FC2ブログ

4月2日 耳川水系 ~本流~

実は3月の下旬に小雨の降る中、耳川本流を攻めにいったのですが、ノーフィッシュだったので、その日の事はブログには書いていません。
そのリベンジに、また耳川本流へと車を走らせます
DSCN0246_convert.jpg
前日まで雨続きだったので、前回より水量が増えて良い感じです。
ですが最近このポイントは、人が多いようで、入る前に1人と入ってからも1人釣り人を見かけました。
2か所で投げ続けましたが、結果は当たりすら無く、今回もノーフィッシュです。
お昼ご飯を近くのお店で購入し支流を上流へ向かって走ります。
そこにはダムがあり、ダムより上流から入渓します。
DSCN0248_convert.jpg
入って直ぐのプールにキャストすると、早速ヒットします♪
これは成魚放流物ですね、しかも何匹もいます。
DSCN0249_convert.jpg
同じプールでやっぱり放流物、みんな痩せてますね。
その直ぐ上の流れ込みにルアーをキャストすると、勢いよくルアーに絡んできます♬
DSCN0250_convert.jpg
今度ヒットしたのは、この渓で生まれた綺麗な天然ヤマメです。
元気に飛び跳ねていて、天然のヤマメは違いますね。
DSCN0251_convert.jpg
その後にもう1匹追加します。
この後、高千穂方面で用事があるので、そのまま上流沿いの道を登って行きます。
登った先は六峰街道です。
DSCN0253_convert.jpg
これは六峰街道から耳川方面の景色です。
DSCN0255_convert.jpg
そして反対側、五ヶ瀬川方面の景色です。
写真中央のすぐ左、遥か奥に根子岳と阿蘇山が見えます
今度は五ヶ瀬川方面へ下っていき、高千穂方面に出て、そのまま帰路に着きました。

                         Y
スポンサーサイト



3月14日 緑川水系 ~シーズン初入渓~

緑川水系、今シーズン初入渓です♪
朝9時頃までは、雨が降っておりました
午前中仕事があったので、午後から1時間ちょっと緑川水系へ、挨拶がてら行ってみます。
DSCN0224_convert.jpg
まずは、こちらの緑川の水神さんにお神酒を捧げて1年間の安全を祈願します
さて、水量はまずまず、淵もありますね。
最初の淵をダウンでキャストしますが、無反応です。
まあ、最初はこんなもんですね。
その後、大岩のぶつかりの淵では、ヤマメが3匹チェイスしてきます。
これは期待大です♬
そこでは出なかったのですが、
DSCN0227_convert.jpg
次の淵で出てくれました、ヤマメさんです
緑川水系も良いですね。
     DSCN0232_convert.jpg
水が透き通っていて、綺麗です
この直ぐ上の淵で、
DSCN0228_convert.jpg
2匹目のヤマメです♬
この後、曇ってきて寒くなってきました。
ヤマメの反応があったものの、この日は早目の納竿としました。
緑川は、また時間がある時にゆっくりきますね。

