FC2ブログ

6月11日 五ヶ瀬川水系 ~源流域~

午前、早めに要件が済んだので、10時頃から入渓します。
場所は2年ぶりの源流域です。
P6110689_convert.jpg
渓深くまで下りて行くと、木に覆われていて薄暗い渓ですが、空を見上げると所々新緑が明るく照らされています
ここは3年前に水害に合い、2年前に入った時は魚が少なくなっていました。
あれから2年、魚達は戻って来たでしょうか?
入渓点から下ってみた時は反応無しだったのですが、上り始めると急に魚影が濃くなってきました。
P6110684_convert.jpg
1匹目で20cmのヤマメがヒットします
P6110685_convert.jpg
しかも同じポイントで、サイズアップしてまた1匹
P6110686_convert.jpg
また1匹と立て続けにヒットします。
幸先が良いですね!
その先も小さなヤマメがヒットしながら
P6110688_convert.jpg
更にサイズアップしたヤマメがまたヒットします
源流域で良いサイズが立て続けに出ているので、この辺りも魚が戻って来ていますね。
     P6110690_convert.jpg
少し明るい場所が出てきたので、ここで昼食にします
このおにぎりは奥様に握ってもらいました。感謝
あっそうそう、ここは源流域で携帯が繋がらなく、渓も深いので、もしもの時の為に入渓点を奥様にLINEしておきました
お昼ご飯も済み、以前は越えられなかった滝を今回は越えます。
P6110692_convert.jpg
滝壺の所で1匹出ました
P6110694_convert.jpg
その後もいくつか滝を超えて行くと、点の多いヤマメがヒットします
     P6110703_convert.jpg
この写真のポイントの流れにミノーをキャストすると、今までに無い尺近い魚影がチェイスして来ます!
これは!と思い何度かキャストすると、2度3度出てき来ましたが、ヒットしませんでした
ですが、違うヤマメがヤマメがヒットします。
P6110706_convert.jpg
また大きな滝が現れますが、今回はここまでとします。
すぐ横の尾根にお助けロープがあったので、そこから脱渓します。
一度車に戻り、車で上流へ移動してみます
するとそこに車が止まっていました。そしてちょうど渓の底からロープを伝って登ってくるおじさんが、話をすると大分から来られていて、朝5時から入っていたとの事。釣った魚を見せてもらうと、20匹以上のヤマメ達が!中には尺ぐらいのが2匹入っていました!エサで釣ったと言っていましたが、すごい釣果ですね。しかもこの方、御年65歳で1人で源流をロープで降りて釣行するとは、強者です。
そう言えば、この源流域で私はヤマメばかりでしたが、おじさんもヤマメばかりでした。イワナは居なくなったのでしょうか?
今度は車で下って行き、国道まで戻ります
そこから再び入渓します。
P6110708_convert.jpg
最初のポイントでミノーをキャストすると、岩陰から元気よく飛び出して来たのはイワナでした
この辺りも魚影が濃くなっていて、小さなヤマメがいっぱいいます。
P6110711_convert.jpg
そしてまたイワナがヒットします♪
この辺りはイワナがいますが、上流には登っていないのでしょうか?
この後大きな滝壺があるポイントに差し掛かります。
着いてみると、渇水の影響で滝壺が1/4ぐらいになっていました。
岩陰ギリギリにキャストすると、岩のエグレから良い型が2匹絡みつくようにチェイスして来ます
その内の1匹がヒット~、良いヤマメが釣れたかな?と思ったら
P6110715_convert.jpg
25cmのイワナでした
ヤマメかな?と思ったのでちょっと残念ですが、贅沢な話です。
このイワナで、今回の源流釣行は納竿とします。
源流域も魚達が戻ってきていますね。良い釣りが出来ました

