雨が降っておらず、県内全域渇水だそうです。
おおよそ目星を付けていた川を見ると、話の通り水が細くなっていて全く釣りにならない状態。
それではと上流を目指します。
最上川水系・O川
P8030332_convert.jpg
温泉近くで、私好みの良さげな渓を見つけましたここに入渓します。
車を停めると、アブが何匹も車にバンバン当たってきますでも刺さないから迷惑にはならないですね。
東北はクマがいるので、クマ除けにちゃんとクマ鈴を持ってきています
入って直ぐ、ルアーに魚が出てきました。これは期待大です。
その後も石の陰から魚が出ます。でもいまいち食いついて来ませんね。
P8030333_convert.jpg
ここでやっとおチビなヤマメがヒットします。
良い型の魚を確認することを出来ますが、いまいちやる気がありません。
すると川の至る所に、ピンクのテープが下がっています。
そういえばさっき、下流で測量の人がいました。
この人がここの川に入って測量をしていたんですね。それで魚の反応が悪かったみたいです。
その後最後に1バラシ、初日は時間が無かったのでこの1匹だけで納竿とします。
宿は山形市内で2泊取っていたので、暗くなる前に山形市へ車を走らせます。

8月4日 福島遠征 ~阿賀川水系~

4日はホテルで朝食を済ませ、峠を一つ越えた先の福島県南会津へ行きます
初めての福島県での釣り、ポイントが解らないので、ネットで南会東部漁協の情報だけ調べて地元釣具屋さんを目的地に走ります。
地元釣具屋さんで一日券を購入し、どこがお勧めか情報を得ます。
とある支流と、本流を勧められたので、最初は本流の阿賀川へ行ってみることに。
P8040032_convert.jpg
この本流は日本海に注ぐ河川ですが、国道から見た感じは水量が少なめです。
そんな中でも面白そうなポイントを見つけ、ダウンで流します。
このガンガン瀬の下で、プールに流れ込むポイントがありまして、そこまで攻めますが全く反応がありません
本流を早々に切り上げ、釣具屋さんに聞いていた支流へ車を走らせます

渓相を見ながらずっと上って行くと、最後の集落らしき所を抜ければ上流域に行けそうなので行ってみます。
橋の上から見ると良い流れ。落差があってどっから入っていいか解らないのですが、渓流の感が働き川沿いまで降りれる林道を見つけます。
そこまで車で降りて行き、まずは早めの昼食をとります
そしていざ福島の渓流へ入りますが、ここは熊もいるポイント車のクラクションを3回程鳴らしてから入渓します。
P8040033_convert.jpg
入ってみると、私好みの渓相
最初のポイントでダウンに流すとキスバイトでします。期待大!
しばらく釣り上がると、深みや岩陰から魚が顔を出してはくれるのですが、いまいち反応が悪いですね。
この間私は、熊が怖いので熊鈴を鳴らしまくりながら釣り上がっています。
それと同時に脱渓できそうなポイントを確認しながら進みますが、初めてのポイントなのと渓が深そうなのでなかなか見つからず、不安と闘いながら釣り上がります
九州は熊がいないだけに、こういった不安や恐怖を今回は味わなくてはいけません。
最後、大きな堤防下があったのですが、深みでもあり、ちょっとビビッていたので最後まで行けませんでした
ここまでで釣果はゼロ

車まで戻った所で、林道が川沿いに下っているので、歩いて行ってみます
川はずっと石垣に囲まれていて入れそうにありません。
     P8040036_convert.jpg
すると林道を横切る小川を発見この辺りはイワナもいるので、増水した時などこんな所をイワナが登っていくだろうと、入ってみます。
写真の中央あたりにスピナーを通すと、良型のイワナらしき魚がにょろっと出てきました
やっぱりいます!2度3度とキャストしますが、もう一度出ただけでヒットしませんでした。
P8040037_convert.jpg
すぐ先には堤防の落ち込みがあります。さっきのイワナの感じだと、ここまで登って来たイワナが溜まってそうです。
スピナーを左にキャストすると、左の物陰から魚が勢いよく飛び出してキスバイトして行きました
その後も何度かコースを変えてキャストすると、何匹か出ては来ますが、いまいち食ってきません。
この堤防の右下には、大きなパイプの穴があり、淵にいた5、6匹の魚たちが最後には全部ここの中に隠れてしまいました。
ランディングネットで塞いで、中を竿で探ってみたのですが1匹も出てきませんね
ここの魚たちは安全な隠れ場所を持ってました。
あ~イワナが釣りたかったな~

車に戻り、集落へ戻ってこの支流を下ってみます
下流域は護岸工事された里川で、浅い流れと堤防が連続しており、あまり好きじゃない渓相です。
P8040038_convert.jpg
堤防の上からダウンで流して、やっと小さなヤマメがヒットします
と、この後もう一度本流も行ってみますが全くダメでした。
ホテルに帰る時間となり、後ろ髪を引かれる思いで、帰路に着きます。