3月9日 耳川水系 ~やたらと滑る日~

釣りに行かせてもらうため、朝洗濯物を干してから出かけます
お天気が良いので、1時間程走った所の耳川水系です。
DSCN0201_convert.jpg
今シーズン初の耳川水系なので、耳川水系の水神さんに今年の釣行安全を祈って、お神酒を捧げます
入渓点は、前回来た時に脱渓した所から、初めての区間を釣り上がります。
DSCN0202_convert.jpg
まずは小ぶりなヤマメさんです。
前回来た時より、水量が少ないので歩きやすくなっています。
ですが、川底がヌルヌルしていて滑りやすいので、気を付けながら釣行します。
DSCN0203_convert.jpg
また小ぶりなヤマメ。
DSCN0204_convert.jpg
またまた小ぶりなヤマメです。
水温はそこまで冷たくはないのですが、流れの中より緩い溜まりにいます。
DSCN0205_convert.jpg
少しサイズアップします♪
淵には小さいヤマメが沢山いますね。
ここで孵化したヤマメ達でしょうか?
DSCN0206_convert.jpg
大きな淵にキャストすると、小さなヤマメ達がワナワナ着いてきます。
ですが、ヒットしたのはこの日最小のヤマメです♫
この淵を高巻きしようとした時です、岩の上に堆積する落ち葉で滑ってズルっと反転、ヒザを強打してしまいましたそして・・・
DSCN0207_convert.jpg
やっちゃいました。長年愛用してきたシルファーのバットを折ってしまいました
過去の記録を見てみると、9年前に購入していました。
その間、管釣りでデカいニジマスにバットを折られ、ティップの先を幾度となく折り、長年の死闘で傷だらけのシルファーでした。
でも9年間も私の釣行に付き合ってくれて、感謝しかありません。
さすがにもう買い替えですね。いままでありがとう、シルファー
一度車に戻り、もう1本のロッドで再び同じ場所から入渓します。
DSCN0208_convert.jpg
戻ってすぐの場所、何でもないような所で滑って、今度は肘を打って濡らします。
いや~やたらと滑るな~
DSCN0210_convert.jpg
足元に気をつてはいるのですが、それでも何度も足を滑らせます。
DSCN0211_convert.jpg
やっぱりこのぐらいのサイズのヤマメばかり出ます。
ここでお昼の時間になったので、更に上流まで車で移動します
DSCN0212_convert.jpg
そこで、今回はお湯を沸かして一平ちゃんとパンとコーヒーを食します
お昼を食べて後は、そこから入渓します。
すぐの淵で、まあまあ良いサイズがチェイスしてきんですがね~
DSCN0213_convert.jpg
ここでもやっぱり、同じようなサイズのヤマメですね。
DSCN0215_convert.jpg
反応も渋いので、ずっとスプーンで釣り上がっています。
DSCN0216_convert.jpg
このヤマメはまだサビが残っていて綺麗ですね
DSCN0217_convert.jpg
そしてこっちのヤマメは真っ黒です。
この後、支流が流れ込んでいる所の滝壺にキャストしますが、反応が無かったので、ここで納竿とします。
今日はやたらと滑り、ロッドも折っちゃうとは、やっちゃいました。
でも、全然落ち込んでませんよ、新しいロッドは何にしようかな?
ここは小さなヤマメがワナワナいるので、これからでしょうね。

                          K

9月13日 耳川水系

9月も中旬、いよいよ渓流釣りシーズンも残すところ、半月となってきました。
早いものです
DSCN0074_convert_20190913.jpg
渓流沿いの彼岸花に、アゲハチョウが止まっています
お彼岸が近くなりましたね。
今回は耳川水系の支流の上流域へ行ってみます。
車で上がれる所まで行って、下りれそうな所を見つけたので、そこから入ってみます。
ちょっとこの日は肌寒かったので、ウェーダーをチョイス。
DSCN0068_convert_20190913.jpg
入ってみると、これぐらいのヤマメがいっぱいいます。
でもここで釣れたのはこの1匹だけ、すぐに渓が険しくなってきたので、ここの場所はあきらめて移動します。
それから2か所程、ルアーを投げてみますが全く反応がありません。
支流を上ってきてやっと、おチビさんが少し釣れてくれますが、即リリースします。
そんな中、やっと良い魚がヒット~♪
流れに飲まれて、一つ下のポイントまで流されますが、
DSCN0071_convert_20190913.jpg
慎重に取り込むと、やっとまともなサイズのヤマメです
このヤマメの後から反応が良くなって来ました♬
流れが二股に分かれていて、右に釣り上がると
DSCN0072_convert_20190913.jpg
痩せたヤマメがヒットします。
ここの渓は水量が豊富ですね。
今回はここで納竿しますが、いずれここよりも上流へ行ってみたいと思います。