4月26日 五ヶ瀬川水系 ~午後もPrime Baitさんと~

お昼の要件が少し遅くなり、3時過ぎに再びPrime Baitさんと合流します。
あまり時間が無かったので、Prime Baitさんが初めて入るイワナの渓へ向かいます。
ここもやはり水が少ないですね。イワナがいる渓ですので、小場所や岩陰を丹念に攻めます。
すぐにイワナの魚影は確認出来ましたが、やはりここでも中々のりません。
ちょっと良い感じの、小さな淵が現れます。
私がキャストすると、良い型が飛び出して来ました!
続いてPrime Baitさんがキャストすると再び出てきます。やる気十分です!
何度かキャストしていたら、出て来なくなりました。
そこで、少しミノーを沈めようと流れ込みに落として、レンジを下げてトゥイッチを入れると、やっとそのイワナがヒットします
型はまあまあですが、太っていて丸々しています。
ランディングしようとネットに手を掛けていると、その前にフックアウトしてしまいました
やはりここも渇水の影響で、中々釣りあげる事が出来ませんでした。
     P4260614_convert.jpg
ですが、枝と枝の小さなポイントにミノーをキャストし、小場所でやっと1匹だけヒットします
最後には、良い感じの淵に倒木が蓋をしているポイントが現れます。
ここはテクニカルなポイントだなと、隙間に何とかミノーを入れますが、泳がせることが出来ません。
その場所で上下に動かしたミノーに、デカいイワナが岩陰から飛び出して来ました!
その後も2人で、テクニカルなポイントにキャストしますが、頭のデカいイワナや、良型のイワナが出てくるものの、ヒット出来ませんでした。
次この場所に来た時の為に、ミノーがキャストし易いよう、一番水面に近い枝をノコギリで切断しておきました。
また近いうちに仕留めに行こうと思います。

                       A

4月24日 五ヶ瀬川水系

解禁から渇水が続いていますが、更にその状況は続いています。
この日は前日から雨が降っていますが、川の水が増える程ではないありませんでした。
P4240610_convert.jpg
写真は五ヶ瀬川の本流ですが、いつもは膝下まで水深があるポイントで、川底の砂利がむき出しになっています。
これだと魚のいるポイントが無く、まったくいないんじゃないかと思いながらも入ってみます。
P4240608_convert.jpg
するとちょっとした深みで、3匹ヒットです
手前が一番大きくて23cmです。
他にもヤマメが何匹もいました。いる所にはいるんですね。
この辺りに入った釣り人が、全然釣れていないと話しているらしいですが、やはりこの渇水状態じゃ、今の五ヶ瀬川は厳しいですね。

