FC2ブログ

8月5日 山形遠征 ~3日目・山形市~

とうとう3日目の最終日となりました。
また東北道を300km走らないといけないので、お昼ぐらいまでがタイムリミットです。
最終日は山形市内の漁協が無い川です。
最上川水系・M川
     P8050356_convert.jpg
山形の渓流に出掛ければ、どこでもくまモンに注意ですね
ここは上流にダムがあり、ダムから放流された水で川が出来ています。
入渓してみると、水量が多くて立ち込めません、しかもかなり濁っています。
後で分かったのですが、ダム自体の水が濁っていました。
岩の上に立ち、流れが強いので緩いポイントをダウンでしつこく見せていると~
P8050353_convert.jpg
良型のヤマメがヒットします
最終日にやっと良いのに出会えましたね♪
P8050360_convert.jpg
その後別のポイントに移動中、サルの群れに遭遇します
移動先ではヒットがあったのですが、バラシちゃいました。
     P8050364_convert.jpg
隣の支流へ移動します。
ここは水が透き通っていてかなり綺麗です
P8050365_convert.jpg
ロッドにトンボが止まりに来ますが、魚が全くいません
やっと1匹出たぐらいでした。
ここでお昼になったので山形県を後にします。
帰り道に宮城県の渓流を覗いてみました。
宮城県側は水量が豊富でしたね、釣り人もちらほらですが、釣れてなさそうでした。
今回の山形遠征は、超渇水と酷暑の中と条件はかなり厳しかったですね。
もっと私好みの渓流がいっぱいあるのかなと思ったら、盆地で里川が多い印象でした。
地元の五ヶ瀬川って意外と良い渓だという事に気づきました。
ちゃんと水量がある時に、またいつかリベンジしたいですね。
IMG_20180804_190112_convert.jpg
居酒屋で食べた芋煮はほんと美味しかったです。
また食べにいかねば
トヨタの86で走った総走行距離は約1000kmでした
スポンサーサイト

8月4日 山形遠征 ~2日目・県北の鮭が遡上する川~

2日目は、早朝より山形市内を出発し車を北へ走らせます
4車線の国道や無料のバイパスを走って行きますが、山形の人はやっぱりビュンビュン走ります
目指すは鮭も遡上してくる川です。
到着してみると、県北もやはり渇水ですね。
そこでダムより上流を目指そうと林道へ入ってみますが、道幅が狭くなり林道が荒れてきました。
86では流石にこんな所は走れませんね。
あきらめてダムより下流へ向かいます。
最上川水系・S川
P8040335_convert.jpg
鮭も遡上してくる川ですが、渇水でチャラ瀬になっています。
P8040337_convert.jpg
知らなかったのですが、山形は盆地で暑いらしいですね
標高的にも200~300mぐらいで、我が家の方が標高が高いぐらいです。
最近の猛暑で川もぬるく、藻だらけです。
ここではまずはウグイと、小さなヤマメがヒットします。
最上川水系・M川
お昼頃に、別の支流へ向かいます。
JRの奥羽本線の無人駅で昼食を食べて、入渓の準備をしていると、地元の駐在さんが話しかけてきました
若い駐在さんで、どうやら86に興味を持ったみたいでした。
熊本から来たと話したらビックリしていましたが、「とにかく熊には気を付けて下さい。」と話していました
P8040338_convert.jpg
さっきよりかは、良い感じですが、何故か魚が全くおりません。
駐在さんの話だと水量が連年の半分以下だと言っていましたが、渇水のせいでしょうか?
最上川水系・K川
中流域だと、猛暑と渇水でダメだと思ったのでダムより上流を目指します。
到着すると、登山道もあるためか車が2台止まっています。
そこに車を止めると、今までにないほどのアブが車にアタックしてきます
P8040344_convert.jpg
ここも水量少な目ですが、透き通っていて綺麗で涼しいですね
ちょっとしたシェードで何匹か魚がチェイスしてきます。ここは期待大です。
P8040339_convert.jpg
ここでやっと小さなヤマメがヒットします♪
小さいのばかりですが、何匹もチェイスしてきて反応が良いですね。
P8040341_convert.jpg
ここでイワナもヒットしてくれます♫
川のすぐ横を林道が通っているのですが、釣り人が1人・2人組と帰って行きました。
人が入った割には、魚たちの反応がすこぶる良いですね。
一番手前から入ったのですが、釣り人はもっと上流から入ったのでしょうか?
P8040343_convert.jpg
また小さいヤマメです♬
水量から考えれば、大きいのはいなさそうです。
人の姿が見えるので、クマ除けにクマ鈴を持っていますが、ちょっと安心できます
P8040350_convert.jpg
少し深みの流れ込みで、サイズアップしたイワナです
ここではこれが大きい方でしょうね。
その後も1人でしばらく釣り上がります。
木に覆われていますが、木が大きいのでテンカラでも投げやすそうです。
かなり奥まで渓は続いていますが、1人なので無理はできないので、程々で車に戻ります。
車に戻ると止まっていた車は無くなっていましたが、バスーカのようなカメラを外に立てた車が新たに止まっています。
アブの猛攻で車から出れないみたいでした
でもこのアブは刺さないので、可愛いもんです。
帰り道にメジャーな川や最上川を覗いてみましたが、本流も渇水でした。

