FC2ブログ

2021 新年

        Happy New Year 2021
     新年が明けました
     おめでとうござい鱒

DSCN0865_convert.jpg
昨年は、新型コロナの影響で色々な事に制約が付きまとう一年でした。
それでも、渓流釣りはアウトドアという事で、例年の様に出掛けさせて頂きました。
思い返して見れば、釣果としては全体的に良型に恵まれた一年でした。
そして、新たな渓を見つけたので、今年はその渓の調査をして行きます。
     DSCN0867_convert.jpg
昨年末からの大寒波、写真は12月31日の五ヶ瀬川と白滝、滝も所々凍っていますね。
DSCN0869_convert.jpg
またまだ新型コロナは落ち着く気配を見せません。
渓流釣りファンの皆さん、お互いに体調に気を付けつつ、今年も楽しいフィッシングライフにして行きましょう!
そんな自然豊かな渓流が、いつまでも残っていけるように願って。
スポンサーサイト



10月31日 娘のバースデー登山 ~祇園山~

ヤマメが禁漁になると、毎年11月頃に長男と2人だけで、『男旅』と称して近くの山で登山をしておりました。
今年は長男が中学生になったため、今度は小学校2年の娘と山に登ります
この日はちょうど娘の誕生日、『バースデー登山』ですね
DSC_0719_convert.jpg
向かうは、この辺りで入門の山「祇園山」。
1時間ちょいの行程ですが、入山してすぐが一番きつく、途中は尾根歩きで楽になるのですが、終盤はロープゾーンや崖ゾーンが待ち構えています。
いきなりの急な山道は、何度も休まないとしんどいです
      DSC_0721_convert.jpg
中間地点には、大きな松があります
そこからは、少し楽な道が続きますが
      DSC_0722_convert.jpg
ローブゾーンや、崖ゾーンあってスリルがあります。
      DSC_0723_convert.jpg
もみじは真っ赤に紅葉しています
DSC_0728_convert.jpg
1時間6分で山頂に到着しました。
時間的には短いのですが、意外ときつく、力試しにはちょうど良い山です。
DSC_0730_convert.jpg
山頂での昼食は、バーナーでウインナーを焼いてパンに挟み、ケチャップとマスタードを付けたホットドッグとカフェオレです。
この時は、暖かくて登山日和でした。
DSC_0729_convert.jpg
娘もたくましくなってきました。
来年はどこの山に登ろうかな♪

Autumn of 2020 ~YouTube動画~

私のホームリバー、3部作の完結編、耳川の動画をYouTubeにアップしました

耳川 Autumn of 2020 ~渓の記憶3~

良かったら、ご覧下さい

Summer of 2020 ~YouTube動画~

今回、ちと、五ヶ瀬川と緑川の動画を撮影しYouTubeにアップしました


五ヶ瀬川 Summer of 2020 ~渓の記憶1~


緑川 Summer of 2020 ~渓の記憶2~

良かったら、ご覧下さい

令和2年7月豪雨

令和2年7月3日の夜中に発生した線状降水帯により、ここ熊本の南部、特に球磨川水系の人吉市・球磨村・芦北町で川が大規模に氾濫し、未曾有の被害をもたらしました。
その後もその前線が北上し、福岡・大分でも甚大な被害が出ました。
その被害に遭われた皆様には、お見舞い申し上げます。
私の自宅近辺でも大雨が降り、五ヶ瀬川水系や耳川水系が大増水しましたが、被害が出るほどではありませんでした。
熊本のニュースを見て、心配の声を頂きましたが、私たちと五ヶ瀬川・耳川水系の魚たちは無事です。
人吉市では、市内の広範囲で被害が出ていますが、芦北には知り合いのお宅があり、床下浸水と裏山が崩れ、一部の建物が全壊したと情報が入った為、2日後の日曜日にお手伝いが出来ないかと、軽トラにスコップ等を乗せて駆けつけました。
DSC_0633_convert_20200724091642.jpg
この写真だけしかアップしませんが、裏山の竹林が崩れ落ち、建物に流れ込んで全壊しました。
住人は朝7時前までこの建物の中にいましたが、7時頃土砂が流れ込んできて来ました。
その時誰もこの建物の中に居なかったので、無事難を逃れています。
この日はまだ小雨が降っているものの、建物の中に大事な物が沢山あるので、私たちはとにかく屋根にブルーシートを掛けました。他の知り合いの方は、家の庭に溜まっていた土砂をかき出していました。この日はこのぐらいの作業だけしか出来ませんでした。
その後1週間ぐらいして、全壊した家の解体を始めて人手がいると連絡が入ったので、2日間の予定で、軽トラにチェーンソーを乗せて駆けつけました。
崩れた土砂は未だ緩く、足がぬかる場所もありましたが、この時はこの竹をとにかく伐採し、8割程は片づけたでしょうか。
後は他の方と一緒に、ひたすら瓦礫の撤去作業を行いました。
日が出ればとにかく暑く、水分や塩分をこまめに取りながら、何なら車に入って冷房でクールダウンしながら、作業を行いまいした。
まだまだ更地にするには、時間がかかりますが、手伝いに行ける時に、またいくつもりです。
広範囲な被害と、コロナ過のせいで、県外のボランティアの受け入れが出来ない状況です。
皆さんも、自分に出来る支援を、どうかお願いします!