3月14日 五ヶ瀬川水系 ~本流と登山と地ビール~ 

この日は、宮崎県の延岡市で夕方から要件があるので、それまで五ヶ瀬川を下りながら本流を攻めます。
川の水量は平水よりは少ないですが、そこは本流しっかり流れています
P3140537_convert.jpg
今回、本流ロッドを新調しました
SHIMANO カーディフNX S72L 18gまでのルアーを投げれます
今まで6フィート4インチを使っていたので、7フィートあると更に遠くまでルアーが飛んでくれるので楽ですね。
さて今回入魂出来るでしょうか?
午前中を実績のあるポイント、あまり入った事の無いポイントとラン&ガンで攻めます。
それぞれ良い流れなんですがね~全く反応が無く、チェイスやイダ(ウグイ)のヒットすらありません。
最近気温が下がっているので、寒さのせいでしょうか?
釣れないのは寒さのせいという事にして、午前中は終了です。
午後からは、行ったことの無い支流へ行ってみようかな~と地図を広げます
すると行縢川(むかばきがわ)という所が、この字は読めませんね~
更に上流には行縢の滝(むかばきのたき)なるものが、そこまで車を走らせます
P3140550_convert.jpg
岩場の間に滝が流れているのが、遠目に見えます。おそらくあれですね。
行縢神社を通り過ぎ、行縢山登山口の駐車場まで行きます。
そこからは滝は見えませんが、川の流れは聞こえています。
そこに登山を終えてお昼ご飯中のおじさんがいたので、滝までの行き方を聞くと「30分ぐらい登山道を登って行くと、滝壺まで行けるよ」と教えてもらいました。時間もあることだし行ってみます。
P3140549_convert.jpg
途中の登山道はこんな感じで、標高差200m程の岩場を延々登って行きます。
少し上がっては休み、少し上がっては休みで、なかなかしんどい登山道です
30分かけてやっと滝壺に到着します。なめていましたが、かなりしんどかったです。
     P3140543_convert.jpg
じゃじゃ~ん♪こちらが行縢の滝です。
花崗岩の岸壁の割れ目を、高さ77mの滝がダイナミックに流れています。滝壺は小さいですね。
ここで写真を撮ろうと小型三脚を用意していると、滝を見に来た方が現れたので、その方に写真をお願いして
     P3140544_convert.jpg
上を向くと上空から水しぶきが降ってきて、夏場は涼しそうですね
写真を撮ってもらった方は、近くの地ビール工場に仕事で来たらしく、そこですぐそこだからと勧められてここまで来たそうです。
私たちは簡単にここまで来れると思ったのですが、キツイ目にあいました。
P3140551_convert.jpg
行縢神社のすぐ下に『宮崎ひでじビール』という所がありまして、そこでビールを買って帰ります
本流釣りに来たはずなのに、気づけば登山をしてお土産に地ビールを買っていました。
このブログを書きながら、この地ビールを美味しく頂いています。
本流の春はまだもう少し先のようです

3月1日 五ヶ瀬川水系 ~祝・解禁!~

   今年もやっと解禁日を迎えました!
    おめでとうござい鱒!!

今年の冬は暖冬で、積雪がほとんどありませんでした。
いつもの冬であれば、ドカッと雪が降る日が何日かあるんですが、2・3回薄っすら積もっただけです
お陰で渓流は、超渇水になっています。
早朝は肌寒かったのですが、昼間は快晴となり暖かい解禁日となりました
昼過ぎまで仕事だったので夕方から2時間程入渓します。
五ヶ瀬川は釣り人の車がチラホラ止まっています。
そこで私は目星を付けていた支流へ向かいます
途中、丸太が林道を塞いでいたのでどけて進みます。この分だとこの支流は誰も入っていませんね、予想通りです。
P3010502_convert.jpg
まずは初入渓の恒例行事、川の水神様に1年の「釣行安全」を祈って、お神酒を捧げます南無~
まずは小型のスプーンで探ってみます。
久しぶりにロッドを振るので、キャストの精度が落ちていてうまく決まりません。
ですが、スプーンに追尾してくる魚の姿を確認。
しばらく釣り上がりますが、全然スプーンにヒットしません。
そこでスピナーにチェンジしますが、やはりヒットしませんね~
それならばとチップミノーにチェンジして、トゥイッチで誘うとすぐにヒット~
P3010503_convert.jpg
初ヒットはイワナです
いや~久しぶりの渓流魚、良いですね。
P3010504_convert.jpg
同じポイントで、さらにヤマメがヒットします。
P3010505_convert.jpg
ミノーに変えたとたん、次々に渓流魚がヒット。
今日はミノーですね♪
P3010506_convert.jpg
イワナとヤマメの混成地ですが、ヤマメが多く出てます。
P3010515_convert.jpg
ここの小さな淵は水深50cmぐらいなんですが、前回尺ありそうな大物が何匹も泳いでいました。
覗き込むと、20cm後半のイワナが何匹もゆったりと泳いでいます。
そしてさらに大きなヤマメが1匹いるじゃないですか!
ミノーをキャストすると、魚達がルアーに絡んで来ます。
ですがヒットしませんね~、何度か絡んでは来るんですが、いっつもここの大物達は釣れてくれません。
写真右に大岩があり、回り込んで流れ込みにミノーを落とし込んでジャークすると
P3010509_convert.jpg
23、4cmぐらいのサビの残るヤマメがヒットします
良いのが釣れましたね。
次に3m程の滝が現れます。
その滝壺にミノーを落とし込むとヒット
P3010513_convert.jpg
おっ、この模様は、ヤマメとイワナの合いの子、イワメですね。
人生で2匹目のイワメです
     P3010516_convert.jpg
最後に、渓を下りながらイワナをもう1匹キャッチします。
解禁初日は2時間程の釣行でしたが、スプーンからミノーにチェンジした途端に釣れ始めました。
まとまった雨が降って、水量が増えるとまた良いでしょうね。
今年も良い釣りを沢山して行きたいです。