8月3日 山形遠征 ~1日目・米沢~

奥様の実家、埼玉に帰省しておりまして、その間8月3日~5日にかけて、山形県へ遠征してまいりました
埼玉からレンタカーを借りて、東北道を北へ走ります。距離を走るので、今回はスポーティーなトヨタ86をチョイス
東北道を300km走ります。かなり走らないと行けませんが、東北の人達はみんなすごくスピードを出しますね。みんなビュンビュン走っています。私も86ですから負けてられません
P8030331_convert.jpg
そうこうしていると、やっと着きました。山形県初上陸ですまずは米沢へ
夕方に到着、道中はかなり暑かったのですが、ここは涼しいです。
釣具屋さんで1日券を購入し情報を聞くと、山形では6月からまともな雨が降っておらず、県内全域渇水だそうです。
おおよそ目星を付けていた川を見ると、話の通り水が細くなっていて全く釣りにならない状態。
それではと上流を目指します。
最上川水系・O川
P8030332_convert.jpg
温泉近くで、私好みの良さげな渓を見つけましたここに入渓します。
車を停めると、アブが何匹も車にバンバン当たってきますでも刺さないから迷惑にはならないですね。
東北はクマがいるので、クマ除けにちゃんとクマ鈴を持ってきています
入って直ぐ、ルアーに魚が出てきました。これは期待大です。
その後も石の陰から魚が出ます。でもいまいち食いついて来ませんね。
P8030333_convert.jpg
ここでやっとおチビなヤマメがヒットします。
良い型の魚を確認することを出来ますが、いまいちやる気がありません。
すると川の至る所に、ピンクのテープが下がっています。
そういえばさっき、下流で測量の人がいました。
この人がここの川に入って測量をしていたんですね。それで魚の反応が悪かったみたいです。
その後最後に1バラシ、初日は時間が無かったのでこの1匹だけで納竿とします。
宿は山形市内で2泊取っていたので、暗くなる前に山形市へ車を走らせます。

8月4日 福島遠征 ~阿賀川水系~

4日はホテルで朝食を済ませ、峠を一つ越えた先の福島県南会津へ行きます
初めての福島県での釣り、ポイントが解らないので、ネットで南会東部漁協の情報だけ調べて地元釣具屋さんを目的地に走ります。
地元釣具屋さんで一日券を購入し、どこがお勧めか情報を得ます。
とある支流と、本流を勧められたので、最初は本流の阿賀川へ行ってみることに。
P8040032_convert.jpg
この本流は日本海に注ぐ河川ですが、国道から見た感じは水量が少なめです。
そんな中でも面白そうなポイントを見つけ、ダウンで流します。
このガンガン瀬の下で、プールに流れ込むポイントがありまして、そこまで攻めますが全く反応がありません
本流を早々に切り上げ、釣具屋さんに聞いていた支流へ車を走らせます

