FC2ブログ

キャンプ道具 ~スウェーデントーチ~

釣りには関係ないのですが、最近ソロキャンプに少し目覚めて来まして、そのネタを書きます。
3年前の息子が初節句の時に、鯉のぼりを立てました
我が熊本では、鯉のぼりを立てるのに、ポールではなく10m~20m程の杉の木を使って立てます。
      Inked20170413_170257_LI_convert.jpg
熊本独特らしいのですが、杉の皮を剥いて立て、そのてっぺんには杉の葉を残し、名前旗やバレン(竹のカゴ)等を付けます。
費用も掛ったしもったいないので、3年は鯉のぼりを立てましたね。
3年経った後、自分で倒しまして軒先に保存していました。
その杉の木を再利用すべく、今年中古でチェーンソーを購入しました。
その購入費用になればと思いついたのが、最近キャンプブームという事もあり、キャンプで使えるスウェーデントーチなる物を作ることに
スウェーデントーチとは、木こりのロウソクと言われたり、火が着くと自然と燃えていき、お湯が沸かせ調理に使える丸太です。
DSC_0586_convert.jpg
まずは直径20cm弱の杉の木を、20cmの長さでぶった切ります
DSC_0587_convert.jpg
その後、2~3本チェーンソーで切れ目を入れます。
しかし丸太は固定しないと危なくて切れないので、考えた末、ジャッキと竹で固定して切ることに。
この作業が難しいのですが、これで切れ目を入れることが出来ます。
      DSC_0580_convert.jpg
左の列は、バッテンに2本切れ目を入れたタイプ。
右の列は、3本切れ目を入れたタイプです。
切れ目の数で、火をつけた時の空気の流入量が変わって、恐らく燃焼時間と火力に差が出ると思われます。
      DSC_0574_convert.jpg
乾燥した杉なので、真ん中にバーナーを突っ込んで火を着けたら直ぐ着きました。
この大きさで燃焼時間は、30分~40分。
この上でお湯を沸かしたり料理をすることが出来ます。
      DSC_0588_convert.jpg
直径の小さい物は、ドリルでてっぺんからと横から穴を開けて、L字型に空気が通る、違うタイプも作ってみました
このスウェーデントーチ達は、知り合いのキャンプ場で買ってもらって、販売しています。
全部で40~50個出来そうなので、それで中古のチェーンソー代が出る計算です。
コロナの影響で、近くのキャンプ場はGW中閉鎖していますが、いずれこの子達が使われる日が来るでしょうね。
私はGW中、子供たちと家の庭にテントを張って、家キャンとBBQとソロキャンを融合させて楽しむ予定です。
スポンサーサイト



4月25日 耳川水系 ~taihei079さんとテンカラと~

先週の土曜日に引き続き、今週の土曜日も予定が合ったので、2週連続taiheiさんとの釣行です。
昨日おとといは、寒の戻りで非常に寒かったんですよ
やっと今日から気温が20度位まで上がると言うものの、今朝は霜が降りて薄氷が張っていました
朝一で用件があったので、少し遅めにtaiheiさんと合流します。
今回の目的地は、前回気になった滝の上流です。
滝の所からは登れないのですが、近くの崖に古いロープがあったので、そこから登れるんじゃないかと挑戦します。
そのロープの場所は古くて心配だったので、持参したロープを使って、まずは崖を登ります。
      DSC_0591_convert.jpg
その後は、こんな急斜面をフウフウ言いながら登ります
そうそうこの日は、デジカメのSDカードを挿入するのを忘れていまして、すべてスマホで撮影しています。
      DSC_0592_convert.jpg
そして割とすぐに、滝の直上へ到着します。
水量は予想通りまあまああって、所々に釜が形成されていて、良い感じです。
初めてのポイントを、2人でしばらく釣り上がります。
ですが、ノーフィッシュどころか、ノーチェイスで全く魚がいないので、この渓は早々に諦めます。
車に戻った時点で10時過ぎ、この後どこに行きます?と話して決めたのは、先週の土曜一緒の釣行で先行者がいて入れなかった渓です。
到着すると、誰もいないので砂利の斜面を登って、大きな砂防の上から入渓します。
砂防の上のちっちゃなプールにtaiheiさんがルアーをキャストすると、ヤマメがわなわな付いてきます。
これは期待大ですね♪
すぐに高巻きスポットがありまして、私はその先から竿を出します。
taiheiさんはルアーですが、気温も上がってきて穏やかなので、私は今年初のテンカラで毛ばりを使うことに。
DSC_0595_convert.jpg
すると早速、taiheiさんの前で良いヤマメがヒットします
ここの渓は釣行しやすく、木が生い茂っていないので、テンカラがキャストしやすいですね。
DSC_0596_convert.jpg
ここのヤマメは全体的に少し赤っぽく、この渓独特のヤマメ達がいます。
DSC_0597_convert.jpg
この日は毛ばりに反応が良く、ちょっとした瀬やちょっとした深みで、バンバン出てくれます。
      DSC_0598_conver.jpg
この淵では、3匹も毛ばりに出ました
taiheiさんのルアーには反応が渋かったのですが、毛ばりはトータル20匹ぐらい出てきてくれました。
スマホで撮影だったので、すべて撮影していないのですが、小さめのヤマメ達が沢山毛ばりに反応してくれました。
かなり登ったのですが、行程の半分ほどで納竿とします。
今度時間がある時に、すべて登り切ってみたいものです。