                       S

9月29日 五ヶ瀬川水系 ~ラストデイ~

9月30日には台風24号が九州に最接近するという予報前日の29日にはすでに台風の影響により雨が降り始めています。
お昼前にやっと釣りに行くことが出来ました。
小雨の降る中車を走らせ、雨が降っていても木に覆われている所ならばと、雨も気にならない渓へ向かいます
入り口に釣り人がいたので、林道を上流へ向かってかなり走ります。
入ってみると、若干濁りが入っているので、スローに引けるスピナーをチョイス。
P9290487_convert.jpg
濁っていても、緩い所からヤマメが出てきます♪
小雨が降っていますが、釣り上がります
P9290488_convert.jpg
またも緩い所からヤマメです♫
この辺りから濁りが強くなってきます。どうやら上流の方から濁りが来ているみたいです。
ここの支流ではお目当ての流れ込みがあるので、そちらに行けば濁りはないだろうと、そちらの渓へ足早に進みます。
お目当ての渓に入ると、予想通りクリアな水が流れています(^^♪
P9290489_convert.jpg
そちらでは、パーマークがクッキリなヤマメがヒットします♬
こちらは入ってすぐは釣りにくいポイントが続きますが、釣り上がっていくと開けていて淵もあり、釣りやすくなります。
P9290491_convert.jpg
ちょっとした淵でヤマメがヒットしますここの渓もしっかりヤマメがいますね。
その後、1m程の淵が現れます。ここにスピナーを通すと、浅瀬まで追ってきた魚がギラっと反転します!
良いのが追ってきてたみたいです。あら~と思いながら、もう一度通すと~、グンヒット~
DSC_0132_convert.jpg
ランディングすると、そこにはいかつい顔をした、婚姻色の出たヤマメが横たわっています
DSC_0137_convert.jpg
計測すると26cm、体色は白っぽいのですが、しっかり婚姻色が出た良いヤマメです
昨年この渓に来た時もそうですが、何故かここの渓だけ白っぽいヤマメが釣れるんですよね~不思議な渓です。
そしてこんな細渓流でこの大きさは、ビッグサイズです。ヒットした時は思わずガッツポーズをしちゃいました
良い思いが出来たので、この渓を後にします。
また来年も良い渓であってね~

別の支流の、まだ入った事の無いポイントへ向かいます。
この時は雨が止んで、少し明るくなってきました。
足跡がありますが、構わず進みます。さてヤマメはいるのでしょうか?
P9290496_convert.jpg
小さいですけど、ここにもいました♬
P9290497_convert.jpg
所々に少し良い型もいたんですが、ヒットするのは小さいヤマメです。
この頃からまた雨が降ってきました
一度車に戻り、この支流の上流域へ向かいます
ここも入った事の無いポイントなので、ヤマメの生息調査です。
P9290498_convert.jpg
ここの渓は木に覆われていて、雨も降っていたので薄暗く、写真がうまく撮れません。
ですが、ちゃんとここにもヤマメがいます。
P9290500_convert.jpg
おチビさんヤマメです。
P9290501_convert.jpg
渓相は良いんですけど、おチビさんが沢山いました。
かなり上流まで車で行ってみましたが、渓が深く、何となく大物はいないかなという渓でした。
シーズン最終日の9月30日は、台風24号のお陰で五ヶ瀬川は濁流になっていました。
最終日は釣りが出来る状態じゃないので、29日のこの日がラストデイとなってしましました。
今シーズンもケガが無く、良いヤマメ達に沢山出会え、良い渓も沢山有る事が分かり、良い釣りが出来ました。
そんな自然に感謝し、釣りに行かせてくれる家族に感謝したいと思います。
それでは、また来シーズンに