渓相を見ながらずっと上って行くと、最後の集落らしき所を抜ければ上流域に行けそうなので行ってみます。
橋の上から見ると良い流れ。落差があってどっから入っていいか解らないのですが、渓流の感が働き川沿いまで降りれる林道を見つけます。
そこまで車で降りて行き、まずは早めの昼食をとります
そしていざ福島の渓流へ入りますが、ここは熊もいるポイント車のクラクションを3回程鳴らしてから入渓します。
P8040033_convert.jpg
入ってみると、私好みの渓相
最初のポイントでダウンに流すとキスバイトでします。期待大!
しばらく釣り上がると、深みや岩陰から魚が顔を出してはくれるのですが、いまいち反応が悪いですね。
この間私は、熊が怖いので熊鈴を鳴らしまくりながら釣り上がっています。
それと同時に脱渓できそうなポイントを確認しながら進みますが、初めてのポイントなのと渓が深そうなのでなかなか見つからず、不安と闘いながら釣り上がります
九州は熊がいないだけに、こういった不安や恐怖を今回は味わなくてはいけません。
最後、大きな堤防下があったのですが、深みでもあり、ちょっとビビッていたので最後まで行けませんでした
ここまでで釣果はゼロ

車まで戻った所で、林道が川沿いに下っているので、歩いて行ってみます
川はずっと石垣に囲まれていて入れそうにありません。
     P8040036_convert.jpg
すると林道を横切る小川を発見この辺りはイワナもいるので、増水した時などこんな所をイワナが登っていくだろうと、入ってみます。
写真の中央あたりにスピナーを通すと、良型のイワナらしき魚がにょろっと出てきました
やっぱりいます!2度3度とキャストしますが、もう一度出ただけでヒットしませんでした。
P8040037_convert.jpg
すぐ先には堤防の落ち込みがあります。さっきのイワナの感じだと、ここまで登って来たイワナが溜まってそうです。
スピナーを左にキャストすると、左の物陰から魚が勢いよく飛び出してキスバイトして行きました
その後も何度かコースを変えてキャストすると、何匹か出ては来ますが、いまいち食ってきません。
この堤防の右下には、大きなパイプの穴があり、淵にいた5、6匹の魚たちが最後には全部ここの中に隠れてしまいました。
ランディングネットで塞いで、中を竿で探ってみたのですが1匹も出てきませんね
ここの魚たちは安全な隠れ場所を持ってました。
あ~イワナが釣りたかったな~

車に戻り、集落へ戻ってこの支流を下ってみます
下流域は護岸工事された里川で、浅い流れと堤防が連続しており、あまり好きじゃない渓相です。
P8040038_convert.jpg
堤防の上からダウンで流して、やっと小さなヤマメがヒットします
と、この後もう一度本流も行ってみますが全くダメでした。
ホテルに帰る時間となり、後ろ髪を引かれる思いで、帰路に着きます。

帰り道、峠の長いトンネルの入り口の手前で荷物整理に止まると、川の音がそして、川まで降りれる道を見つけます。
なかなかよさげだったので、普通のかっこのまま竿を出してみます。
するといきなり、魚を発見その後、2段堤防の大淵が現れたので、ここがラストチャンスだとしつこくミノーをキャストします。
すると、最後の最後にやっと魚がヒットします。ネットインすると斑点の大きなイワナでした
やっとの思いでイワナを手にして収めた写真が
20170804_170303_convert.jpg
この時デジカメを車に残していたので、スマホで撮影していたら画面を押すのに手間取り、その間にバイバイして行きましたちゃんとイワナを釣ったのですが、非常に残念です。
今回の遠征は良い思いをしなかったので、またいつかリベンジに東北に行きたいものです。