5月23~25日 魚類調査

今回はバイトの話しです。
以前は鹿の生態調査ってのをやってましたが、今度は魚類調査です。
某所で3日間、地味で大変な仕事でした
20160524_091459_convert.jpg
こんなカッコで網を持ち、足でガサゴソと川の中に居るエビや小魚、ハゼを捕獲して数を確認するといった事を、1日で4・5カ所行います。中には臭い溜め池もありました
20160525_143319_convert.jpg
珍しい魚だと、私が捕獲したウナギです
小さいですけど、他にはアユやスズキもいましたね。
20160525_143640_convert.jpg
こっちは更に小さいウナギです。可愛いですね。
と言う事で、今回はたまにはこんな事もやってますよってな話でした。

4月 熊本地震 ~その後~

熊本地震において、多大なる被害を受けられた方々にお見舞いを申し上げます。
また、亡くなられた方々にはご冥福をお祈り致します。
「南無妙法蓮華経」

地震以降、熊本県に宅配便が入って来ないという事態になり、救援物資を届けるためには近県に一度送って頂いて入れるルートを作る必要がありました。
私の同業者に協力して頂いて、宮崎県の延岡に救援物資の届け先を開設し、同業者が被害の少なかった私の家にその物資を運んでくれました。それを私が阿蘇市・南阿蘇村・益城町・西原村・御船町・山都町と届けていました。
     20160422_141119_convert.jpg
全国の同業者の皆さまから届いた救援物資の一部です。有難いですね~
行政が動く前に、まず行動です!

4月24日は、知り合いの家に続く道が上下とも土砂崩れで寸断され孤立したので、安否確認と物資を届けるために出掛けました。
20160424_111048_convert.jpg
下から行く道は大岩が何カ所も転げています。アタックしてみますが、途中で行けなくなり断念します。
20160424_120932_convert.jpg
次に上からの道に回り込みます。ここは大きな土砂が道を塞いでいるという情報でしたが、重機が入り土砂を取り除いていました。
IMG_0465_convert.jpg
その現場の横を通らせて頂き進むと、今度は倒木が邪魔をします。
IMG_0472[1]_convert
ノコギリやカマで道を作りながら進みます。
家に着くと、そこだけは瓦一枚、瓦礫も落ちてなく無事に過ごされていました。良かったです。
20160424_144611_convert.jpg
その後はお世話になっている御船町の方が、近所の方と炊き出しを行っているとうので、食材や調味料を届けて来ました。
このブログを書いている現在は、役所や避難所に物資がだいぶ入っており落ち着きだしたので、私の物資の運搬は一時様子を見ている状態です。
それでも家に帰れず、避難所生活の方は大勢おられます。いち早い復興が成されます事を祈念致します。

4月14・16日 熊本地震

熊本において未曾有の大惨事、熊本地震が起きました。
それも、4月14日の地震で大きな被害が出たにも関わらず、16日には更に大きな地震、本震が発生。
広い範囲で被害が出ています。
20160415_125737_convert.jpg
前震の次の日、益城町の同業のお宅にスコップを持って駆け付ける道中です。
20160415_125746_convert_.jpg
益城町の役場付近は、殆どの家の瓦が落ちています。
20160415_142335_convert.jpg

倒壊している家も沢山・・・、悪夢です。
すると今度は、16日に更に大きな地震が起き、広範囲に被害が出ました。
私の住んでいる場所は被害細小だったので、現在は救援物資を集めてそれぞれの避難所に届けている所です。
20160417_185539_convert.jpg
東奔西走しているため、熊本の釣り仲間に連絡がなかなか取れていませんが、このブログを見てくれたら安否の情報コメントをお寄せ下さい。
私ももう少し落ち着いたら、連絡します。
早く余震だけでも治まりますように。