                        K

9月11日 耳川水系

朝用件を済まし、どこに入ろうかな~と、まずは五ヶ瀬川水系の林道を登ってみます。
すると、道の中央に大きな落石が
手で動かそうにも、木の棒で動かそうにも、どける事が出来なかったので、諦めて耳川水系へと移動します。
川沿いに車を止めて入渓の準備をしていると、道の上から歩いて降りて来る人影が、すると反転して向こうへ行きます。
何だろう?と思いながらも、準備が整ったので早速川へ入ります。
今日はお天気が良いし、テンカラをチョイス♪
DSCN0058_convert_20190911.jpg
2つ目のポイントで、早速毛ばりにヒットします♫
幸先が良いですね。
DSCN0059_convert_20190911.jpg
緩い流れに毛ばりをキャストすると、またまたヒットします。
この後、すぐ上流にフライマンの姿がありました
あっ、さっきの人です私が入渓しようとしているのを見たにも関わらず、すぐ上流から入ったみたいです
こちらに気づき慌てたのか、毛ばりを引っ掛けてあたふたしていましたが、その後どんどんと足早に釣り上がって行きました。あらあら
しょうがないので、入られたポイントまで釣り上がろ~と。
DSCN0060_convert_20190911.jpg
ちょっとの区間ですが、おちびさんが毛ばりに出て来てくれます。
DSCN0061_convert_20190911.jpg
パーマークがはっきりしいるヤマメコンスタントに出てくれます。
この後車に戻り、下流へと移動します。
DSCN0062_convert_20190911.jpg
ここでも直ぐに出てくれました♬
この後、いかにもという淵が現れす。
ルアーだと、こんな淵は得意なんですが、テンカラの毛ばりだと遠くへキャスト出来ないし、表層しか見せられないので、淵は苦手です。木が生い茂っていても、キャストしづらいですから、場所を選びます。
DSCN0063_convert_20190911.jpg
良い場所では、ちゃんとヒットしてくれます。
この時12時前だったので、ここでお昼ご飯にします
この後木が生い茂ってくるので、システムを変えてラインを短くし、ドライフライのパラシュートを結びます。
DSCN0064_convert_20190911.jpg
するとドライにもヒット~♡
DSCN0065_convert_20190911.jpg
ドライフライだと、喰ってきた瞬間が見れてエキサイティングですね。
フライマンの、ドライフライ好きが解りますね。
DSCN0066_convert_20190911.jpg
最後の大淵では、ちびヤマメがヒットします。
ルアーどと、チェイスしてくる沢山のヤマメが見れるはずなんですが、テンカラだとこんなもんですかね。
やっぱりこんな大淵では、ルアーを投げたくなります。

                        T

8月26日 耳川水系

この所の天気予報は、ずっと
秋雨前線が停滞しているらしく、気温も下がって肌寒い日が続いています。
お陰で最近、ゲーターでは寒く、ウェーダーを履いています
この日は雨が降ったり止んだり、行けばなんとか釣りが出来るかな?と椎葉へ向かいます。
以前、支流の支流をずっと車で上った時、釣り人らしき人が車のそばで休んでいるのを思い出して、今回はそこから入ってみようと来ました。
着いてすぐはまだ雨がしっかり降っています。
スマホで雨レーダーを見ると、しばらくすれば雨雲が抜けそうなので、車内で少し待ってみます。
小ぶりになってきたので、大きな砂防の横を通って、砂防上から入渓します。
入って直ぐの濁った溜まりにキャストすると、ギラッギラッと魚の姿が見えます。
釣れはしませんでしたが、砂防より上に魚はいそうです。
直ぐの小さい滝では反応が無く、そこを高巻きして釣り上がります。
この頃には気にならないぐらいの小雨が降っていますが、ここでヤマメが初ヒット~♪
ですが、ランディング前にバラしちゃいました。
DSCN0012_convert_20190826.jpg
しばらく釣り上がった先で、やっとヒット~ヤマメです♫
DSCN0013_convert_20190826.jpg
このぐらいの小さいヤマメは、ちらほらいます。
DSCN0014_convert_20190826.jpg
あまり良い型はでませんが、ヒットが続きます。
この後、対岸の山の斜面の草が一か所だけやたらと揺れているのを発見します
何かな?と良く見てみると猪ですどうやら猪が、エサを求めて土を掘っています。
こちらには気づいていなかったので、大声で声を掛けると
DSCN0021_convert_20190826.jpg
こっちをギロッウリボウを3頭連れた母親猪ですね
こちらに気づいて逃げていきましたが、この写真実は、帰って来る時にまた同じ場所でゴソゴソやっていた時の写真です。
この猪の後、いかにもという釜が現れます。ルアーをキャストすると、案の定ヤマメが何匹か飛び出して来ます。
ヒット出来ませんでしたが、ちょっと休ませたらまた出てくるんじゃないかと、とりあえずお昼ご飯にします
まだ小雨が降っていたので、立ったままサクッと食べました。
釜を少し休ませたので、もう一度ルアーをキャストすると
DSCN0015_convert_20190826.jpg
また出てきてくれてヒット~、粘り勝ちです
DSCN0016_convert_20190826.jpg
ルアーより少し大きいぐらいのヤマメまでヒットします。
捕食できるはずの無いサイズですから、完全にリアクションバイトですね。
この辺りでまでとして、一旦車に戻ります。
車に戻ってから、更に上流を目指します
結構上まで走ると、さっきの渓の上流に掛る橋が現れます。
この辺りもヤマメがいるかな?と入ってみます。
橋の直ぐ下流側から入ってちょっとした溜まりで、チェイスが連発します。
そして砂防がすぐありまして、砂防直下には良い溜まりがあります。
そこにキャストすると、グググッ、ヒットが連発します。
DSCN0024_convert_20190826.jpg
じゃじゃ~ん(^^♪良いのが釣れました。
最初にキープしていたのが、次のが釣れた時に逃げられちゃったので、本当はここで3連続ヒットです。
DSCN0025_convert_20190826.jpg
一番大きかったのは、体高のある23cm、満足です
砂防の上も釣り上がってみると、少し反応があります。
DSCN0026_convert_20190826.jpg
最後に釣れたのは、小ぶりながらもパーマークがクッキリした綺麗なヤマメです
今回初めて入ったポイントも、なかなか良い渓でした。
今度は晴れた時に、行きたいですね。