8月3日 栃木遠征 ~那須フィッシュランド~

8月2日から、奥様の実家埼玉に帰省してきました
出発の日、熊本市の最高気温の予想は37度ですが東京は28度どまりとかなり涼しく感じます。
次の日から向こうの家族と一緒に、栃木県の那須高原に旅行に行ってきました。
標高が高いこともあり、那須にいる間の気温は24、5度しかありません。少し寒いぐらいです。
P8030030_convert.jpg
3日の夕方2時間だけ、宿泊施設の近くにある那須フィッシュランドへ行ってみます
P8030028_convert.jpg
自然の川を利用した餌釣りエリアとルアー・フライエリアがあり、ルアーエリアに入ります。
夕方ということもあり、誰もいません。
ニジマスやヤマメ、イワナなどがいるみたいです
エリアはあまり得意ではないのですが、小型のスプーンをスローで巻いて来ます。
P8030025_convert.jpg
しばらくやっていると、ニジマスがヒットします♪
P8030027_convert.jpg
少しずつポイントを変えていると、またニジマスがヒットします♫
この頃もう一人、釣り人がやってきました。
イワナの姿も見えるので、イワナが釣りたいのですが
P8030029_convert.jpg
やっぱりニジマス。イワナが釣りたかったな~

8月25日 信州遠征 ~木曽川水系4日目~

信州遠征も最終日となりました。
4日間も毎日釣りばっかりするのは初めてですが、流石に4日目ともなれば疲れますね
前日も12時近く飲んでいたしでも早朝目が覚めたので、少し観光を取り入れて釣りに出掛けます。
20160825_061337_convert.jpg
松本市に来たら松本城
スマホのカメラで撮った松本城が逆光だったので、パソコンで自動補正にかけたら幻想的な写真に出来上がりました
はい、松本城を確認したので今日も木曽川へ車を走らせます

木曽川支流N川
まずは、前日RIKI君からおすすめのポイントと聞いていた2段堤防の間に入ります。
ここは人里から少し離れているので、クマ避けのため車から降りる時にクラクションを鳴らして降ります
うっそうとした林道を抜けると、薄暗い堤防に出ました。獣がいそうです
2段堤防の間は、落ち込みで淵になっています。
P8251309_convert.jpg
ルアーをキャストするとわなわなチェイスして来ましたが、ヒットしたのは黒いイワナです。
ここのポイントだけで魚影が濃かったのですが、釣れたのはこの1匹だけです。

木曽川支流S川
次もRIKI君お勧めの渓に入ります。
P8251311_convert.jpg
ここは透明度が高く、水量も豊富で私好みです
しかし透明度があり過ぎなのか、プレッシャーなのか魚が全くいません
しばらく釣り上がりますが、釣れそうにないので車で上流へ上ります。
P8251316_convert.jpg
スキー場の下から入った場所は開けていて綺麗な渓相です
誰もいないので、熊が心配ですけどね
     P8251312_convert.jpg
ここでやっと出て来ました
ネットイン前にバレたのですが、足元にいたのでネットで捕まえちゃいました。
ここから先もかなり綺麗な渓相でしたが、他に1匹チェイスがあっただけでした。

木曽川支流N川
最後はやっぱり初日に良い思いした川で締めます。
下流の方は人が入ってたので、上の方の集落の所から入ってみます。
P8251319_convert.jpg
やはりN川、ここは間違いなく釣れます
P8251320_convert.jpg
集落の横の小さな川ですが、魚影がめちゃめちゃ濃いです。
ここの集落の方が定期的に放流してくれてるんじゃないですかね
ちょっとした所に何匹もいてくれます。
P8251321_convert.jpg
最後の最後はヤマトイワナで締めくくりました。
今回4日間もの間、信州の木曽川で投げまくった訳ですが、信州で一番釣りたかったヤマトイワナが釣れたし、尺物まで釣れちゃったし、最高の思い出となりました。
最後までアマゴが出ませんでしが、色々な所に行けて最高の思い出が出来ました。
長野でお世話になった伊那の相棒、松本のRIKI君ありあがとうございました。またいつか会おうね
4日目の最終日終了~