12月7日 鹿の生態調査

昨年の11月にもやっていたのですが、今年も1度だけの生態調査のバイトに行ってきました。
ちなみに昨年の模様は『鹿の生態調査』にて
今年は山都町の鴨猪川の近くです。
20151207_090917_convert_.jpg
登山道なんてありません開けている所は歩きやすいですが
20151207_091133_convert.jpg
低木が生い茂った場所や、急な斜面、藪の中などを歩きポイントまで1時間半かけて登ります
前を歩いている方は、今回ご一緒の方で山に慣れている方です。
私は2、3m登ればふぅふぅ言い、それでも必死で付いて行きます。
日頃の運動不足が出てますね
20151207_091325_convert.jpg
途中には眺めの良いポイントもどの辺りだろう?
20151207_094124_convert.jpg
1000m近い場所ですが、水が意外と流れています
20151207_110517_convert.jpg
こんな斜面にメジャーを引っ張り、440m分調べます。
20151207_103213_convert.jpg
これがシカの糞...メジャーで引っ張って4m毎に1㎡の範囲の鹿の糞を数えます。
20151207_111837_convert.jpg
一緒の方は、立木の食害を調べています。
1ポイントだけだったので、お昼ご飯前には終わりました。
今年はもうちょっとこのバイトに声がかかるかな?と思っていたので登山靴を買っていたのですが。
でも普段行けない所に行けるし、この山があるから渓流が形成される訳だし、良い勉強になります。
20151207_141424_convert.jpg
帰りに鴨猪川を眺めなら帰りました。
しかし山に慣れている人は足が早いですね、だいぶ置いて行かれました

11月3日 男旅 ~スキー場と五ヶ瀬川源流点~

昨年の11月に、小学1年生の息子と2人で近くの山に登る男旅を行いました
その様子は『祇園山登山~男旅~』にて
その第二弾、今回は2年生になった息子とその同級生の男の子と私の3人での男旅です
当初の予定は、鞍岡の祇園山の隣の揺岳に登る準備をしていました。しかし楽しみにしていた息子が当日の朝、体調不良になってしまい、元気はあったので、じゃあ五ヶ瀬ハイランドスキー場方面に車で行く事にして、ついでに五ヶ瀬川の源流点を探します
スキー場の入場リフト乗り場の側から林道をスキー場に向けて登ります途中で左にそれる林道があり、そっちを進んでみます。
林道をだいぶ走り木涌山の手前あたりに橋が掛かっていました。その横に堤防があり良い感じに水が流れてプールになっています。
IMG_0354_convert.jpg
その堤防を息子の友達と登ると、上の段で二股に分かれていました。(この時息子は車で待機)
これが五ヶ瀬川の源流点でしょうか?でも何も書いてないですね。
林道はどんどん下って行き、もう分からないのでもと来た林道を戻ります。
IMG_0358_convert.jpg
途中眺めの良い場所があったので、ここでお昼ご飯にします。
バーナーでウインナーとキャベツを炒めてパンに挟みホットドッグにしますそれとお湯を沸かして注ぎスープも作りました
息子はこの時、体調不良で車の中で寝ていたので友達と2人で食べます。
食事が終わり、まだ時間が早いのでスキー場まで車で登る事にします
IMG_0364_convert.jpg
スキー場では12月4日のオープンに向けて、人工雪を作っていました
この時には息子が元気を取り戻し、2人で雪を触って遊んでいます。
IMG_0365_convert_20151110093418262.jpg
スキー場の準備をしていた知り合いの方とお話をし、眺めの良い場所で記念撮影
スキー場の方に「五ヶ瀬川の源流点ってどこか知ってますか?」と尋ねると「すぐ下の、登って来た林道沿いにあるよ」と教えてもらいました。
気を付けて登って来たのに気づかなかったな~
IMG_0367_convert.jpg
という事で、帰り道に源流点を発見
スキー場に直接登る林道沿いに看板がありました。ここまでは車で来れますよ。
大河の一滴、ここから五ヶ瀬川が始まり支流を集めて大河になり、ヤマメを育む綺麗な清流になっていくのですね。
息子達よ、この五ヶ瀬川のように大きくなれよ
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO STRADIC CI4+
     C2000HGS
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYSSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   SHIMANO CARDIFF NE
     S72L
   DAIWA LUVIAS 2506
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:Nikon COOLPIX W300

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
124位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
五ヶ瀬川               Summer of 2020~渓の記憶1+α~ 耳川 Autumn of 2020~渓の記憶3~ 緑川 Summer of 2020~渓の記憶2~ 五ヶ瀬川 Summer of 2020~渓の記憶1~ 2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示