                           U

8月19日 耳川水系

お盆も過ぎ、やっと通常の生活に戻りました。
いざ釣りに行こうと思っていると、雨…
ですが、この日の雨が午前中で上がってくれたので、午後から耳川水系へ向かいます。
場所は7月19日に釣行し反応の良かったポイントの、初めて入る上流域です。
入ってすぐの淵で、ヤマメがぞろぞろと出て来てくれます。
その上の淵でもいっぱいいますが、なかなかヒットしません。
小さなゴルジュの滝があり、それ以上上がれないかな?と思っていると、獣道のような、人が通ったような高巻きの道があります。
その小さな道を進んでいると、確かに高巻けそうですが、途中から険しくなってきたので、やっぱり辞めて引き返します。
少し下り、入りやすい所から入渓します。
P8190843_convert.jpg
ここで小さめですが、ヤマメがヒットします♪
その後、流れが岩肌にぶつかるポイントで、魚が勢いよくチェイスしてきます。
そのポイントを角度を変えながら、しつこくミノーをキャストすると
P8190844_convert.jpg
細長いヤマメがヒットします。粘り勝ちですね
その後、淵の上に迫り出した枝がある、ここはというポイントが現れます。
身を隠し、低い弾道でバシバシミノーをキャストすると~
P8190845_convert.jpg
同じ淵で、3匹のヤマメちゃんです良いですね~🎶
この後の淵でも、良いヤマメが顔を出しますが、ヒットしませんでした。
時間が無かったので、ここで納竿とします。
魚影は濃かったんですが、ヒットしないのが多かったですね。

                         K

7月19日 耳川水系

午前中、早めに要件が終わったので、そのまま椎葉に行ってみます
ここの渓流は何度も入った事がありますが、今回はあまり入った事のないポイントを選んで入渓します。
まだまだ梅雨の最中、水量は良い感じの増水です。
P7190800_convert.jpg
そんな中、ファーストヒットしたのはお腹プックリのヤマメです
P7190801_convert.jpg
そして、少しサイズダウンしたヤマメ。
P7190802_convert.jpg
ちょこちょこ、ヤマメが出てきてくれますね♪
もっと小さいヤマは、沢山います。
P7190804_convert.jpg
コンスタントに釣れてくれますね~♫
この日は、小雨が降ったり止んだりしています。
このヤマメを釣った所で、車に戻りお昼ご飯にします
     P7190811_convert.jpg
後ろの淵でヒットしたのは、ちょっと変わったグレーのヤマメです。
他に1匹、良い型もいたんですがね~、この淵では小さいヤマメをいれると、かなりのヤマメが溜まっていました。
この後一旦脱渓し、車で行ける上流まで移動します
P7190813_convert.jpg
この場所に来てから、更に反応が良くなってきます。
P7190814_convert.jpg
同じポイントで~ワン
P7190815_convert.jpg
ツー
P7190816_convert.jpg
スリーと、ヤマメがトリプルヒット~
P7190817_convert.jpg
こちらは綺麗なヤマメですね~
     P7190819_convert.jpg
ここまで来ても、水量が豊富です。
この後、いばらの斜面を苦労して登って、脱渓して納竿とします。
道が無くなった先の上流域も見えてましたが、良い感じだったので、今度はその上流域へ行ってみたいと思います。