8月24日 信州遠征 ~木曽川水系3日目~

前日は松本市内に泊まりました。
今回は、長野の釣り友RIKI君から情報を聞いていた川に向かいます

木曽川支流S川
P8241295_convert.jpg
着いてみると開けていて、なだらかな渓相です。
水量は少な目ですね。
大き目の沈み石や、ブッシュの下を丹念にサーチします。
しばらく行った場所のブッシュの下でヒットしましたが、オートリリース
その後はパッタリ反応が無くなりました。
橋の所で、お母さんと娘さんがサイクリングしていまして軽く会釈。余裕をかましますが、釣れずに焦ってます
するとすぐ上の対岸のオーバーハングの下で良型がチェイス
何度か出てきましたが、ヒットしませんでした。
P8241296_convert.jpg
さらに上ったところの流れに変化のあるポイントで、やっとイワナがヒットします
ムナビレがカット、成魚放流ですね。
他にも、ヤマメかアマゴがヒットしましたが、またもやオートリリースです。
水量が少ない場所だったので、車で下流へ移動します
土地勘が無いので、ナビで川沿いの道を探します。
今度は水量の多いポイントを見つけますが、先行者の車があったので、更に下流から入ります。
P8241299_convert.jpg
そこでも激渋でしたが、やっとこのおチビイワナだけヒットです。
どうもこのS川は良くなかったので車で更に下り、別の支流へと移動します。

木曽川支流N川
橋の上から川を覗くと、水質が綺麗とは言えないが淵があります。その下流から入れそうだったので入渓します。
降り立ったポイントは砂地で、淵からの駆け上がりです。水は砂地のせいか黒っぽいですね。
そこでDコンのオレンジカラーをラインに結び、アピールします
すると早速良型がギラッ一瞬掛かりましたがフックアウト。ここは他にも潜んでいそうなので、丹念にサーチします。
すると大きな沈み石の前にアップクロスでルアー流すと、さっきのより明らかに大きな魚体がルアーに絡んで来ました
フックに触らなかったので、2歩上流へ立ち位置を変え、ルアーを長く見せようとクロスでキャストします。
するとやはりまた出てきました激しく絡んできてジジッそのまま砂地に引き上げると~
P8241303_convert.jpg
うぉ、まんまるこれはデカい。
P8241305_convert.jpg
ジャジャーン計測すると31cmあるイワナですしまも良く見ると背中の斑点が無い。やっちゃいましたヤマトイワナの尺物を釣っちゃいました

動画でもアップしてますんでこちらも宜しくお願いします
写真を撮っていると、夕立がポツポツ、そしてザーザーひどくなったのでリリースして雨宿りのため、近くの建物に非難します。
ここの淵は良いですね~雨も止んできたので、もう一度攻めてみます。
P8241307_convert.jpg
するとまたイワナがヒットします魚が溜まっているみたいです。
その後もチェイスがあります。そしてまた尺ありそうな魚体がルアーに激しくチェイスそして足元まで来てルアーを喰った瞬間が見えたので強めに合わせを入れます。するとドラグがジジー、スーバレちゃいました。尺物惜しかったな。
ここのポイントは釣り友のRIKI君に教えておきました。
ここで納竿し、気分良く松本市まで戻ります

夜はRIKI君と1年半ぶりに再開します。
そして地元の居酒屋に案内して頂きました。
20160824_203809_convert.jpg
ここでは信州名物のイワナの骨酒、イワナのお造り、鳥ももの山賊焼きなどを頂きました
酒を飲みながら今までの釣果をデジカメで見せて、最後に尺ヤマトイワナの写真を見せたときは驚いていましたね
今回は釣り場のポイントの情報をRIKI君に教えてもらいました。また信州の名物を御馳走になり、帰りはお母様にホテルまで送って頂きました。
RIKI君色々とお世話になったね、ありがとう!また長野まで行くことがあれば、宜しくね!そして熊本に帰って来た時は連絡下さいね
3日目終了~