9月28日 五ヶ瀬川水系 ~ラストパラダイス~

仕事を済ませ、入渓出来たのは午後の遅い時間でした。
台風接近のため、お天気がもちそうなのはこの日までという事で、今年1回も行けてなかったヤマメのパラダイスへ向かいます
この日釣りが出来るのは1時間半程、山道を一生懸命登って入渓します。
ここのヤマメは豊富で、瀬尻や浅い場所にもいて、ノンプレッシャーです。
ルアーを引いてくると、小さいヤマメ達がわなわな着いて来ます。
     P9280481_convert.jpg
今年もしっかりヤマメがいてくれましたよ🎶
所々に淵が形成されているので、そういった場所では良いヤマメが潜んでいます。
P9280483_convert.jpg
そんな淵で、サビの入ったお腹の膨れたヤマメがヒットしますメスでしょうか?
この後前回良いヤマメを見た、くの字に曲がった流れに来ました。
高い場所から確認すると、良いヤマメ達が沢山泳いでいます。
その場所からミノーをキャストすると、そんなヤマメ達が興味をもって出てきます。
するとその中に、27、8cmはあろうかというヤマメも絡んで来ました!
来い!と思いながらしつこく攻めますがヒット出来ませんでした。
あのデカいのを掛けていたら、大興奮だったのにな~
P9280484_convert.jpg
あまり時間が無く、奥まで行っちゃうと暗くなって戻れなくなるので、早めに下ります。
ホントに小さなヤマメもヒットしていますが、写真を撮らず、触れずに即リリースしています。
この子達が大きくなって、来年また遊んでくれることを楽しみに、この素晴らしい渓を後にしました。

                         J

9月18日 五ヶ瀬川水系 ~テンカラ~

今年はテンカラをあんまりやってないな~という事で
P9180464_convert.jpg
今回は、テンカラ縛りでやってみます。
そこで毛ばりがキャストしやすい、開けた渓流をチョイス。
五ヶ瀬川は渓相が変わっていますが、ここの支流は相変わらずグッドです。
P9180461_convert.jpg
毛ばりをキャストしていると、毛ばりに絡みついて来たヤマメが見えて、早速ヒットします!
     P9180462_convert.jpg
そして、立て続けにヒットします!
幸先が良いですね♪
P9180465_convert.jpg
ここは一度入渓すると、脱渓ポイントまではかなり歩かないといけません。
今回はテンカラ縛りなので、ルアーは持ち込んでいないので、身軽です。
P9180466_convert.jpg
その分、深い淵などルアーで攻めたい所は、毛ばりで表層付近しか攻めれませんので、毛ばりに反応してくれる表層付近のヤマメしか釣れませんよね。
後半からは全く反応が無くなってしまいました(;^_^A
P9180473_convert1.jpg
脱渓ポイントには彼岸花が咲いていますもうそんな季節ですね。
上の道へ出ると、アスファルトの歩道を1km程歩いて車まで戻ります。
暑い中のウェーダーだったので、汗だくになりました。
                        S

