FC2ブログ

4月26日 緑川水系

今回は緑川水系のとある支流です。
前回入った場所より、上流へ初釣行します
     P4260769_convert.jpg
日差しが輝く中、朽ち木には黄色い花が咲いていました何て花だろう?
倒木の下にミノーを通すと、かなりやる気のある魚がチェイスして来ましたフックには触っていません。更にキャストするとまた出て来ます。喰わせる距離が短いため、立ち位置を変えてみますが、その後はもう出て来ませんでした。良い型だったのにな~
しばらく釣り上がります。今度は岩陰に隠れてミノーを流します。すると良い型がブワッと出て来ましたもう一度通すと、またそしてフックに触りました。今度は出てくれないだろうな~と思いながら、少しダウン気味で長くルアーを見せてやると、ヒット~
P4260770_convert.jpg
ちょ~綺麗で紅がさす、23cmのヤマメです
いや~このヤマメ、この1匹だけでこの日満足するぐらいの魚でした。
P4260776_convert.jpg
次のヤマメも、ちょっと紅が入ってるんですよね。
この支流は、こんなヤマメが多いのかも?
この日は2時間ほどの釣行です。先には大きな滝が見えます。あの滝は高巻きしないと行けそうにないので、その滝壺まで行こうと決めました。
P4260778_convert.jpg
そのちょっと手前での1匹です。
P4260779_convert.jpg
そして、最後の滝壺に差し掛かりました。
ここではおチビと
     P4260780_convert.jpg
おチビちゃんしか出ませんでした。
この上流はさらに車で行ける所もあり、奥が長そうなのでまたいずれ行ってみます
                            K
スポンサーサイト

4月25日 五ヶ瀬川水系 ~テンカララン~

昨年から始めたテンカラ、気温が上がって来たので夕方から2時間程テンカラで通します。
まだキャストに自信が無くすぐ腕が疲れていたのですが、映像等を見て少し振り方を変えてみました
すると今回はその振り方がシックリきて疲れません。しかも遠くのポイントまでしっかりラインが伸びてくれます。今までは遠くに毛ばりを飛ばそうとグリップを肩ぐらいの位置で振っていました。そのため腕が疲れてしまい、さほど飛びませんそのせいで更に力が入っていました。
それを今回からグリップの位置を下げ楽に降り、ラインを飛ばすのでなくピックアップ時にスピードをつけて、その力を利用して毛ばりを届ける様にすると気持ち良くキャストが決まり始めここに来てやっとテンカラのコツが解って来ました
毛ばりをキャストし1,2,3秒程したらピックアップし、またキャストします。このテンポを繰り返して釣り上がります。しばらくは反応が無かったのですが、流れが絞られているポイントでキャスト
     P4250767_convert.jpg
1,2,3でピックアップするとここでヒットしました25cmの細長いヤマメです。
このテンポの良いピックアップは、そのままアワセに繋がります。テンカラの毛ばりは基本ウェットで、水面下を流します。ですからアタリは解りづらいですが、こういったピックアップがアワセになります。薄暗くてラインが見えない場所や、流れの早い場所で使えます。ルアーの時のトゥイッチがそのままアワセに繋がるのと一緒ですね。
今度は落ち込み下の石の裏、流れがゆっくりになっている所にキャストします。
毛ばりをキャストしラインを流すと、流れの中でラインが一定に流れるのですが、ラインが流れず止まりました。
ここでアワセを入れてヒットしたのが
P4250768_convert.jpg
次のヤマメです今度は魚が毛ばりを食ってラインが止まったのでアワセを入れて”釣った”魚です。
テンカラは、竿と、レベルラインと、ハリスと、毛ばりだけのシンプルな釣りです。水面下に毛ばりを流し、レベルライン(視認性の高いイエロー)とハリスの結び目を見ていてラインが止まったり、フケたり、引き込まれたりした時にアワセを入れます。それと、テンポの良いピックアップで魚を釣り上げる釣りです。
昨年まではまだこの釣りにシックリ来てませんでしたが、今回の釣行でだいぶシックリ来る釣りが出来ました。
これからテンカラ釣りも楽しくなりそうです。