8月23日 信州遠征 ~木曽川水系2日目~

朝起きまして前日の夜のお酒が若干残っている様な気がしましたが、本日は快晴釣りに出かけます
目指すは木曽川支流屈指の透明度を誇る渓谷です

木曽川支流A川
車止めのゲートから少し林道を歩き、入渓します。
P8231279_convert.jpg
エメラルドグリーンが眩しく、水量バッチリです
そして今回は相棒がいます。
昨夜私に長野の珍味を無理やり食べさせ、自分はハイボールをしこたま飲んだのに、知り合いのお店という事で2人で3000円しか払わなかった心配性なやつ
御馳走様でした。
     P8231282_convert.jpg
彼はバスと海専門ですが、渓流釣りがしたいと着いて来て、フェルトの靴を持っていないので慎重に歩いています。
この時、すでに1回転んでいます
さて、こんな綺麗過ぎる渓相で釣れるでしょうか?
しばらく釣り上がりますが全然反応がありません。というか、魚の気配が感じられません。
P8231281_convert.jpg
しかし大きな淵の流れ込みにキャストすると、私にファーストヒットですヤマトではないですね。
この時気づいたのですが、岩の上に濡れた足跡がありました先行者がいましたね。
この後もやはり反応が全くありません。こりゃダメかな?と釣り上がっていると、右に流れ込む支流があります。
支流の方が水量が少ないし、先行者は本流を釣り上がったと考え、あえて支流を釣り上がります。
するとちらほら魚のチェイスが出てきました
P8231285_convert.jpg
そして相棒にもファーストヒットです
バスと海専門でやっているため、渓流のピンスポットキャストに苦戦しています。
P8231286_convert.jpg
そして私にもまたイワナがヒットします
この前に良いのを掛けたのですが、ネットイン前にバレちゃいました。
反応が良くなってきましてね
木曽のイワナをテンカラで釣りたかったので、ここでテンカラ竿に持ち替えます。
岩陰から流れ込みの岩のエグレに向けて、テンポ良く毛ばりを打ち込んで行きますと~
P8231287_convert.jpg
すると、木曽イワナがヒットします
快晴の中綺麗な渓相でテンカラ竿を振ってイワナがヒット、最高ですね
枝の下の流れでは、毛ばりが引っかからないように斜めにキャストして打ち込み、岩の向こうの流れに毛ばりを打ち込むと~
     P8231288_convert.jpg
今度はサイズアップのイワナちゃんです
思わず相棒にガッツポーズですそして写真を撮ってもらいました
P8231293_convert.jpg
後ろの大淵を越えられなかったので、ここまでとしました。
あまり奥まで行くと、クマがいますからね~熊鈴は欠かせません。相棒は熊鈴を違う使い方してましたがね
相棒にも釣れて、テンカラでも釣れて最高の渓流釣りでした
これを機に、相棒も渓流釣りを始めるかもですね。
2日目終了~

8月22日 信州遠征 ~木曽川水系 1日目~

いつも、お盆が終わってから盆休み
その休みを利用して、奥様の実家埼玉に帰ります。
昨年より、埼玉の実家の側を圏央道の高速が通り、インターまで5分で行けるようになりました
そのため、常磐・東北・関越・中央・東名と行きやすくなりました。
そこで今回は、その帰省を利用して中央道を通り、信州長野を目指します。
一番の目的は信州でヤマトイワナを釣る事です。それと長野にいる2人の友達にも会いに行っちゃいます。
8月22日は関東に台風が上陸するという予報のため、早朝目が覚めた私は台風の影響が少ない内に高速を走ります
20160822_104412_convert.jpg
途中の山梨では雨に降られましたが、長野に入り写真の諏訪湖SAでは雨が上がっていました
そこからはまず、友達が住む伊那市に向かいます。そこで久しぶりの再会を果たし、お昼に信州そばをご馳走になりました。
     20160825_124904_convert.jpg
そしていよいよやって参りました、今回の目的地、木曽でございます
今回は木曽川の鑑札を購入し、木曽川水系を投げ倒しますよ