                         U

4月18日 耳川水系 ~taihei079さんと~

釣り友のtaiheiさんが耳川の魚券を買ったというのと、予定が合ったので、久しぶりに一緒に釣行します。
目的の渓は、以前一回だけ行って、雨が降り出したので途中までしか進めなかったポイントです。
椎葉に入ってからは釣人を見かけなかったのですが、そのポイントに着くと、そこだけすでに先行者の車が
ここは意外と人気があるんですね。
じゃあポイントを変えようと、すぐそばに更に支流がありまして、入った事が無かったので調査がてらその渓に入ってみる事に。
DSCN0305_convert.jpg
水は少なめですが、所々に淵がって魚の潜む場所はあります。
すると早速淵で、良型が元気よく飛び出して来ました!
ヒットはしなかったのですが、この渓にも渓流魚がいそうです。
すぐ上の小さな流れのなかで、ヒット~♪
DSCN0301_convert.jpg
ヤマメですやはりこの渓にもちゃんとヤマメがいますね。
いることが分かれば、後はどれだけいるかですね。
次に、かなり良さげな淵が現れます。
2人でルアーをキャストすると、2匹程チェイスがあります。
しかし反応が無くなり、taiheiさんは次のポイントへ移動しますが、私はもうちょっとしつこく攻めていると、ググッ
DSCN0303_convert.jpg
痩せていますが、23cmのヤマメがヒットします
小さな渓ですが、まあまあなヤマメが潜んでいますね。
     DSCN0306_convert.jpg
面白い形のコケ?です。
釣り友のtaiheiさんも釣っていたし、私は何匹かバラシもあったので、初めての渓ですがヤマメの生息を確認する事が出来ました。
砂防を越えて登って行くと、水が細くなったんものの頭上に林道が見えてので、そこまで2人で登って林道を下り車に戻ります。
車に戻ってからは、目的の渓の遥か上流へ車で移動し、短い区間ですがそこを攻めてみることに。
そこの場所でもお互い何匹かヤマメをキャッチする事ができ、椎葉の渓の豊かさを知りました。
車に戻って昼食を取り、午後からは大きく移動します
最初に大きい支流へ入ったのですが、少し魚の反応があったものの、全然釣れず更に移動します。
前回ヤマメがワナワナ居たポイントのすぐ上から入渓しますが
DSCN0307_convert.jpg
ヒット出来たのは、このヤマメだけでした。
すぐ下は反応が良かったのに、先行者がいたのかな?
帰り道を歩いていると、ちょっと気になる渓を見つけました。
入渓には崖を登らないといけないのでしんどそうですが、いつか行ってみたいと思います。

                         U

4月14日 耳川水系

新型コロナウイルスについて
世間では、感染拡大防止や人との接触(三密)、不要不急と叫ばれております。
釣りに関しても色々な意見があると思います。
私の私的な考えとしては、自宅は田舎、釣り場は家からおおよそ45分圏内で、昼食を買うためにお店に寄ることはあっても、大勢の人と接触を避ける。釣りは屋外で、人と会うことの方が少ないので、現段階としてこのまま釣行は続けて行こうと思っています。ご了承下さい。