9月17日 五ヶ瀬川水系 ~taihei079さんと~

禁漁まで半月を切ってしまいました。
9月14日に入った新しい渓に、17日のこの日、再び探索に行きます
     P9170444_convert.jpg
今回相棒に迎えたのは、源流志向の強いtaiheiさんです。
前回好釣なポイントだったので、まずはtaiheiさんに先行してもらいます。
入ってみると、前回より水位が下がっていますね~
あの時気づかなかったのですが、前回は増水してたんですね。
さてヤマメさんの反応は?あれ?なかなか出ない?
前回はそこで出ましたよ!そこで真っ黒なヤマメが出ました!
と言っているのに、出てくれません。おかしいですね~
P9170439_convert.jpg
そして、やっと出ました!黒いヤマメです!
P9170440_convert.jpg
次も黒いヤマメですが、痩せてますね。ちょっと釣れ始めました。
ここで前回5匹出た淵が現れます。
P9170441_convert.jpg
しつこく攻めていると、やはりいましたね。
ここでは、taiheiさんにもヒットしています
この後、前回引き返した滝のポイントに来ました
そこを2人で、やっとの事で登ります。
     P9170442_convert.jpg
滝の上では、ん?レールが落ちてます。しかもちらほらと。
きっと山の上の方には、木を切り出すためのレールが敷かれていたんでしょう。
P9170443_convert.jpg
やっとの事で1匹を追加します。
とここいらで、お昼休憩を取ります
その後、滑床の滝が現れます
その滝壺では、taiheiさんに良い型のヤマメがヒットしています♪
滑床の滝の上流に入ると、ヤマメの反応がパッタリなくなり、アブラメ(アブラハヤ)だけとなりました。
どうやら、滑床の滝が魚止めの滝だったようです。
P9170448_convert.jpg
だいぶ上った所では、斜面に人工的に石を積んだ場所が現れます。
そこの上は平らになっており、ずっと続いています。ここが昔、木を伐りだすためのレールを通した跡みたいです。
このレール跡はずっと続いており、岩場を削った場所もあり、茶わんや大きなエンジンのピストンも落ちていました。
昔の人はこんな所に道を通すなんて、凄いですね。
そのレール道を途中崩れている所もありましたが、ずっと通って最後は斜面を下って車を止めた所まで戻ることが出来ました。

一旦車に戻り下流へ走り、少し下からもとの位置まで釣り上がってきます。
渓相は釣れそうですが、あまり反応が良くありません。
P9170452_convert.jpg
砂防直下の淵に、しつこくミノーをキャストするとヤマメが出ます♬
砂防の上からは、ミノーのトゥイッチに疲れたので、小型のスプーンをただ巻きします。
小さなポイントの小さな流れにスプーンが着水すると、岩陰から魚が飛び出して来ます。
直ぐにスプーンをパクん、すかさず合わせを入れると、良い引きが!
DSC_0107_convert.jpg
taiheiさんの目の前で、24cm婚姻色の薄っすらでたヤマメを釣り上げます。
ここの川では大きい方ですね、良いヤマメが出ました
P9170458_convert.jpg
そこからも反応は薄かったのですが、小さなヤマメ。
P9170460_convert.jpg
そしてまた小さなヤマメを追加しました。
今回の源流帯は、なかなか面白い場所でした。ヤマメだらけだし、帰りはレール道を見つけたし、1人でも何とか行ける場所でした。