4月21日 五ヶ瀬川水系 ~本流~

仕事が早く終わったので、本流へ久しぶりに出掛けてます。
到着したのが、午前11時。下流の方からラン&ガンで釣り上がって行きます
3ヶ所回るものの、全くの反応無し
4ヶ所目、瀬の中ほどに立ち対岸の流れ込みを狙ってミノーをキャストします。しかし、またもや反応無し
そこで届かない対岸へキャストしようと、重たいスプーンをチョイスしてキャストします。
スプーンを転がすようにリトリーブし、流れ込みの際辺りをリトリーブしていると、突然ガツン
スプーンをひったくられました。無意識にロッドをあおり、アワセを入れます。するとドラグがジジーダウンの瀬も合わさって暴れます。負けじと応戦
P4210754_convert.jpg
手前のポイントだったので、割と直ぐにネットインする事が出来たのは、体高のある本流ヤマメです
P4210757_convert.jpg
良い面構えをしています
P4210755_convert.jpg
ジャジャ~ン33cmの尺ヤマメです
P4210753_convert.jpg
今回はこの1匹だけでしたが、いずれ本流で40アップを狙いたいですね。
本流へはあと何度か行きますよ~

4月19日 緑川水系 ~ヤマメ調査~

たまに通る道ですが、橋の下で気になる川がありました。
緑川水系の支流の支流です。
水質はマッドですが、水量はまあまああります。
川に降りてまず、スリットにダウンでキャストします。
するとギラッ魚影が反転しました。ルアーに触らなかったものの、1度のみ。でもあの反転の仕方はヤマメです
これは期待出来そうです。
その後大きな淵があり、上がれなかったので高巻きします。
上の小さなスリットではダウンでしつこく見せると~
P4190751_convert.jpg
やっぱりヤマメが居ました少し、紅が入っているように見えます。
ここは阿蘇山の外輪山から流れ出る支流。ひょっとして紅ヤマメかも?
あまり時間が無く短い距離しか釣行してませんが、またいつか今回のポイントの上下流も調査したいものです。
                                T

4月13日 五ヶ瀬川水系 ~女神さま~

下の娘の面倒を見るために、初めて釣りに誘ってみました
     P4130742_convert.jpg
2歳の娘にとっては初めての渓流ルアー釣り。
一緒に投げて、一緒に巻いてあげます
いつも「私がやる」とやりたがりな娘、何でも良いからヒットしないかな~

すると・・・、ゴンッ・・・、何か釣れた
ネットインするとそこには
P4130745_convert.jpg
山女様、しかも、でっデカイ・・・
渓流用のネットじゃ小さかったので、本流用のネットに替えて計測。
     P4130743_convert.jpg
ん~~~、31cm
ん~~~、尺山女を釣っちゃったよ、娘
まじッすかビギナーズラック
P4130750_convert.jpg
「スゴイよ」と言っても、反応の薄い娘。ま~2歳じゃ状況が理解できないか
私もここ最近、渓流での尺物に出会えていないだけに、娘と釣ったものの1人で釣りたかった~と思ってしまいました。
娘は女神さまかも・・・。
ほんの15分程の出来事でした。

4月11日 五ヶ瀬川水系

この所、雨が多いですねこの日は晴れの予報ですが、午前中は曇っていました。
     P4110732_convert.jpg
前日は結構雨が降りまして、良い感じに増水しております。
大物が釣れるといいのですが、午前中だけ入渓しました。
P4110731_convert.jpg
瀬での反応は良いですね
でもいかにも居そうな淵では反応がありません。
P4110734_convert.jpg
小ぶりがチラホラ
     P4110736_convert.jpg
Dコンは良いミノーです。
P4110738_convert.jpg
キャストのしやすさや、トゥイッチのしやすさ、魚の反応など、どこの川に行っても通用します。
P4110739_convert.jpg
少しサイズアップ
P4110741_convert.jpg
最後はお腹ポッコリちゃんでした。
もうちょっと釣り上がりたかったのですが、いつもより増水していて、通れる所が通れなくなっていたので諦めました。
この日は午後からが日が差してましたよ