土日に冷たい雨が降りまして、阿蘇山や五ヶ瀬スキー場付近では雪が降ったみたいです
今朝は冷え込んだものの、日が昇ると気温がどんどん気温が上がってきます。
でも水は昨日の影響で冷たいですね。
入ってすぐのポイントは、淵になっています。
そのポイント第一投目で、魚がワナワナ!
DSCN0285_convert.jpg
一投目でのヒットです♪
DSCN0286_convert.jpg
このヤマメも同じ淵から出ました。
DSCN0287_convert.jpg
この淵にはルアーにチェイスしてくるヤマメが沢山います。
恐らく20~30匹は良そうですが、ルアーで釣れたのはこの3匹です。
餌釣りが入ったら、根こそぎ釣られちゃいそうですね。
DSCN0288_convert.jpg
その後も、流れの中から飛び出します。
今日のこのポイントは、ヤマメが沢山います♬
良いポイントですね。
この後、急用が出来て一旦家に戻らないといけなくなりました
用件が済み、お昼前に釣行の続きをするべく、同じ場所から入ります。
ついでに最初の淵にキャストしてみると、一度入ったポイントにも関わらず、またチェイスしてきてくれます。
ノンプレッシャーですね。
DSCN0290_convert.jpg
結構釣れてくれるので、このヤマメより小さいサイズは、即リリースして写真も撮っていません
この後、深場のオーバーハングにルアーを引っ掛けてしまいました。
ルアーに近づけないので、ん~取り合えず昼食を取ってどうやって取るか考えます
結果、シンプルに長い枝を手に入れて、バンバン叩いて見事回収に成功しました。
この後、いつも引き返す滝壺が現れます。
いつもより水量が少ないので、釜が小さくなっていますが、ルアーをキャストすると、ヤマメ達がワナワナ着いてきます。
DSCN0291_convert.jpg
そんな中でヒットしてきてくれたのが、少しサビがあるヤマメです。
その滝壺で引き返し、途中にあった支流へと釣り上がります。
DSCN0293_convert.jpg
流れの中から1匹
DSCN0294_convert.jpg
もう1匹と、同じポイントで立て続けにヒット~
DSCN0295_convert.jpg
エビぞり~
DSCN0296_convert.jpg
と、ゴルジュの深場でのヒット。
深場には、ヤマメがやっぱり沢山溜まっています。
このゴルジュは越えられないので、ここで車に戻ります。
     DSCN0298_convert.jpg
戻ろうとしたとき、ランディングネットの落とし物を見つけました
このネットは、拾ったそばの小さな松の木に引っ掛けておきましたので、心当たりのある方は、取りに行ってみてくださいね。
車で戻る途中、国道したの段々落ちのポイントにキャストすると
DSCN0299_convert.jpg
1投目でヒットしたのは、この日最大のヤマメです
この直ぐ上の深場にも、やはりヤマメが沢山いました。
このポイントは良いですね、早くもっと大きく育ってまた釣れてくださいな。

                            T

4月8日 五ヶ瀬川水系 ~2度おいしい渓~

朝から向かうは、久しぶりの渓♪
ここは川までは、つづら折りの道を車で下って行きます。
お掛けで民家はあるのに、携帯は圏外です。
入渓する支流は、五ヶ瀬川に一旦下りて本流から支流に入り、発電所の排水口より上流です。
入ってみると、ここにも真新しい足跡があります。人はどこでも入っていますね
そのせいか、良さげなポイントは沢山あれど、しばらくは全く反応がありません。
しかし突然、流れと流れの三角地帯で
DSCN0272_convert.jpg
ヒレピンのニジマスです
そう、ここはニジマスが生息している渓ですよ。
以前ここで、ニジマスの幼魚を何匹も釣った事がありました。
ここはニジマスを放流しているポイントかもしれませんね。
その後も携帯が繋がらない渓を、ひたすら上ります。
難しく無い渓ですが、携帯が繋がらないと、いざという時の不安が常にあって落ち着かないですね。
今回は、前回来た時より先を目指します。
途中の深みでは、良型を掛けるものの、バラシ
チェイスすら乏しい渓ですが、同じポイントでニジマスを2匹確認しますが、ヒットしません。
約2km弱釣り上がった所で、お昼ご飯を食べて引き返します。
今回は、全体的に魚が少なく、魚を確認出来たのは3、4回でした。
しかもすべてが恐らくニジマス。ホントにニジマスの渓ですね。
お昼を食べてから、戻り掛けに、気になった水量の多い支流の支流を覗いてみます。
前回は無かった獣道があったので、そこから高巻いて入ると、猪の足跡やヌタ場だらけでしたがその支流へ入ることができました。
入ったポイントでは、上と下に小さな滝壺の淵があります。
上の淵を攻めますが無反応、下の淵をしつこく攻めるとググッ
DSCN0276_convert.jpg
合流からの最初の淵なので、やはりここもニジマスです
そこからは、初めての区間ですが、この支流の支流を上ってみます。
入ってからは、意外と水量が多いので、ところどころに淵が形成されています。
DSCN0283_convert.jpg
この淵の右にミノーをキャストすると、一度アタリます
何度かミノーをキャストすると、ググッ
DSCN0282_convert.jpg
少し赤みの残った、こちらはヤマメです。
23cm、良いヤマメがいました
この後も、ブッシュの陰でもヤマメを確認しました。
そしてちょっとしたゴルジュが現れ、そこで痛恨のバラシ。
ゴルジュから先は、ちょっと険しかったのでここまでで納竿します。
この支流の支流では、ヤマメが生息しているみたいです。
ニジマスの渓と、ヤマメの渓、今回はそれぞれで2度おいしい渓でした
渓を下っていると、ちょっと携帯の電波が入った所で、ショートメールの知らせが
着信がバンバン入っていたみたいです。
家からの急用だったので、慌てて帰路に着きました
追伸
そういえば、この渓で久しぶりのカワセミ見たな~。
                           K