                       Y

9月12日 五ヶ瀬川水系 ~気になる渓へ~

天気予報では、雨が降る予報少し寒くもあるのでウェーダーで入渓します。
昨年気になる渓を見つけていたので、今回はそこを探索します。
入渓して一投目、いきなり魚が走ります!これは期待大です!!
しかし渋い区間となったので、スピナーで攻めます。
P9120405_convert.jpg
やっとヤマメがヒットします♪やはりヤマメがいますね。
P9120408_convert.jpg
次は綺麗なヤマメです
P9120409_convert.jpg
ここからはヤマメが釣れ始めます♫
滑床の小さな滝の上の小さなプール、そこにスピナーをキャストすると、岩陰から飛び出して来ました。
P9120415_convert.jpg
幅広、22cmの赤みがかったヤマメです
ここからはミノーにチェンジして、攻めます。
P9120417_convert.jpg
小さなポイントでも釣れてくれます。
この辺りで小雨が降ってきていますが、木に覆われた渓なので、雨は気になりません。
この後大岩に囲まれて、一番暗いポイントに差し掛かります。
大岩の向こうが淵になっていますが、目視出来ないので、感でミノーを打ち込みトゥイッチを入れます。
DSC_0088_convert.jpg
イワナかな?っと思うぐらいの黒いヤマメがヒットします。
サイズは20cmぐらいですが、サビと婚姻色が出たヤマメです
こんなのがいたんですね、初めてこういうヤマメを釣りました。
P9120421_convert.jpg
次のヤマメもサビてますね~
DSC_0091_convert.jpg
なかなかこういうヤマメに出会えないですね。
P9120426_convert.jpg
ここの淵では、これぐらいのサイズが5匹程釣れました。
もう写真も撮っていません
空が開けていて、段落ちの滝があるポイントに出ます
今回はこの滝までとしますね。
小雨が降っているし、1人だし、携帯入らないし、そこから先はまた次の機会に探索します。
P9120429_convert.jpg
流れがぶつかる淵で、これまた綺麗なヤマメです
P9120430_convert.jpg
段落ちの滝つぼで、出てほしいな~という所で、出てきてくれました
今回はここまでとして、更に奥は別の機会に探索すると誓って、山の中を下ってみます。
途中獣道を頼りに、なんとか林道に出ることが出来ました。
林道の眺めの良い所で昼食を取ります

この後は、最初入渓した場所のすぐ横に別の渓があったので、そちらを今度はテンカラで攻めます。
P9120431_convert.jpg
こっちの渓にもヤマメがいましたね。
P9120432_convert.jpg
川が小さいので、ヤマメもそれなりですね。
P9120433_convert.jpg
こちらの渓は長くないので、すぐに終わります。
P9120434_convert.jpg
最後は下ったところで、1匹追加して納竿します。
今回の渓は源流域で初めてのポイントでしたが、トータル20匹ぐらい釣りましたね。
恐らく水量は普段より多めですが、タイミングが良かったのか良い釣りが出来ました。


                         Y
プロフィール

go-ten77

Author:go-ten77
熊本県山都町在住
九州山地の渓流五ヶ瀬川&緑川&耳川をホームに釣り歩くアングラー
ルアーフィッシングは2010年より始めました!
2014年より時々テンカラ始めました!
支流:Major Craft
     NEXTINO NTS-482UL
   SHIMANO RARENIUM CI4+
     C2000HGS
渓流:ANGLERS REPUBLIC
     Sylpher SYKSi-53UL
   DAIWA CERTATE
     HiGEAR CUSTOM 2004CH
本流:Jackson Kawasemi rhpsody
     TULN—642L
   SHIMANO CARDIFF NE
     S72L
   DAIWA LUVIAS 2506
テレスコ:ANGLERS REPUBLIC
     Egeria ERNS-53UL/T5
テンカラ:DAIWA テンカラRT33
   SHIMANO 渓峰テンカラLLS36
   DAIWA NEOテンカラLT36SC
防水デジカメ:Nikon COOLPIX W300

入渓者たち
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
532位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
FC2からのお知らせ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ショップ・サイト
ブロとも一覧

TAKANO ルアーフィッシング ブログ

親子アングラーが行く!

Prime Bait

素人 渓流ミノーマン
リンク(釣り仲間)
youtubeアップ動画
2017.11.7 ヤマメの産卵前行動 2017.11.4 イワナの産卵前行動 2016.8.24 長野県木曽川支流      31cmのヤマトイワナ 2013.11.28 宮城県南三陸町~鮭の遡上~ 2013.3.26 緑川支流27cmのヤマメ 2013.3.3 五ヶ瀬川35cmの尺イワナ 2012.7.10 五ヶ瀬川33cm尺ヤマメ 木郷滝自然釣りセンター尺ニジマス 2011年シーズン最後 五ヶ瀬川ヤマメ26cm 五ヶ瀬川支流・綱の瀬川のヤマメ 熊本県五ヶ瀬川ルアー釣りヤマメ
熊本の雨雲の動き
お腹が空いてますエサをあげてね
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示