                          K

5月8日 耳川水系 ~テンカラ~

朝、ライブカメラで諸塚の耳川を見てみると、水量が非常に多いので目指して見る事に
着いてみると、あら?水が減っている?これは放水を止めたな?という事で、一応竿を出してみるものの釣れる気がしないので、入った事の無い支流へと移動します。
     P5080634_convert.jpg
新緑が眩しい、綺麗な渓です
さてヤマメはいますかな?
すると、すぐにヤマメの反応がありました!
ここは、テンカラがしやそうなので、毛ばりに変えます。
P5080623_convert.jpg
毛ばりをキャストすると、ラインが引き込まれました!
アワセを入れると、小ぶりですが綺麗なヤマメがヒットします。
P5080624_convert.jpg
流れの脇の緩みに毛ばりを打ち込むと、またラインが引き込まれ、ヤマメがヒットします♪
P5080625_convert.jpg
ここはヤマメが豊富です。良い渓ですね~♡
P5080627_convert.jpg
毛ばりは遠くまで飛ばせないので、鏡のようなプールでキャストしようと近づくと、魚に気づかれてしまうので不向きですね。
岩がゴロゴロしているような、人が隠れる場所がある渓に、テンカラは向いています。
P5080628_convert.jpg
全体的に小ぶりなヤマメです。
P5080629_convert.jpg
点の少ないヤマメ、他に指ぐらいの大きさのヤマメも何匹か釣れていますが、写真を撮らずに即リリースしています。
P5080632_convert.jpg
沢山釣れるので、テンカラの良い練習になっています。
     P5080633_convert.jpg
岩の向こう側の流れにキャストすると、少しサイズアップします。
P5080635_convert.jpg
さらにサイズアップの、綺麗なヤマメがヒットします
ここでお昼休憩を取ります
まだまだ通しで歩いて行けそうですが、一旦脱渓して車に戻り、かなり上流まで車で一気に上がってみます。
民家を抜け、舗装道路が林道に変わってきました。すると橋の所に、良さげな支流が現れました!
     P5080638_convert.jpg
水量十分で、良さげな淵が上下に形成されています。
上の淵で一度ヤマメがアタックしてきて、ダウンの淵では良型がヒットしましたが、キャッチする前にバレちゃいました。
その後、しばらくその渓を上ってみます。
歩きやすい渓ですが、ヤマメの反応は薄くあまり期待できる渓ではありませんでした。
渓相はかなり良く、私好みですけどね。
元の渓流へ戻ると、小さな滝の淵が現れます。
P5080640_convert.jpg
そこでは、小さなヤマメがヒットします。
上流域では、魚影が薄くなったので元のポイント近くまで下ることに。
P5080643_convert.jpg
そこには、思わず「美味しそう」と言ってしまう堤防下のプールが現れます。ここで
P5080648_convert.jpg
立て続けに4匹ヤマメをヒットして、納竿としました
この日は10匹以上釣れました!魚影は濃いですね。
まだ入った事の無いポイントがまだまだありますので、また行ってみたいと思います。

                     K

5月7日 耳川水系

やっと10連休のGWが終わりましたね
子供が3人いる我が家では、毎日がうるさい日々でした
どこに行っても人が多いだろうと、動植物園とショッピングモールに2日間だけ出掛けました。
あとは我が家の庭にテントをはり1泊だけキャンプをしたり、バーベキューをしたりと過ごしておりました。
さてGWは渓流も人が多いだろうと、GWが明けた次の日のお昼頃から、椎葉の渓流へ向かいます。
やはり人はいませんね~、目論んでいたポイントに着くと、そこだけピンポイントで人が入っていました。
それじゃあ入った事の無いポイントに行ってみようと、上流へ向かいます。
入ったポイントのすぐ下の淵にルアーをキャストすると、ヤマメが2、3匹チェイスして来ます、良い感じです♫
     P5070616_convert.jpg
そこでは出なかったのですが、しばらく釣り上がった場所で1匹出ました。
その後しばらく渋い時間が続いたので、お昼休憩を挟みます
P5070617_convert.jpg
やっと流れの中で出ました
ひょっとすると人が朝入ったか、前日入っていたかもしれませんね。
渋い区間だったので、この後大きく移動します。
少し人が入りにくい場所に入ってみす。
案の定、蜘蛛の巣が掛かっています、これは期待大です♪
P5070618_convert.jpg
やはりここは反応が良いです🎶早速ヤマメがヒットします。
P5070620_convert.jpg
大岩ゴロゴロの場所なので、岩に隠れながらキャストします。
P5070621_convert.jpg
最後の1匹は、この日最大の22cmのヤマメです。
こちらも大岩の間の流れの中にキャストすると、ヒットしました。
椎葉も水は少なめですが、淵がしっかりあるので五ヶ瀬川より良い気がします。

                       T
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO RARENIUM CI4+
     C2000HGS
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYSSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   SHIMANO CARDIFF NE
     S72L
   DAIWA LUVIAS 2506
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:Nikon COOLPIX W300

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
181位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示