4月6日 五ヶ瀬川水系

日中はだいぶ暖かくなってきたもののこの日の朝は霜が降りていました
子供を幼稚園に送り出し、そのまま釣り場へと向かいます。
まずは本流でちょこっと投げますが、やはりノーバイト
次に、3月12日に入渓したポイントの上流で、気になっている所に向かいます。
DSCN0257_convert.jpg
日が出ると、ぽかぽか陽気で暖かいですね
入って直ぐの所で、2匹ヤマメがチェイスしてきます。
これは期待していいのかな?と思ったものの、しばらく無反応が続きます。
DSCN0256_convert.jpg
スピナーに変えてから、やっと1匹ヤマメがヒットします。
でも小さいですね。ここは水量が少なめで、あまりヤマメがいませんね。
DSCN0258_convert.jpg
脱渓するまでに、何とかもう1匹追加します。
DSCN0260_convert.jpg
車に戻ったすぐ下に、ちょっとしたスペースがあったので、ここでお湯を沸かし、大好きな一平ちゃんとランチパックの昼食をとります
昼食を取った後は、前回まだ行けてない区間で、道から滝が見えた所があったので、そこまで釣がろうと思います。
滝から一番近い入渓点から入ると、割と新しい足跡があります。
前回も足跡を見ましたが、意外とこの小さな支流は人気があるのかもですね。
しばらくは前回釣行した区間なので、サクサク釣り上がります。
DSCN0261_convert.jpg
そこでまず、小さいヤマメをヒットします。
前回は全然釣れなかったので、こんなもんかなと更に上ります。
DSCN0262_convert.jpg
するとちょっとした深みで、意外な良型かヒットします
前回はこんなのいなかったのですが、今日は良いですね♪
DSCN0265_convert.jpg
しばらく上がった先に、目的の滝つぼが現れます。ここは大物が居そうですね。
結構大きな淵なので、色々なルアーをフルキャストして攻めます。
結果、2度ほどアタリっぽいものがあったものの、ノーフィッシュでした
この滝は高巻き出来ないので、車まで戻り、この川の更に支流へと移動します。
そこでは、大岩の淵で良型が2匹程飛び出して来ましたが、ヒット出来ず。
釣り上がった先には、ここも滝壺があり、そこにしつこくミノーをキャストすると~
DSCN0269_convert.jpg
やっとヤマメが出てきてくれました。
それぞれの滝壺で大物を期待したのですが、まあこんなもんですかね。

                          A

4月2日 耳川水系 ~本流~

実は3月の下旬に小雨の降る中、耳川本流を攻めにいったのですが、ノーフィッシュだったので、その日の事はブログには書いていません。
そのリベンジに、また耳川本流へと車を走らせます
DSCN0246_convert.jpg
前日まで雨続きだったので、前回より水量が増えて良い感じです。
ですが最近このポイントは、人が多いようで、入る前に1人と入ってからも1人釣り人を見かけました。
2か所で投げ続けましたが、結果は当たりすら無く、今回もノーフィッシュです。
お昼ご飯を近くのお店で購入し支流を上流へ向かって走ります。
そこにはダムがあり、ダムより上流から入渓します。
DSCN0248_convert.jpg
入って直ぐのプールにキャストすると、早速ヒットします♪
これは成魚放流物ですね、しかも何匹もいます。
DSCN0249_convert.jpg
同じプールでやっぱり放流物、みんな痩せてますね。
その直ぐ上の流れ込みにルアーをキャストすると、勢いよくルアーに絡んできます♬
DSCN0250_convert.jpg
今度ヒットしたのは、この渓で生まれた綺麗な天然ヤマメです。
元気に飛び跳ねていて、天然のヤマメは違いますね。
DSCN0251_convert.jpg
その後にもう1匹追加します。
この後、高千穂方面で用事があるので、そのまま上流沿いの道を登って行きます。
登った先は六峰街道です。
DSCN0253_convert.jpg
これは六峰街道から耳川方面の景色です。
DSCN0255_convert.jpg
そして反対側、五ヶ瀬川方面の景色です。
写真中央のすぐ左、遥か奥に根子岳と阿蘇山が見えます
今度は五ヶ瀬川方面へ下っていき、高千穂方面に出て、そのまま帰路に着きました。

                         Y
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO RARENIUM CI4+
     C2000HGS
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYSSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   SHIMANO CARDIFF NE
     S72L
   DAIWA LUVIAS 2506
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:Nikon COOLPIX W300

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
981位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
176位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示