4月8日 緑川水系 ~花冷え~

この日関東では、桜の花に雪が積もったとか
九州は雪は降らないものの、日が出ても寒い1日となりました。
     P4080725_convert.jpg
しかし新緑が綺麗な季節になって来ましたね
最初にプールがあります。
ここをダウンでキャストすると~
P4080722_convert.jpg
ダブルヒットです他にも良型がギラッと現れたのですが、一度のみのキスバイトに終わりました。
下流には崖に囲まれた淵がありまして、山肌を下って行ったのですが、反応が無かったので止めました。
釣り上がっていると緩い流れの中で
P4080726_convert.jpg
ヒット~
P4080727_convert.jpg
同じ場所でまたヒット~
次にプールが現れました。
そこではヤマメが溜まっていたらしく
P4080728_convert.jpg
桜の花びらとヤマメ
P4080729_convert.jpg
薄っすら紅を纏うヤマメ
P4080730_convert.jpg
最後は22cmの細長いヤマメです。
このヤマメ、もの凄いやる気満々で一度ルアーに反応した後、コースを替えて鼻先にミノーを通すと浅瀬までチェイスして来ました。最後はミノーを折り返して八の字で喰わせて釣り上げましたよ
この後、上流のプールでも小さいヤマメの反応がありました。
その後の小場所では反応が無くなったので、納竿します。
最初のポイントから淵では魚影が濃く、楽しめましたよ

4月4日 五ヶ瀬川水系

子供の宿題を見ていたのですが、なかなか進まない
やっとの事で終わりのめどが立ったので、残りは奥様に託し、こういう時は釣りに行きます
土曜日と言う事もあり、手前から釣り人がチラホラ見えます。入ろうと思っていた所に人が入っていたので、人の居ないポイントへ
夕方3時過ぎ、2時間程釣行します。
最初ダウンで流していると、ギラッ良型の横っ腹が見えました。しかしフッキングせず。
その後ダウンでは出なかったため、釣り上がります。
ちょっとした流れ込みでヒットしました
P4040719_convert.jpg
小ぶりなヤマメさんです。
P4040718_convert.jpg
その後も流れ込みでヒットしました。
あまり時間の無い最後のポイントは、大岩の落ち込み下のプールです。いかにも居そうです
ここでは流れの中でヒットしました
P4040721_convert.jpg
黒いヤマメですいつも深場にいるのでしょうか?たまにこういった色のヤマメに出会います。
この淵ではダウンでもう1匹ヒットがあったのですが、流れの中をリトリーブしていると外れてしまいました。

先日、釣り番組を見ていたら、Fishing Caféという番組で面白い話をしていました。
まず、魚に性格が遺伝してしまうという話です。ハイプレッシャーで育った魚は、その性格が遺伝して神経質な魚になってしまう。
また、キャッチ&リリースの有効性としてスロットリミットという考え方を話していました。
小さな魚はリリースする。中くらいの食べごろサイズは持って帰っても良い。そして大きな魚程リリースするというものです。小さな魚は産卵に参加してもらうためにリリースし、大きな魚は大きくなる遺伝子を持っているのでリリースするというものです。これによってその場所の魚達の大型が増えたという実験結果があるそうです。
なるほどですね~。大きな魚は魚拓や剥製にしたいと記念に持って帰りたがりますが、写真に収めるぐらいにしておけばその大きくなる遺伝子を引き継いだ大きな魚が増えるんですね。
皆が皆、実践するのは難しいでしょうが、いつかこの考え方が浸透し広まれば、「昔はデカイ魚が沢山釣れてね~」という老師の思い出話が蘇る時代が、来るかもしれませんね。

3月27日 椎葉

昼間は暖かくなったと言っても、朝は冷え込む事もあります。
今回は日の出と共に椎葉でロッドを振りました。
巻いていると、手元に違和感を感じます
P3270705_convert.jpg
それもそのはず、寒さでガイドが凍っていましたこんな中釣りをするのは初めてです。
最初のポイントは反応無し、次のポイントに移動します。
そこではググッ
P3270707_convert.jpg
薄っすらパーマークの残った平家マスです。でもちっちゃ
その後、幅広の魚体の横っ腹がギラッしかしググッとなった瞬間フックアウトしました
あれは平家マスか?イダか?でも尺はありそうでした。
その後、渓流へと登ります
     P3270709_convert.jpg
最初の1匹目はパーマークが繋がり、薄っすら紫色を纏った山女です
P3270710_convert.jpg
その後も小さいですけど魚影が濃く、コンスタントに遊んでくれます。
山女を釣り下げて撮っている写真は、魚が小さく、触らずにリリースするためこのような写真になっていますよ
P3270714_convert.jpg
水が綺麗です
P3270715_convert.jpg
日差しが出て、気温も上がり、活性が上がって来てるみたいです。
P3270717_convert.jpg
今回はあんまり上りませんでしたが、時間がある時にさらに上流を目指したいと思います。
あと大きな平家マスが出るといいな~
                            K
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYKSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   DAIWA LUVIAS 2506
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO RARENIUM CI4+
     C2000HGS
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:OLYMPUS TOUGH TG-310

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
539位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示