木曽川支流N川
     P8221273_convert.jpg
まず入ります渓は、もう1人の長野の釣り友RIKI君に聞いていた、ヤマトイワナの釣れる沢です
そのRIKI君は以前熊本に住んでいて、現在は長野に戻っている釣り友です。
小さな支流ですが、さてどうでしょう?準備して1投目
岩陰からチェイスそしてヒット~
P8221268_convert.jpg
1投目で釣れちゃいました
P8221269_convert.jpg
背中の斑点がありませんね。これこそ今回最大の目的だったヤマトイワナを1投目にして釣っちゃいました
そして隣の岩陰でもすぐにチェイス、その隣の流れ込みでもチェイス、小さな沢ですが魚影が濃いです。
P8221270_convert.jpg
そして次にヒットしたのが、ヤマメかな?アマゴがいる沢だと聞いていましたが、鮮やかな朱点がありませんね。
P8221272_convert.jpg
そしてまたヤマトイワナがヒットです
楽しい沢ですね
P8221276_convert.jpg
そして次に出たのはなんと、ニジマスでした。えっ、ニジマスもいるの?
胸ビレがカットしてあります。成魚放流ですね。
P8221277_convert.jpg
すると続けてニジマスです。釣り友はここでニジマスを釣った事が無いそうです。
釣り大会でもあったのかな?
僅かな区間のこんな小さな沢ですが、魚影の濃さに驚きです。
この日は午後からだったので、これで納竿です。

夜は伊那市の友達と飲むべく、伊那市に1泊します。
伊那では久しぶりに会う友達と酒を交わし、昔の話で盛り上がりましたそして地元のお酒を頂き長野の珍味も食しました。
20160822_214005_convert.jpg
長野の珍味と言えばイナゴ・ざざむし・蜂の子ですが、イナゴはさすがに食べれないと、ざざむしと蜂の子だけを食べてみました。
ざざむしとは川石の裏に居るクロカワムシの事です。
食べれるかな?と思いましたが小さかったので何とか食べれる事が出来ました。味は覚えてません(>_<)
1日目終了~

8月23日 四国 祖谷渓谷

今回は四国へ遠征釣行です
と言いますか、徳島で親戚の法事があり、そのついでに徳島の祖谷(いや)渓谷にも遊びに行ってきました。
徳島の祖谷は日本の三大秘境の一つだと言われています。ちなみに他二つは、岐阜の白川郷と宮崎の椎葉です。
あら?椎葉?私が良く釣りに行くポイントまだ行った事の無い白川郷へ行けば、三大秘境制覇ですね。
P8230982_convert.jpg
家族と親戚で来ているので、早朝に起き出し、朝食までの2時間弱の釣行です
四国もこの所全然雨が降っておらず、渇水状態であまり魚が居る気がしません
P8230983_convert.jpg
浅いポイントでは全く反応がありませんが、ちょっとした流れ込みではライズや良型のチェイスがありました。
が、しかし釣れず。
支流が出て来たのでそちらに進みます。こちらは更に水が綺麗です
すると流れ込みで、小さな魚影を数匹確認しました。
しかし、あまり時間がありません。
最後と決めた堤防の落ち込みブールにキャストるすとヒット~
P8230984_convert.jpg
かなりおチビさんですが、ちゃんとしたアマゴがヒットですアマゴは徳島では雨子(アメゴ)と言うらしいですよ。
同じプールではまた良型がチェイスして来たのですが、ヒット出来ず残念です。
朝食の時間が来てしまったので、これで強制終了となりました。
後で地元のおじさん達と話したのですが、やはり最近全く雨が降らず釣れんやろ~との事。一人のおじさんは更に30分程上流で釣ると言ってました。情報が無かっただけにこんなもんですね。
IMG_0230_convert.jpg
後は観光です
こちらは祖谷渓谷で有名なかずら橋。
IMG_0240_convert1.jpg
足元が結構あいていましたが、娘を抱いて渡ります。
周りの人はビビりながら渡っていましたが、私は意外と大丈夫でした
奥様と上の子も渡りましたよ。
     IMG_0252_convert.jpg
こちらは吉野川。
ここでは急流でラフティングも出来ます
今回は時間が無く、しかも渇水の状況だったので渋かったですが、熊本では釣れないアマゴが釣れて良かったです。

                         I
追伸
『7月31日のブログ』の最後でランディングネットを拾ったと書きました。その持ち主だと思われる書き込みの方、すね毛の枝毛さん連絡先を改めて教えて下さい。書かれていた携帯のアドレスにメールを2回ほどしましたが届きました?ネットを返したいと思ってますのでご連絡待ってます。
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYKSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   DAIWA LUVIAS 2506
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO RARENIUM CI4+
     C2000HGS
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:OLYMPUS TOUGH TG-310

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
539位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示