帰り道、峠の長いトンネルの入り口の手前で荷物整理に止まると、川の音がそして、川まで降りれる道を見つけます。
なかなかよさげだったので、普通のかっこのまま竿を出してみます。
するといきなり、魚を発見その後、2段堤防の大淵が現れたので、ここがラストチャンスだとしつこくミノーをキャストします。
すると、最後の最後にやっと魚がヒットします。ネットインすると斑点の大きなイワナでした
やっとの思いでイワナを手にして収めた写真が
20170804_170303_convert.jpg
この時デジカメを車に残していたので、スマホで撮影していたら画面を押すのに手間取り、その間にバイバイして行きましたちゃんとイワナを釣ったのですが、非常に残念です。
今回の遠征は良い思いをしなかったので、またいつかリベンジに東北に行きたいものです。

8月3日 栃木遠征 ~那須フィッシュランド~

8月2日から、奥様の実家埼玉に帰省してきました
出発の日、熊本市の最高気温の予想は37度ですが東京は28度どまりとかなり涼しく感じます。
次の日から向こうの家族と一緒に、栃木県の那須高原に旅行に行ってきました。
標高が高いこともあり、那須にいる間の気温は24、5度しかありません。少し寒いぐらいです。
P8030030_convert.jpg
3日の夕方2時間だけ、宿泊施設の近くにある那須フィッシュランドへ行ってみます
P8030028_convert.jpg
自然の川を利用した餌釣りエリアとルアー・フライエリアがあり、ルアーエリアに入ります。
夕方ということもあり、誰もいません。
ニジマスやヤマメ、イワナなどがいるみたいです
エリアはあまり得意ではないのですが、小型のスプーンをスローで巻いて来ます。
P8030025_convert.jpg
しばらくやっていると、ニジマスがヒットします♪
P8030027_convert.jpg
少しずつポイントを変えていると、またニジマスがヒットします♫
この頃もう一人、釣り人がやってきました。
イワナの姿も見えるので、イワナが釣りたいのですが
P8030029_convert.jpg
やっぱりニジマス。イワナが釣りたかったな~

8月25日 信州遠征 ~木曽川水系4日目~

信州遠征も最終日となりました。
4日間も毎日釣りばっかりするのは初めてですが、流石に4日目ともなれば疲れますね
前日も12時近く飲んでいたしでも早朝目が覚めたので、少し観光を取り入れて釣りに出掛けます。
20160825_061337_convert.jpg
松本市に来たら松本城
スマホのカメラで撮った松本城が逆光だったので、パソコンで自動補正にかけたら幻想的な写真に出来上がりました
はい、松本城を確認したので今日も木曽川へ車を走らせます

木曽川支流N川
まずは、前日RIKI君からおすすめのポイントと聞いていた2段堤防の間に入ります。
ここは人里から少し離れているので、クマ避けのため車から降りる時にクラクションを鳴らして降ります
うっそうとした林道を抜けると、薄暗い堤防に出ました。獣がいそうです
2段堤防の間は、落ち込みで淵になっています。
P8251309_convert.jpg
ルアーをキャストするとわなわなチェイスして来ましたが、ヒットしたのは黒いイワナです。
ここのポイントだけで魚影が濃かったのですが、釣れたのはこの1匹だけです。

木曽川支流S川
次もRIKI君お勧めの渓に入ります。
P8251311_convert.jpg
ここは透明度が高く、水量も豊富で私好みです
しかし透明度があり過ぎなのか、プレッシャーなのか魚が全くいません
しばらく釣り上がりますが、釣れそうにないので車で上流へ上ります。
P8251316_convert.jpg
スキー場の下から入った場所は開けていて綺麗な渓相です
誰もいないので、熊が心配ですけどね
     P8251312_convert.jpg
ここでやっと出て来ました
ネットイン前にバレたのですが、足元にいたのでネットで捕まえちゃいました。
ここから先もかなり綺麗な渓相でしたが、他に1匹チェイスがあっただけでした。

木曽川支流N川
最後はやっぱり初日に良い思いした川で締めます。
下流の方は人が入ってたので、上の方の集落の所から入ってみます。
P8251319_convert.jpg
やはりN川、ここは間違いなく釣れます
P8251320_convert.jpg
集落の横の小さな川ですが、魚影がめちゃめちゃ濃いです。
ここの集落の方が定期的に放流してくれてるんじゃないですかね
ちょっとした所に何匹もいてくれます。
P8251321_convert.jpg
最後の最後はヤマトイワナで締めくくりました。
今回4日間もの間、信州の木曽川で投げまくった訳ですが、信州で一番釣りたかったヤマトイワナが釣れたし、尺物まで釣れちゃったし、最高の思い出となりました。
最後までアマゴが出ませんでしが、色々な所に行けて最高の思い出が出来ました。
長野でお世話になった伊那の相棒、松本のRIKI君ありあがとうございました。またいつか会おうね
4日目の最終日終了~
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO RARENIUM CI4+
     C2000HGS
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYKSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   SHIMANO CARDIFF NE
     S72L
   DAIWA LUVIAS 2506
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:Nikon COOLPIX W300

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
430位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示